2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年03月19日

リアルな検索キーワード

 先日からつけたブログパーツ「実況!検索ワード」。何の気なしに見ているととても面白いですね。(ブログパーツは左下にあります)。

 いやはやロングテールの塊というくらい、レアな言葉(というか知らないキーワード)が並んでいます。

 テレビのニュースで出ているものや、新聞、そしてネットのニュース速報などから気になったと思われる単語がひっきりなしに出てきます。

 このブログパーツ思ったのですが、自分で設定したキーワードに関係するキーワードの組み合わせが出てきたときだけ色が変るとなお便利だなと思いました。

 例えば、SEO対策とかSEMとか、そういうキーワードを登録すると、色が変るということです。RSS関連のものではそういうのもありますが、これもそうなると嬉しいとちょっと思ったわけです。

 しかし、ここでは書けないのですが、特定の企業の誹謗中傷になるようなキーワードで探しているものもあるのが怖いですね。

 それを見ただけで、「ああ、あそこの会社は評判悪いのか」ということになるわけです。実は今、一瞬、そういうキーワードが出ていたので、ドッキリしました。

 検索ワードにそのような「感情」が入ってくることが以前に比べて本当に多くなったと思います。より詳細で正確な検索文字列が増えていることも強く感じます。

 しかし、これを眺めていても、商売のヒントとできるかどうかは、その人次第ですね。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

 
posted by kame at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年03月18日

音のSMO戦略

 SEO対策やリスティング高校など様々な手段を講じてアクセスを増やした後に、大事なのは、「記憶してもらうこと」です。

 すぐに、サイト運営者が求める結果につながるケースの方が圧倒的に少ないわけで、時間をかけて真のユーザーにつなげていくわけです。

 そんな時、訪問者に対してどんな印象を残すか?

 人間には5感があるわけですが、HPの場合、聴覚、視覚が最も重要なものになります。また、商売において意外なものが口コミとして広がっていくものです。

 そんな中、今回は「音」でのインパクトを与えているものを紹介します。とはいえ、既に有名な曲で、この曲を聴くと、ついお店を思い出してしまうものです。

【ドンキ・ホーテのテーマ〜ミラクルショッピング】


 そして全国に沢山あるわけではありませんが、現在、私の頭を占拠している曲がこの曲です。

【shop99】


 SMO戦略を考える上でこのような音楽でも噂にのぼります。変な曲と思われても良いのです。「覚えてくれる=信用が生まれる」ということです。日本人は「知っているものは安心」と考える方が多いからです。

 HPはどちらかというと、ヤフーやグーグルでの順位、見た目のインパクト、キャンペーンなどでの口コミ戦略などが戦略要素として語られることが多いのですが、「単純な音」だけでも十分な広報戦略になるということです。
 
 いずれ、HPで臭覚を利用できる時期が来ると思っています。研究が進んでいることですし、その日を楽しみにしたいと思います。香りのデジタルデータ化、楽しみですね。そのときには香水通販などは売れるでしょうね。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年03月16日

SMO対策−HPにアクセスさせる12の理由

 SEO対策をして何とか順位をあげようと日々努力をしていると思いますが、少し目線を変えてみるといろいろな事が見えてきます。

「なぜあのサイトには人が集まるのか?」
「そして、どうしたら自社サイトに集まるのか?」


 ということです。実はSEO対策を中心に考えると、本質を忘れてしまいがちです。身近な例をあげてみましょう。

 貴方が毎日通うお店はどこですか?そして、なんでそこなのでしょう?

 確実に理由があります。しかも100%あります。

「なんとなく目の前にあったから」


 これも十分な理由ですね。身近な例にしてしまうと、この理由は不確定要素の多い強い理由ですが、SEOなどはこのままだと思いませんか?

 つまり、「ヤフーで1位にあったから見た」と同じような意味です。

 本当は現実のお店と一緒で強い理由の方が良いわけです。例として12個あげました。順位ではないので、数字は入れませんでした。本当は12でなくて、何個でも良いのですけどね。数入れた方がアクセスが増えるだけです。書店売りの本と一緒です。

・あの店はおいしい
・あの店は安くてモノがいい
・あそこは近くていい
・店員が優しい
・品揃えがいい
・好みの店員がいる(これって結構強い理由ですよ!)
・対応がいい
・親切だ
・高いけどサポートがいい
・店員が詳しい
・在庫が豊富
・付加価値が気に入っている


 あげればきりがないので、この辺で例はやめますが、皆さんが日々行動する上で理由がないことはないのです。偶然もしかり、理由が潜在的にあるので。

 偶然、チラシをもらったら、キャンペーンをやっていたでもいいのです。

 Webでユーザーを増やすには、何でもいいので「理由」が必要なのです。その1つが先ほど書いたSEO対策での上位表示です。上にあるから安心という理由になるのかもしれません。

 さて、そんな中、貴方が新規で、あるいは人気のあるサイトに立ち向かうにはどうしたら良いでしょうか?答えは理由作りにあります。ユーザーがアクセスしたくなる理由を何でもいいので、考えてみてください。なければ、作ってみてください。そういう意味でも、集まっているサイトの「その理由」を調べてみるといろいろと学べると思います。

 とにかくアクセスを集めたい!という気持ちは分かりますが、その集めるための理由は考えてください。

 たまにはいい話を書いてみたつもりですが、「たまにいい話が読める」では理由にならないですね・・・。




ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年03月13日

アフィリエイトで売れてるもの、その傾向と対策

 今回のタイトルの最後の部分「〜傾向と対策」に反応する方は私と年齢が近い方かもしれませんね。

 昔なら「傾向と対策」と聞けば、誰もがわかる参考書でした。

 さて、テーマに戻りましょう。アフィリエイトについて今回は述べます。

アフィリエイトで売れるもの=ネットで商売しやすいもの


 ということですが、ここ最近の傾向ではどんなものが売れているの?をあげてみます。そして、ネットで売れる理由を()内にサンプルとしてあげています。

・ダイエット・美容関連商品(人に隠れて買い物可能)
・カード関連(こっそりカード作れます)
・資格関連(ネットで調べて資料請求)
・レンタルサーバ関連(そもそもネット関連)
・オンライントレード関連(書店で本も多く、身近感)
・無料会員登録系(無料=タダより安いものはない)
・就職・転職関連(ネットで登録申請可能)


 例として、半端ですが7つほどあげてみました。ダイエット関連は常に強いですが、資格関連は不況でさらに力を発揮します。
 また、株を一般の人にも浸透させたオンライントレードについては、書店で簡単に儲かるような宣伝文句のタイトルが多いのもあり、人気があります(株はそんなに甘くないですよ!)。
 無料会員登録はゲームからSNSまでたくさんありますね。
 就職・転職関連は以前から、アフィリエイトの常連です。

 このようなアフィリエイトで人気のジャンルは当然のことながら、競合が多く、「知識はないけどとにかくリンクをはろう!」みたいな作戦では全く売り上げが上がりません。

 ネット広告黎明期には比較サイトなどがまだほとんどなかったため、参入しやすかったのですが、大規模アフィリエイト系比較サイトや情報サイトが乱立してからは大変です。

 後発としてアフィリエイトにチャレンジするなら、知識がないとやっていけません。というか、続けていくモチベーションがもちません(モチベーションってすごく大事です)。

 私のお勧めはより絞った内容のコンテンツです。アフィリエイトサイトにヤフーもグーグルも厳しくなった現在、自分がこれには詳しいというもので勝負するほうが効果的だと思います。

 SEO的な観点でも固有名詞が出ている方が検索でも順位があがりやすいので、一本釣り作戦はお勧めです。

 ちなみに私はアフィリエイトについては、SEO関連知識として一通りやっていますが、この一本釣り作戦で単価が10万円を超えるものが売れています。

 実を言うと、売る自信はなかったのですが、グーグルからの検索でピンポイントでアクセスがあり、宣伝を全くしていないにもかかわらず、アクセスとコンバージョン率が想像以上に高いのです。

 意識して作らず、肩の力を抜いた方が警戒心を解く文章構成になり、売り上げにつながるのかもしれません。

 アフィリエイトはセルフSEO対策が効果を発揮しやすいものでもありますね。

 ちなみにこのブログのように文字だけなんて絶対にお勧めできません。ターゲットが若い人であればなおさらです。今は長い文章を読むのが苦手な人が増えていますので、適度に読みやすくするように画像を入れて緩急を使い分けましょう!



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年03月11日

RSSナビに登録されました!

 今まで申請していなかったのですが、先日RSSの総合情報サイトの「RSSナビ」についに登録申請をしました。

 すると!なかなかおいしい位置で初登場しているではないですか!証拠写真です↓。

RSSナビ


 新着の一番上とは、これまたラッキーな位置をいただきました。新着の紹介が1日1回なのかは分かりませんが、いずれにせよ、記念なのでスクリーンショットをあげさせていただきました。

 ちなみに法人化はしていないので個人サイト扱いです。

 話は変りますが、電気屋さんでパソコンソフトを見てきましたが、今のホームページ作成ソフトはすごいですね。Web標準化なんかは、いきなり出来てしまうようで。

 そこまでこだわらないのであれば、デザイン業者は要らなくなってしまうかもしれませんね。SEO機能も標準でついているそうです。とはいうものの、そのものをよく分かっていなければ出来ないのがSEOですけど。

 おそらくマニュアルには「ここの部分には貴社のキーワードをいくつか入れましょう!」程度にしか書いてないでしょうし。

 いずれ、アルゴリズムの更新に伴って、自動的にプログラムが進化するソフトが出てきたら、どこも商売になりませんね。ありえないと思っていると、現実になるので注意が必要です!


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ


posted by kame at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年03月04日

SMOの本質は喜んでもらうこと

 SMOなどという難しい略語があるから分かりにくくなりますが、ソーシャルメディア最適化の本質は「喜んでもらうこと」にあると考えています。

 「喜んでもらうこと」だけというと、やや乱暴なので、実際には様々な感情を呼び起こすことで、人は口コミをしたくなるわけです。

 楽しかった
 面白い!
 切な過ぎる
 泣ける・・・
 笑える
 これ、変ってる!


 などなど、様々な感情がわきあがった結果、それは人づてで伝えられていくのです。

 今までのWeb上での口コミ戦略は、ややお金に物を言わせた無理やりな部分があったことは否めません。それが例えば、今回のグーグルのペイパーポストなどの問題にも発展をしたわけです。

 再度、企業はSMOの本質に立ち返る必要があると思います。急いで商品を売らなくてはいけない、あるいは話題にのせないといけないということはあるでしょう。

 しかし、広報ツールはいくらでもあります。WebにはWebにあった方法で正々堂々と正しい宣伝をしていくのが望ましいわけです。

 ユーザー(消費者)の笑顔が見られる、その本質を忘れずに広報をしていく必要があると思います。

 私も地味にブログを書いておりますが、無料SEO診断なども依頼が結構来るようになりました。

 「無料だから期待していなかったんだけど、充実のレポートですね」という感想を後でいただくこともあるのですが、無料でもこれだけのアドバイスをしてもらえるのか!ということで、毎度、満足のお言葉をいただいています。

 私としては、それが次につながるかどうかは別としまして、喜んでもらえたということが、まずは一番だと考えています。喜んでもらえて、マイナスになることは私にはありません。それこそ口コミとして、悪く言われる方はいないと思っています。

 今後も真摯な姿勢で私も取り組んでいこうと思っています。SEOやSMOなどの英語だと、どうしても機械的な作業を考えてしまいますが(実際にそういう対策しか取らない会社も多いですが)、本当はいつも書いている通り、SEOなどは目的への一手段でしかありません

「SMOの本質は喜んでもらうこと」


 この気持ちを忘れずに、良い商品、良いコンテンツを作りあげていきましょう。


SEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年02月21日

出すぎる杭は口コミされる

 どうやったら自社商品が口コミされるか?

 これはある意味、課題でもありテーマでもあります。口コミが効率よく運べば、余計な予算を使わないで済みます。特に現代はSMO戦略と言われるように、様々なサイトやブログを介して、以前では考えられないようなスピードで情報がまわります。

 本日、液晶テレビの値段がまだまだ下がっているというニュースを読んで、記事を書いているわけですが、昨年11月に19インチの液晶テレビを29,800円で販売したところ、オンラインショップで7分で100台が売れたということでした。

 つまり、消費者が思いもつかない金額だったため、すぐに飛びついたわけです。万が一、悪くてもこの値段なら納得できるという気持ちの方もいたでしょう。

 そして、現在32インチが4万円台まで落ちてきました。

 今回のテーマにもあるように、考えようによっては下のような図式が成り立ちます。


 考えられる金額設定⇒広告費が必要になる
 想像できない金額設定⇒勝手に口コミで広告費がかからない


 つまり、考え方によっては、利益を考えて金額設定をしても、商品1つを売るためにかかっているコストを考えると、それほど儲かっていないケースも当然あるわけです。

 ここでは詳細は書けないのですが、ある高額なものがポスターすらなく、携帯電話だけの口コミだけで大盛況になったケースもあります。(問題があるわけではありません。念のため^^)

 スーパーでもそうですが、驚くような金額設定をしたものだけで利益をあげるのは難しいことです。大事なのは足を運んでもらうこと。せっかく来たのだから、他にも何か買おうかなということで、普通の金額のものも一緒に買ってもらえば良いのです。

 常に書いておりますが、すべての商品のハードルが高すぎないか、もう一度見直してみると良いかもしれません。戦略的に、そして長い目で考えてみると、今までは当たり前ではなかった戦略もでてくるはずです。

 「出過ぎる杭は口コミされる」ということです。


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年02月15日

リアル店舗のLPO戦略

 リアル店舗なのでランディングページというのもなんですが、いわゆるリアル店舗の戦略を忘れているお店は結構多いものです。

例えば、

1.お店の周りの掃除をしていない
2.お店の出入り口が暗い(業態によりますが)
3.お店の外観(ポスターや色使い)から歓迎ムードが出ていない
4.笑顔で挨拶ができない
5.商品を買った人にしか挨拶しない(見ただけの人には挨拶なし)
6.パンフレットが折り曲がっている
7.店舗内でお客にやたらと声をかけてくる
8.チラシを配るにしても破棄がない


 特に個人的に感じるのが8番じゃないですが、駅前でマンションの案内をしているアルバイト!あれってきちんと指導していないですよね。

 看板を持っているだけでヤル気なさそうにぼけっとして、しかも片手には常に携帯電話・・・・。そんな指導もできないマンションを誰が買うか!って思います。(これはいつも不思議です)。そもそも商品は3000円とかのものじゃないのですしね。

 消費者はいろんなところで付加価値を感じますし、またそれと同様にマイナス評価もしていきます。

 常に自分がお客の立場であれば、何を考えるか、気にするかを考えてリアル店舗にも細心の気を配りましょう!


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年02月13日

SMO戦略としてのペイパーポストは悪者か?

 今、話題のペイパーポスト。グーグルで話題になりましたが、そもそもSMO戦略としてのペイパーポストはそこまで悪者なのか?ということです。

 今回の例は別として「本来の姿以上に良いものに見せる記事を依頼すること」は大問題(というか、企業としてまずいです)ですが、自社の商品の認知活動の1つとして行なうのであれば、すべてが悪いわけではないと感じています。こういうマーケティング手法を使わなければ、今のネット社会で大企業に勝てない可能性もあるからです。

 今回のグーグルの件ではある意味、株式会社サイバー・バズは協力をした挙句に自社サービスにケチをつけられた形になり、かわいそうに感じます。グーグルが広告と明記し、nofollowをつける事を行なっていれば問題は小さかったかもしれません。

 昨日12日に同社より「2009年2月10日付、当社サービス「CyberBuzz」に対する一部報道について」という報道内容に対する訂正記事がアップされています。是非、こちらも読んでみると良いのではないでしょうか?

 本題に戻りますが、報酬を払って記事をブログに書いてもらうにしても、実際に感じることを書いてもらうのであれば、私はそれほど問題は大きくないと思っています。今回の件はグーグル自らが自分の所で厳しく言っている約束事を守らなかったため問題となっているわけです。

 それが原因で、すべてのペイパーポスト(CyberBuzzはこれとは違うということです)が悪いとすりかえられることだけは避ける必要があると思います。

 記事を書く側も依頼する側も、商品に対する責任を持ち、自分の意見をきちんと持って書くことで、より良い情報としての性格を持った記事になると思います。

 ペイパーポストの問題点は、「ブロガーの情報不足の上での記事である=信憑性に欠ける」という点であり、ユーザーの求める「正確で有益な情報ではない」可能性があるということです。これは大きな問題です。

 今後、ブロガーをはじめ、ブロガーと提携をしている企業は、「どのようにすれば、依頼企業にとっても、ユーザーにとっても有益な情報という形で提供できるか?」を考える事が必要だと思います。

 グーグルのMatt Cutts氏の言うように、広告だということを明記し、nofollowをつけることを必須とするなどの対処が必要なのかもしれませんね。(もちろん、SEO対策になりますよ、という営業文句は使えなくなりますが・・・。)

 しかし、今回の件はある意味、起こるべくして起きたものかなとも感じます。Webマーケティングのあり方を再考する良い機会かもしれませんね。

 難しいことを書きすぎたので、疲れました!


 しかし・・・

 SEO関係者には大事件ですが、ネット利用者の大多数にとっては、どうでも良いことなのでしょうね・・・。そもそも何のことか分からないかと。


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年02月04日

デアゴスティーニのSMO戦略

 「デアゴスティーニ」という言葉を聞くと、その言葉に合わせた音楽が記憶によみがえる方も多いのではないでしょうか?

 このデアゴスティーニ・ジャパンは、ご存知の通り、シリーズものを販売することで、日本人の持つコンプリート魂、そして大人買いの気持ちをそそる戦略をうまく利用して販売へとつなげています。

 何よりもうまいのは、一冊目は安くすること。それも定価とはかなりかけ離れた料金設定をすることで、「試してみるか」と思わせるところにあります。一度買うと、次が気になるという、人間の深層心理を巧みに利用していますね。

 現在はあの「安土城」を作るという、およそ大人しか考えないようなものをシリーズ化してCMで流しています。

 同様に人気海外ドラマシリーズをコレクションとして発売して、その裏話も含めて冊子にしています。

 この「デアゴスティーニ」の戦略は口コミ戦略としても、とてもうまくいっていると思います。シリーズものなら「デアゴスティーニ」だと既にイメージがついている方も多いと思います。

 つまり、シリーズものでの地位を既に築き上げ、1つのブランド化に成功しています。

 また、そのジャンルもアート、ミュージック、パソコン、模型、歴史、キッズ、乗り物、その他、幅広くやることで、顧客の幅を自らが広げていっています。

 まだまだマニア心をくすぐるシリーズはいくらでも考えられるでしょう。「マニア=購買意欲が高い」という意味で、口コミ効果も高いと思われます。


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年01月29日

テレビショッピングに学ぶ広報戦略

 私は結構、テレビショッピングを見るのが好きです。なぜかというと、いろんな意味で勉強になるからです。

 心では「オーバーだな〜」とか「嘘っぽいな〜」なんて思いますが、その緻密に計算された話術ややりとりは、まさに商売の基本ですね。

 その売り方の流れをなんとなくまとめて見ました。

1.最近の話題から入る⇒テーマへの導入
・ポイントとしては、やや否定的な会話もする

2.商品を紹介
・どこにでもありそうでないところを上手に説明

3.今まで普通にある機能でも、すごい機能であるかのように説明

4.機能のいくつかをとりあげて、視聴者にロールプレイングしてもらう

5.ゲストのタレントの決め台詞!
「でも、これだけ出来るとお高いんでしょう?」

6.実は××××円なんです!⇒意外性の金額を提示
・本当は意外な金額と感じさせるそれまでの流れ

 ここからが上手いんです!

7.司会者の「あ、言い忘れていました!」
⇒再度の注目

8.今回はこの×××もセットでつくんですよ!
値段を言った後に、おまけを見せることで、安さを全面的にアピールできる。
・本当はおまけはいらないものも多いのですが、人間心理として気づかなくなっている。(ひどいときは、全くメインの商品と関連性のない抱き合わせの時もあります。在庫整理でしかない!)

 だいたい、この流れですが、長い間説明して、金額を提示、その後にまた長々と、メリットの説明やおまけの追加をすることで、売り上げをさらに増やしています。

 テレビショッピングの商品が、お店で見たら購入するものなのかといえば、そうでもないことも多いと思います。でも、その天才的な話術、タレントの信頼性、お客さんの驚きの声(仕込みです。ここがおばさんなのがポイント!)、それらは、どれもオーソドックスでありながら、いつまでも使える戦略ですね。

 これを上手にホームページに落としんだのが、情報商材なんだろうな〜とつくづく思いました。

 おそらく、こう思いながらも見てしまうのは、結論が分かっている「水戸黄門」を見るような心理に近いのかもしれません。


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年01月27日

5月30日は「SEO対策の日」

 最初に書いておきます。タイトルは私のネタです。ですので、広報戦略の一つとしてこの記事を「怒らないで」読んでくださいね。

 先日、「バレンタインデーでのリスティング広告」なる記事を書きましたが、その際に少しだけ触れました「逆チョコ」

 不況になると新たな戦略を企業が考えなくてはいけないという良い見本です。本来、バレンタインデーのターゲットは女性です。女性から男性にチョコをあげるわけです。

 とすると、「不況×女性」の関係から見ると、昨年よりも売り上げが減る可能性があるわけです。そこでターゲットに男性という世の中の半分くらいを占める人々も無理やり加えることで、不況対策としてきたわけです。

 これは広報としては自然な流れで、とてもうまい作戦です。とはいえ、そうなると、そもそものバレンタインデーの意味はどうなるのか?あるいは、ホワイトデーは男性からもらった女性はお返しするのか?など、いろいろな憶測がでてきます。

 まあ、そこからまた新しい広報戦略が生まれると思うのですが、企業の何でもありの今回の「逆チョコ作戦」にどれくらいの男性が振り回されるかはわかりませんが、売り上げの変化が今から楽しみでもあります。

 しかし、こう考えますと、日々何らかの記念日が設定されているわけですが、先日の「カレーの日」しかり、どの記念日も不況対策につながると考えれば、良いものなのかもしれません。

 せっかくですので「SEO対策の日」を設けるとして日付を設定するとしたら、「S」はやっぱり「5」、「E」は強引ですが、向きが反対なだけなので「3」、「O」は文句なしに「0」ということで、

5月30日!


 を毎年「SEO対策の日」としましょう!と勝手に言ってみたりします。

 とすると、「SEO対策の日特別キャンペーン」とかをSEO業者がしてくるかもしれませんね。「本日はヤフカテ登録サイトからのみ1000セットでお安くリンクしちゃいます!」とか・・・。う〜ん。なさそうでありそうな所が怖い・・・。


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | SMO対策

2009年01月22日

他社の広報予算で自社の収益アップをはかる広報戦略

 今日は「カレーの日」ということです。ハウス食品のバーモントカレーの宣伝CMで激しく言っているため、頭に刷り込まれている方も多いと思います。

 しかし、そんなハウスの戦略も、松屋や吉野家のカレーへと導かれてしまうかもしれません。

 CMで「カレー」のイメージをつけてもらっているため、これを利用して、少なくとも今日一日の売り上げを上げるのは容易だと思います。

 お金を使わなくてもいいのです。お店の前にA3用紙一枚にでも、

「今日はカレーの日!」


 と書いておけば、その頭にインプットされた記憶が呼び起こされ、「カレーでも食べるか」ということになるわけです。

 ハウスが使用した広報予算はこのように、同業他社への良い広告へとつながるわけです。

 これは他の業種にもいえます。英会話の広告を大企業がうてば、それを見た消費者の気持ちの中に英会話に対する欲求がでてきて、刺激され、「英語を学ぼうかな」という気持ちになるわけです。

 大手が大きく宣伝しているからといって、「うちはあんな宣伝はできない」と決め付けるのではなく、うまく利用して収益に結び付けましょう!

 ということで、今日はカレーを食べるかはまだ、決めていませんが、食べるなら・・・・。

 ちなみにCMで「なんでカレーの日は1月22日なんだ?」という疑問が出ていますが、1982年に全国学校栄養士協議会で1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決め、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたことによるそうです。

 というか、そんな前からあったとは、驚きですね。


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

◆SEO対策のご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2008年12月19日

アマゾンの「ほしい物リスト」の初期設定は妥当か?SMO戦略の行き過ぎを考える

 通信販売大手のアマゾン「ほしい物リスト」。先日気づいたのですが、この機能の初期設定は、正直、怖いと感じました。

 何が怖いかと言いますと、自分が買おうかなと登録したものが「初期設定」で「公開」扱いとなっております。

 つまり初期設定の状態ですと「本名」も公開、「買おうとチェックした物」も公開されているんです。ちなみに初期設定で公開されることは記載がありますが、太字になっているとはいえ、黒の文字で誰でもがここに気がつくような配慮とは、私には考えられません。

 ちなみにソーシャルブックマークはそもそも、人に知って欲しいと考えている人が多いので、公開は理解できます。しかし、この「ほしい物リスト」については、自分が買いたいと思っているものを、わざわざ人に教えるなどということを初期設定とする考え方自体に問題があると思うのは私だけでしょうか?

 このような機能は便利ではありますが、個人情報垂れ流しの機能とも取られかねませんね。初期設定は非公開、希望者は公開にするに本人の意思で変更するのが筋だと思われます。

 しかも、「設定内容を変更する」をクリックすれば、公開、非公開、表示名などを変更できるのですが、この設定も探すのに一苦労します。ちなみに何も登録していなければ、この設定を変更できないようです(私が見つけられないだけかもしれませんが、少なくともその説明文にリンクをはり、そこから登録する前でも設定変更が出来るようにする必要があるかと思います)。

 公開になっていると、素晴らしい検索エンジンであるグーグルはきちんとインデックスをしてくれます。さすが、いい仕事しています。

 おそらく、この記事を読んでいる方の中でグーグルで自分の名前を入れると、見事にアマゾンのほしい物リストが検索される方がいると思います。ご注意下さい。

 人がリスト化するぐらいだから、いいものだということで、アマゾンは口コミ効果を狙っているのだと思いますが、よく機能の内容を考えて欲しいものです。

 高齢化社会が進む中、視力が弱いなど、利用している方の全員が気づくとは思えない初期設定でしたので、ここに注意喚起も含めて書かせていただきました。とはいえ、今更で申し訳ない記事です><


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

◆SEO対策のご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2008年12月15日

SNSの無料サービスの行方

 SNSのカフェスタが異例の呼びかけ(運営継続のための支援協力を呼びかけ)をしているようです。SNSサービスとして会員数が178万人いるにもかかわらず、不況による広告収入減少で、赤字で運営が厳しいようです。

 「ネットの情報やサービスは無料」という風潮ができて以来、その影響を受けている企業は多くあると思います。そうは言っても、その風潮やビジネスモデルを作り出したのも企業そのものであり、難しい問題点ともいえます。

 実際に利用している内容(機能)はおよそ、無料でできる領域を超えているとは、誰もが気づいていることだとは思いますが、それが後から有料となると、企業のイメージダウンも含め、さまざまな悪影響もでてきます。

 ただ、当然ファンが多くいれば、助けようという呼びかけも出てくることになります。自分にとって、今利用している無料サービスが価値のあるものであれば、この呼びかけにユーザーが応えると、今後もよりよいサービスを続けられることでしょう。

 実際、他の人気SNSも含め、広告をクリックしている方がどれだけいるのかは甚だ疑問です。かなりの低確率だと感じています。それは当たり前の事で、目的がまったく違う方に、余計なものを見せているに他ならないからです。

 不況になれば、広告費が削られていくのが世の常です。ネットの情報は無料という風潮を作ったビジネスモデルを見直す良い機会かもしれません。カフェスタも含め、SNSは多くの方の心の拠り所となっていますので、何とかがんばってほしいものです。

 有料であっても、利用したいSNS作りを真剣に考える時だと思います。

◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

◆SEO対策のご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2008年11月27日

ミクシィの基本原則はどこに行く?

 SNSの草分け的存在でもあるミクシィが12月10日から年齢制限を18歳以上から15歳以上に引き下げるということです。

 それよりも、2009年春にはミクシィの売りでもあった「完全招待制」を撤廃して、年齢制限さえクリアしていれば、誰でも登録が可能になるということです。

 私が持つミクシィのイメージは知り合いからの紹介だからこそ、安全かつ健全なSNSの運営ができるというもので、いわゆる2ちゃんねるのような不特定多数が参加するスタイルにしないというものだと、私は感じていました。(まあ、実質上は誰でも登録できる状況に近いものでしたが)

 とはいえ、その流れに限界を感じたということでしょうか?最近、SNSを(以前のように)利用する人数や割合が減っているということも聞いたこともあります。飽きやすい日本人が、長く続けるというのは難しいというのもあるでしょう。

 実質的な登録会員は多いとは思いますが、現在、昔ほどはまっている人が多くいるようには見受けられません。(ちなみに私の周りではほとんどおりません)

 とはいえ、今回の規制緩和で様々なトラブルも間違いなく出てくるでしょう。ミクシィが「売り」を捨てることで、どのようなSNSに変化するのか、楽しみでもあります。個性がなければ、アメリカで流行しているFacebookに飲み込まれる可能性もあります。ミクシィにはがんばってもらいたいものです。

 いずれにせよ、新生ミクシィがどのような形で今後も独自性を持ち続けるかに期待して待ちましょう!

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2008年11月24日

ポケットビスケッツの口コミ戦略

 久しぶりにYou Tubeを見ていたら、大分前にやっていたテレビ番組の「ウリナリ」でポケットビスケッツが新曲発売をかけて、100万人署名をやっていたことを思い出しました。

 今となっては昔のことですが、以前はインターネットで口コミという時代でもなかったので、テレビの告知と、全国のファンがつないでいくことで短期間で178万人以上の署名を集めることができました。

 時代によって、その宣伝方法は変わりますが、当時のウリナリの宣伝手法は感動もあり、人の輪もあり、良かったな〜と、つい考えてしまいました。

 今はいろんな意味で良い情報も悪い情報も、意図的に流せる時代になり、また流される時代になりました。ある意味、機械的になり、人間のもつ温かみがなくなったと思いました。

 You Tubeのその該当曲「POWER」でその当時の映像を見ることができます。現代の口コミ戦略も感動がほしいものです。

 SEO対策に追われて大事な事を見失っているような気分になるこのごろです。是非、当時の「アナログの口コミのすごさ」をご覧頂き、古きものに新しい手法を求めるではないですが、何かを感じ取ってもらえればと思います。

【ポケットビスケッツ〜POWER】



◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

これだけ有名でも社名を覚えてもらえない会社のブランド戦略

 問題です。
 有名な家電ショップはどちらが正解?

 1.ビッグカメラ
 2.ビックカメラ


 答えはもちろん、2の「ビックカメラ」です。
 
 キーワードランキングを見ていて、ちょうどCMが流れたのか、9位と10位に一瞬だけこの二つが並んで入りました。

 これだけ有名なお店なのに、いまだにランキングで並ぶくらいに間違えられるのは、人間の知識として「ビッグ=BIG」というものが奥深くイメージ付けされているからですね。

 ちなみにこちらのお店は「BICCAMERA」ですので、違うものです。と、ここで気になったので、名前の由来を調べてみました。

 すると、社長がバリ島に行ったときに現地の子供と木登りをして勝ったときに

「ビック、ビック」


 といわれたそうです。現地の言葉で「偉大だ」とか「すごい」とかいうそうです。それでこの名前をつけることにしたそうです。

 そういう意味では「ビッグ」で捉えている、あるいは感じている意味と近いということですね。

 で、今回の本題。ブランド戦略は企業にとってとても重要な話です。きちんとしたブランドで覚えてもらうことで、より大きな成果をだすからです。

 とはいえ、このビックカメラは「ビッグ」だろうが「ビック」だろうが、どちらで検索しても1位にでてきます。

 それだけ多くの人が間違えるということでもありますが、ここまでの大きな企業でない場合には、会社名というのはとても大事です。

 覚えやすいとか、記憶に残りやすいというのは大事ですね。もちろん、印象に残すの方法は「キーワード」以外にも「イメージ」「人」(例えばスティーブジョブズなど)「商品」「サービス」等、他のものが企業の印象として覚えられるケースもあります。

 悪いイメージのものでブランド地位を築かないように気をつけましょう。とはいえ、悪いイメージも使い方次第では面白いアピールになりますね。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2008年11月16日

大人気の手書きブログのSEO対策

 今、女性に話題の「手書きブログ」。

 キーボードは使用せず、マウスやタブレットで書くブログです。女性の比率が94%と特徴的で、ユーザー数やPVがすごい勢いで増えているということです。
(参考記事:http://markezine.jp/article/detail/5900

 私も実際に試し書きをしてみました。

 「難しい・・・」

 そういえば、ペンタブレットも持ってなかったです。しかも字が汚いので、読めません。

 手書きブログをいくつか見て回りましたが、イラスト中心で文字とかの要素は少ないようです。自作のマンガやイラスト、料理の作り方など、イラストならではのブログだと感じます。

 さて、SEO対策はというと、現状は「かなり」難しいというか、全くその要素がないようです。まさに、趣味を人に見てもらうということ。

 でも、これは使いようによっては面白いですね。今後、自社コンテンツの中に入れることができるようになったりすると、アイデア次第では、ユニークな口コミ情報なんかも期待できるかもしれません。

 そういう意味ではSEOというよりも話題性をどのように活用するか?ということですね。

 フラッシュベースということですが、さすがに手書きはまだ読むには多少の時間がかかりそうです。(私の字は永遠に無理かもしれませんが・・・。)

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導のSEMアドバイザー公式サイトより承ります。

今、話題のSEO関連の記事はこちら
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

◆ヤフーSEO検証ブログ(期間限定ブログ)
http://yahoo-jikken.sblo.jp/
posted by kame at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2008年10月28日

Yahoo!オンビジネスを利用しないB to B企業は大損です!

 何気に気付いていないB to B企業様がいるといけませんので、今回は「Yahoo!オンビジネス」をご紹介します。珍しく画像をつけてみました。

 http://onbiz.yahoo.co.jp/

ヤフーオンビジネス


 こちらの「Yahoo!オンビジネス」はネット上のプレスリリース等なのですが、なんと!

 「無料で利用できるんです!」


 サイトから抜粋しますと「Yahoo!オンビジネスは、事業者様同士のマッチングを支援します。Yahoo!オンビジネスに登録されると、自社の製品、サービス情報だけでなく、自社のプレスリリースを無料でYahoo!オンビジネス上に掲載できます。」

 ということです。
 
 こういうサービスを有料で数サイトに掲載を同時に行うところもありますが、ここはなんといっても太っ腹のヤフーです。

 ヤフーのニュースリリースページに「無料」で、新商品や新サービスの案内、キャンペーンのプレリリースなど「記事数無制限」で発信できるんです。

 もちろん、写真や動画もつけられますので(当然ですがURLも)、これを利用しない手はありません。

 おそらく、気付いている企業からすれば、「余計な記事を・・」と思う担当者様もいると思われますが、せっかくのヤフーの素晴らしいサービスを皆さんで享受しましょう!

 ちなみに今は「無料」ですが、いつまでも無料だとはどうしても思えません。いつかは有料になるような気がしますので、今のうちにどんどん使いましょう!

 ちなみに、「本当に良いこと聞いた〜」と思っていただきましたら、以下の「今回の記事が参考になった〜」という所を一度くらいはクリックしてください。アクセスの割にクリックが・・・。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 21:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | SMO対策