2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2008年10月03日

「ベッキー改名?」に見るSMO戦略

 今さらですが、「ベッキー改名?」というゼブラのCMについて考えたいと思います。

bekky.gif
 

 この手のCM戦略は多くあるのですが、良くある話として、CMが稼動し始めた時に検索すると、自然検索では1位になっていないというケースです。リスティングだけはすぐにできるので、表示されるのですが、サイトが間に合っていないということですね。

 この辺はインデックスタイミングも含めて計算してマーケティング戦略を組まないといけないわけですが、実際にこの「ベッキー改名?」についても、CM放映当初は上位に来ていなかったようです。大企業がかなりの予算を使ってWeb戦略を行っても、このような事態が多いというのは、Webの面白いところでもあるわけです。

 なお、この原稿執筆時にはこの特設サイト1位で無事に掲載されています。ただし、ヤフーだけの話でグーグルでは、今も圏外という状況です。

 ということは今後は

「ベッキー改名?」Yahoo!で検索


 のようにやる必要があるかもしれません><。さすがにグーグルは出来たばかりのサイトに優しくないですね。
 そもそもブログがどうしても即効性では勝るので、ブログばかりが表示されていますし。

 とはいえ、この戦略は総検索数などを気にしない一般の方にとっては非常に使いやすい戦略です。「ベッキー改名?」は別として企業にプラスになるキーワード文字列などでイメージ認識させると、良いSMO戦略になると思います。


 ニッチなキーワードは作り出すという試みは今後もさらに洗練されていくでしょうね。話題がなければ話題を作るですね。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブ

ックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | SMO対策

2008年09月29日

サイトの売買によるSMO戦略の動き

 昨今、様々なところでサイトやブログの売買が活性化していますが、大手の企業でも積極的にサイトの売買を行うことで、企業活性化へとつなげているようです。

 事務用品のカウネットなども総務担当者向け情報交換サイト「総務の森」を買収し、カウネットサイトへの誘導が成功しているようです。

 SMO戦略が進んでいる証拠のようなものですね。口コミサイトやCGMと呼ばれる消費者の意見が活性化しているところからの誘導が上手になされるのであれば、買収費用もお釣りが余裕で来るということだと思います。

 今後はSNSなどの口コミサイトもサイト販売目的で作られるものも増えてくると思われます。

 時間をかけて検索順位をあげるSEOなどよりも、サイト買収は効果が早くでやすいので注目の動きとなりそうです。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 14:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | SMO対策

2008年09月27日

SMOの重要性

 今回のヤフーアップデートで感じたことは、いわゆるソーシャルメディア最適化の重要性ということです。

 口コミ、評判、評価、このネット社会では、ユーザーの情報リテラシーが進んだ今、これらの評価をネットに求めてきます。

 それは私も同じことで、何かを買うときには、まず評判を探します。その上で、購入することを決めるわけです。

 人が知りたい情報のあるところには人が集まります。自然とグーグルの評価もあがり、そしてヤフーの評価も上がっていくことになるでしょう。

 逆に言えば、どんなにCMやHPで美しくも取り繕っても、そのようなサイトで悪評がたてば、今まで以上に会社運営に関わってくるということです。

 以前ならPCのユーザーサポートなどの状況は他人には分からなかったわけです。分かったとしても、雑誌などがアンケートをまとめたようなものばかりでした。

 それが今ではリアルに状況も分かるということで、サポート込みで購入を考えるユーザーにとっては、大事な指標となるわけです。

 今後、企業はどこにコストをさくべきか?それは口コミや評価に直結するサポート業務に特に力を入れる必要があるということです。ユーザーと企業の密接な部署は今まで以上に注意をする必要がありますね。

 結局は人は「人」に動かされていくものです。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策