2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年05月05日

順位が下がった?と思ってしまうケース

 よくあることなのですが、ヤフーやグーグルで順位が下がった時に「検索順位が下がった原因」を探ろうとする事は多いわけですが、必ずしも目の前の順位が下がっているわけではないことも結構多くあります。

 つまり、「下がった」のではなく「競合サイトの順位が上がった」ということです。

 実際には毎日、ものすごい数でサイトが増え続けているわけですから、そう考えると、自サイトが下がったのではなく、競合が上がっているという事も普通の事象だということです。

 とはいえ、自サイトの順位が下がると気持ちの良いものではありませんね。特に10位内にあるものが11位以下に動くのは、気分的にもアクセス的にも影響があるものです(もちろん、キーワードにより、影響は様々です。)

 長い期間で順位の変動を見ていくと、そのサイトに問題があるのか、あるいはそうではないのか?という事もつかみやすくなります。

 1日、2日の短い期間での順位変動に一喜一憂せずに、長い目で見ていきましょう。

 とはいえ、その間にアルゴリズムやインデックスのアップデートが起ると、順位が大きく変わることも多々ありますが・・・。

 GWに更新してもそんなにアクセスないですよね。というわけで、季節に関係のない記事ということでまとめさせていただきました。

 私としましては、いつも書くことではありますが、将来的に怪しいと思われる可能性のある施策はやらない、というのが重要だと思っています。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年05月03日

内部SEO対策は外部からの意見を入れるべし

 今回のテーマは内部SEO対策の「キーワードの選定」についてです。

 「外部からの意見を入れるべし」と書いていますが、現実には内部で会議、あるいは、キーワード関連ツールでキーワードの掘り起こしをするケースが多いのではないでしょうか?

 もし、未来のキーワードを手に入れるなら、外部の人の意見を聞くと良いものが出るかもしれません。いわゆるブレインストーミングでも何でもOKです。

 通常、社内でキーワードの絞込みを実施しますので、どうしても「プロ寄りのキーワード」が出てきます。そしてそのキーワードは間違いなく、「会社寄り」のキーワードであり、必ずしもユーザーサイドが必要としているキーワードではありません。言い方を変えますと、会社がこのキーワードで検索してほしいなという一方的なキーワードということですね。

 極端な話、アクセス解析で人気があるキーワードで来ているとしても、もしかすると、ごそっと取れるはずのキーワードでのユーザー獲得のチャンスを逃しているケースもあるわけです。

 結論としまして、私が言いたい事は「一度くらいは第三者を入れてブレストしてみる」と良いということです。HPでそういう人を募ってもいいでしょう。募るだけでも話題性も出てきます。

 もしかすると、意外なお宝キーワードや、未来の収益につながるキーワードや、商品アイデアが出てくるかもしれませんということです。

 いつも同じ人との会話では、ほぼ出てくるものは決まって来るものですから。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ



 
posted by kame at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年05月02日

301リダイレクト実験も終盤へ。グーグル動く。

 4月26日の記事で「ヤフーリダイレクト実験経過報告〜2ヶ月編」をお届けしたばかりですが、ようやく逆転現象で圏外に落ちたグーグルが動き出しました

 前回の記事を知らない方は、是非、上のリンクから読んで頂き、こちらの記事を読んで頂ければと思います。

 2月22日に301リダイレクトをしたドメインの動きは以下のような状況でした。

<ヤフーの動き>

1.リダイレクト後1ヶ月半で圏外から戻りました。サブドメイン時代は完全無視の圏外でしたが、現在は主要キーワードで1950万件中15位まで上昇。

2.よく検索される複合キーワードでも2位に上昇。


<グーグルの動き>

1.サブドメイン時代は上位でアフィリエイトもなかなかの売り上げでしたが、新ドメインがランクインしたのはリダイレクト後3週間たった時でした。なお、旧ドメイン(サブドメイン時代)が検索から消えるのはとてもはやく、リダイレクト後1週間でかなり下位になりました。

2.新ドメインでランクインしたのもつかの間、順位はどんどん下降しランクイン後、3週間後には完全に圏外へ

3.結局リダイレクトから2ヶ月と1週間経過後の4月30日に再度検索に顔を出す。(PRだけはその前に以前のランクがついていました。PRだけ動いて、検索は圏外という状況だったわけです)

4.5月2日、様々なキーワードで急上昇開始。おそらく、このままサブドメイン時代の順位へ向かって突っ走ることが予想されます。


<結論>

 結論といっても実感ですが、301リダイレクトをかけても、新規でただ単純に作ったサイトと比べても、それほどの変化を感じなかったというのが実感です。

 ある意味、リダイレクトをかけた分、グーグルは認識が遅かったようにさえ感じました。

 とはいえ、リダイレクト以外の外的なリンク操作をわざとしなかったので、それも原因にある(というか大いにある)とは思います。

 いずれにせよ301リダイレクトはすぐに移行すると思ってはいけませんよという実験です。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月28日

SEO対策からマーケティング視点へ

 検索エンジンのパーソナライズド化が進む今、よりユーザーの立場にたったマーケティング視点が重要になってきています。

 順位をあげるためだけの施策から、人の気持ちを読む重要性が高まっていると感じます。

 例えば、グーグルで「英会話」で検索してみましょう。(画像クリックで大きくなります)

eikaiwa_google.gif


 検索キーワードが太字になることで、タイトルがしつこいくらいに感じるものが多くあります。

 転じて目をスニペット(要約文)に移しますと、各学校の方向性の違いが分かります。具体的な利便性をうたっているのは1位と3位のサイトです。2位はそれらと「比較すると」やや抽象的ですね。

 3位のGabaは「その日の都合に合わせて教室の場所が自由に選べる」というのは秀逸な訴求力だと感じます。また、夜遅くまで授業を受けられることも確認できます。

 現在、meta descriptionなどはSEO対策にはほとんど関係ありませんが、ユーザー視点で行けば、かなり大きな意味を持ちます

 検索ユーザーがどこまで細かくスニペットを読むかは、それぞれの個人によりますが、少なくとも、訴求効果の高い文章を用意しておいて損はありません

 自社のサイトの要約文を周囲のランキングのサイトやそして上位のサイトともう一度比較して、より訴求効果の高い文章を作ることは重要だと思います。

 当ブログによくアクセスしている方には当たり前の話かもしれませんが、はじめてアクセスする方も多くいらっしゃいますので、原点に戻った記事を書かせていただきました。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月26日

いかにもSEO業者の安直ブログが多くなってますね

 最近、それらしいブログ名、記事タイトルのSEO関連のブログをのぞくと、「これも同じ会社のブログだな〜」(1つではなく複数です)というのが増えてきましたね。

 文章内にはわざとらしく固有の会社名を入れているところもとても怪しいわけですが、文章そのものも、ほぼ他のブログからの引用、オリジナルは全く感じられません。

 でも、その記事の下にはいわゆるサテライトサイト(あるいはお客様サイト?)らしきものへのリンクがずらり。(サテライトサイトが悪いわけではありません。)

 なんだかな〜と思います。

 SEO対策関連のブログはSEO業者で力を入れていないところは多いですね(もちろん全部ではありません)。ブログで情報発信というレベルではなく、ブログはツールの1つに過ぎないからです。情報発信などはしないでも、電話でも何でも営業で、ごまかせるからでしょうか。

 まあ、それがSEO対策と言ったらそうなんですが、書くならもっときちんと書けばいいのにと思います。

 最後は被リンクを買うとそういうブログとかからのリンクになるんだな、と思うと何か切ないですね。

 法人なのにと思うと安直すぎます・・・。


<追記2009.4.27>

 なぜかこの記事が私の意図とは裏腹に結構読まれているようなので(実はほぼスルー記事だと思っていましたので)、この記事の背景を書きますと、私が現役広報でSEO対策も何も知らない時に、SEO業者の営業を何度も受けておりました。

 「株式会社○○です。ヤフーで1位にあげませんか?」などと、常に言われていたのですが、何も知らない私は株式会社だから、「有効ですごい技」持っているんだって信じておりました。もちろん「クライアントに迷惑を一切かけない方法」でやるとしか考えていませんでした。これは、SEOを知らないものにとっては当たり前の感覚です。

 しかし、実際のSEO業界は様々なスパム行為を平気でやっている法人企業もあり(もちろん健全な会社も沢山あります)、愕然としたわけです。

 このブログでも何度もコメントスパムなどを受けています。初めてコメントスパムを受けたときは、気づかずに普通にレスしちゃいましたよ^^; 

 SEO業界全体が悪いイメージにならないでほしいと切に願うという思いが背景にあります。という意味での記事だとお考え下さい。

 なお、この記事よりも同日の記事「ヤフーリダイレクト実験経過報告〜2ヶ月編」の方が参考になると思います。是非、こちらをお読み下さい。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 10:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月25日

晴練雨読が一部表記を修正?

 私の愛用するSEO情報集約サイト「晴練雨読」が昨日から表記の修正をしているようですね。今まではそれぞれの管理人の名前もでていましたが、昨日はサイト名(ブログ名)の一部表記だけになっていました。

 ちなみに私のところは「SEMアドバイザ」

 最後の「ー」がないと、ちょっと抜けた感じがしますね。

 と、思っていましたところ、本日の朝変わってました。

 「SEMアドバイザーのSEO対策ブログ」

 ということで、管理人の名前を除いたものに変わっていました。私としては名前は公開しているものなので、どちらでも構いませんが、少なくともブログ名をきちんと表記してもらってよかったです。

 正直、「SEMアドバイザ」じゃ何か分からない・・・と思っていましたので。他の方などはもっと分からないものがありましたし。短縮ってなかなか難しいものだなと思いました。

 SEOの世界は同じ様なタイトルのものが多いので、管理人名が出ているほうが分かりやすいと思いますが、まあ、何らかの理由があるのでしょう。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月22日

1位は1位なんだな〜と思うこと

 ヤフーでもグーグルでも狙ったキーワードで1位を取ることは難しいことです。

 しかし、検索総数何百万件とか、何千万件とかいろいろありますが、そんな事を気にするのは、よく考えるとSEO対策をしている人だけのような気がしませんか?

 一般のユーザーにとって、検索総数などは関係なく、「1位は1位」、「2位は2位」でしかないということですね。

 よくCMでもこんな組み合わせで狙うか?のようなものもありますが、ユーザーにとってみれば、それが2千件中の1位だろうが、1億件中の1位でも、変わらないと言うことですね。

 そういう意味では、効果のあるなしは別とすれば、検索しているユーザーにとっては意味は同じだという考え方もできますね。

 今後、検索キーワードの数はさらに増えていき、一度に検索の枠に入れるキーワードの数はさらに増えてくると思います。つまり、ユーザーの目的とする情報に、無駄なくたどり着きたいという気持ちの表れといえます。

 また、キーワードを入れる程、自分が希望する情報に早くたどり着けると考える人が増えてきたからでもあります。

 キーワードが増えればそれだけ検索総数は減るわけです。そんなことはユーザーにとってみれば(考えてみれば、目的のものが見つかるのであれば私たちにとっても)関係のないことではありますね。

 ビッグキーワードで1位をとることは、もちろん重要です。さらにそれから派生する人気の複合キーワードで1位を取ることも重要です。

 しかし、最後は探す人にとって、「探したキーワードで1位であること」が重要であるということですね。そして、たどり着いた先にユーザーが「これだ!」と思うコンテンツが用意されているか?

 結局、いつもの繰り返しにはなりますが、中身を充実させるしかないのです。ECサイトであれば、何度もアクセスしたくなるように、ノウハウサイトであれば、何度も利用したくなるように。

 まあ、これが難しいわけですが、意外とヒントはいろんなところに隠れているものです。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ


posted by kame at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月19日

ブログのアクセス対策

 ブログのアクセス対策で一番簡単なことは、「毎日書くこと」です(有名なブログであれば毎日書く必要はありませんよ!)。

 ping送信を行なうことで毎日書いていれば、嫌でもどこかで沢山の目に留まるということです。後はブログランキングへの参加やブログパーツの上手な利用等でもアクセスが増やせますね。

 しかし!1日さぼり、2日さぼり、最後には1〜2ヶ月に1度の更新ではブログとは言えませんね。もはやネットに残る残骸の域となる可能性があります。

 私の知るサイトでもブログから公式へのアクセス流入を狙ったところがありましたが、最終的には2ヶ月に1回くらいの更新(というか、よく2ヶ月目に思い出したなという感じですが・・・)になりました。

 季刊の雑誌ではないのですから、それくらいの中途半端なものであれば、やらない方がいいですね。イメージが悪くなるだけです。

 例えば、街頭で必死に毎日政治を訴えている人と、選挙の時だけ訴える人とでは、こちらが感じるイメージが違うのと一緒です。

 もちろん、ブログは無理に毎日やる必要はありません。有益な情報を発信していれば、それが蓄積されることで、それぞれの記事にアクセスが出てくるからです。ロングテールではありませんが、十分なSEO効果を自然と生み出すわけです。

 私たち一般人のブログは残念ながら芸能人のブログのように一言だけ書くようなものではアクセスは増やせません。例えば、私が日々のブログ更新で

「やった!今日はステーキだ!」

「うお!100円落とした!」


 だけ書いても意味はないですし、興味を持つ人もいないでしょう。「1億円を東京都内のどこかに隠しました。」なら話題になるでしょうけど。

 ブログの場合、目的に応じて書く内容を考えなくてはいけません。商用を目指す場合であれば、あまり日記ばかり書いてもいけませんし、更新がほとんどないのもよくありません。

 私は先月はかなり無理をして超ハイペースで書いてみました。その記事の分、アクセスが増えました。

 もうあのペースは無理ですけど、今後は1日1つは最低でも書いていこうと思っています。

 その中に少しでも読者の皆さんが「確かに!」と思っていただけるような内容があれば幸いです。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月18日

アルゴリズムが全てオープンになったらSEO対策は本気で実施されるのか?

 今回の記事は例え話です。

 例としてヤフーのSERPs(検索結果)に影響のある要素が300あることにします。例ですので、数は予想でも何でもありません。

 もし、この300の要素が完全にオープンになったらどうなるでしょうか?つまりヤフーのインデックスアップデートの告知と同時に詳細が公表されると仮定したらということです。

 もちろん、定期のアップデートタイミングでその要素や比重は変わることとします。

 300全てを毎回修正するサイトオーナーがどれくらいいるでしょうか?

 私が思うに最初は本気で修正する方は多いと思いますが、そのような状況に慣れるにつれて、その修正はおろそかになっていくと思っています。

 クライアントから依頼を受けているHP制作業者であってもおそらくそうでしょう。つまり、ここを修正すれば上がると分かっていても修正をきちんとするサイトはそれほどないと考えています。

 なぜか?

 1つにはデザイン等に毎回修正をかけるのは面倒であるし、手間がかかる。そもそも業者に依頼している場合にお金がかかる。

 そして、アルゴリズムが分かると誰もが修正をし、順位は結果として変わらないのでは?と思う方がいるかもしれないこと。

 さらに、35日などの周期でまた変わるのであれば、繰り返し作業になり、そもそも人的な余力もないこと

 ある程度の順位を確保しているなら毎回修正しないでも良いと考える方もいるであろうこと。

 その他にもいろいろと考えられることはあるでしょう。

 現実にはアルゴリズムはブラックボックスで、多くの方の経験や実験・検証データに基づいてSEO対策は施されています。

 その中には当然の事ながら、ほぼ間違いなく「重要だと思われている」要素がいくつも存在しています。被リンクのアンカーテキストなどもその1つでしょう(それでも使い方を間違えると問題ですが・・・)。

 私のSEO対策の基本的な考え方として、長い目で見て重要度が高いと思われるものから対策をしていきます。その上で、いずれ検索エンジンから対策がとられそうなSEO対策になるべく頼らないように考えています。

 そして、何よりも、「人の目」や「ニュース性」を重視して考えるようにしています。どんなにヤフーやグーグルの検索で上位にあげても、ニュース性(人が見て好奇心や興味を感じるもの)がない場合には、それほどの効果には結びつかないと思われるからです。

 広報の基本は最終的な目的をあげることです。その目標が会員獲得でも商品販売でも構いませんが、SEO対策の前にやることは沢山あります。

 私はブログでは細かいデータをあまり出すことを好みません。マーケティングの本質を忘れないためです。データを出す場合でも一例で出しているだけです。一例でしか出さないので、「この人はSEO対策を分かっていない」と思う方もいるでしょう。まあ、それはクライアントの皆様に結果として出せば良い話ですね。

 SEO対策のブログの癖にデータも出さないと思われるかもしれませんが、いつ記事が読まれるか分からないブログだからこそ、広報の基本的な考え方に基づいたSEO対策論(私のではありますが)を今後も述べたいと思っています。

 即効性のあるSEO対策の技のみを期待している方には申し訳ありませんが、私が推進するセルフSEO対策のスタンスは「長い目で努力できるかどうか?」が基礎になっています。

 方法が分かっても、それを実行する気持ちや努力を怠れば意味がないからです。それだからこそ、目的への意識をより強く持っていただきたいと思っています。

 SEO対策に必要なのは、継続するという強い意識と、目的への執念だと思っています。

 今回は固い話になりましたが、たまには、こういう話にもお付き合いいただければと思います。読者の方はおそらく分かっていただけると信じております。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月17日

iPhoneからのアクセス

 アクセス解析をじーっと見ていると、いろいろと見えてくるものがあります。

 私はGoogle Analyticsを使っているのですが、「アドバンス セグメント」がお気に入りでいろいろといじっています。

 この「アドバンス セグメント」にはよ〜く見るとデフォルトで「iPhoneからのセッション」というのが用意されております。

iphoneからのアクセス解析


 というか、デフォルトで入れるのは渋い!と思いませんか?私のこのブログにもiPhone経由で来ている方が本当に少しですがアクセスがあります。

 しかし、数字を見る限り、まだ一般的なアクセス手段ではないと思われます。

 特徴は平均滞在時間が他より長い。ブログの場合、通常サイトと違い、記事にピンポイントで来る方が多いので、滞在時間が比較的短くなります。そういう中では長いようです(私のこのブログについてはです)。

 これはある意味当たり前ですね。操作に時間がかかるから、自然と長くなるというだけですね。

 検索キーワードを見ると・・・一番多いのは「グーグル 川柳」!やっぱり気になるんですね。iPhoneで確かめたくなるほど。

 あとは、ヤフーのアップデートの記事が特に読まれていますね。つまり、緊急性のある(川柳は微妙ですけど)ニュースの場合、iPhoneを使ってでも読みに来られるということでしょうか?

 いずれ、このような携帯端末がもっと使われるようになると、アクセス解析の結果も大きく変わってくるのかもしれませんね。

 iPhoneを持っていませんが、確かに便利そうです。もう少しスペックが良くなると検討すると思いますが、個人的にはもう少し待ちですね。

 
ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

無意識SEO対策で1位

 SEO対策をする方であれば、無意識(ピンポイントで対策をしていない)にも関わらず検索で1位になった経験があると思います。

 私もお恥ずかしい事ながら、あります。アクセス解析で調べて出てくる組み合わせの順位をチェックすると1位だったりするケース。

 もちろん、ターゲットとして意識していないだけあって、元々訴求力のない組み合わせです(そういうのでも検索する人が本当にたまにいるわけですが、お宝でないキーワードです)。

 とはいえ、効果のないキーワードでも1位になっていたりすると、何気に営業トークで使えたりしますね

 言い間違えました。営業トークで私は使わないのですが、よく営業に使われていました。営業の電話を受けていた時に、「うちはこのキーワードで1位なんですよ!」と言われれば、あまりSEO対策の事とかを知らなければ、「すごいな〜」とか素直に考えてしまうものです。

 その逆もしかり。「貴社のサイトはこのキーワードで100位にも入っていないんですよ。対策をしないとまずいですよ!」としたり顔で言う(実際は電話なので顔は不明^^;)。

 そう言われると詳しくなければだまされますよね。そのキーワードで100位に入らないとまずいのか!って。本当に「ひどいキーワード=そのキーワードじゃ探さないでしょというキーワード」で検索して出てきてませんよ!って営業してくるのがいますからね。

 一度、私が「こっちの効果の高いキーワードではヤフーもグーグルも1位なんですけど、今貴方のパソコンで調べてもらえますか?」って言ったことがありまして、キーボードを叩く音の後の営業の台詞がウケました。「これはSEO会社やった方がいいですよ!すごいですね!これは一体どういう対策をしたんですか?」って・・・。流石に営業もそのキーワードでの1位の方が大きく意味があるのにはすぐに気づいたようでした。

「SEO会社の営業に教えるわけないだろ〜!」


 これは私の伝説的なネタとして今もウケをよく取っている実話です。

 ちなみにどのキーワードとは書きませんが、私が聞いたものは「そんなキーワードで営業するな!」というものでした。実際、無意識SEO対策で1位になるキーワードよりも劣るキーワードでした。

 検索数が多くても、重要ではないキーワード(あるいは組みあわせ)は沢山あります。それにだまされないようにしないといけませんね。

 何か今回の話は、結局、営業のうまいネタにはすぐに飛びつかずに、まず考えましょうという事ですね。


*↓無料診断のバナーははってますが、今月は終了しております。申し訳ございません。

ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 09:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月16日

モバイル検索エンジンは相変わらず

 モバイル検索エンジン、なかなか突っ込みどころが満載のため、対策をしにくいものがありますね。

 精度が上がっても、まだ現在のような検索結果かと思うと、グーグルが選んだPCサイトも同列で表示するという方法がユーザーのためになるのかもしれません。

 そもそも今回のヤフーのアップデートでPCの検索結果にモバイルサイトが堂々と上位にあがっているということは記事「なぜヤフーはPC検索でモバイルサイトを上位表示するのか?」で書いたとおりですが、この結果が表すように、モバイルサイトを認識することもきちんと出来ていないわけです。

 モバイルサイトは「こうだ!」という決め事をきちんと検索エンジン側が決めてくれれば良いのにと本当に思います。

 サイト作成側としては、モバイルサイトならではの特性(半角カタカナや絵文字、ファイルデータが小さい、マーキー、アクセスキー等)だけは押えておくしかありませんね。

 現状は公式サイト(この場合の公式は登録という意味ではなく固有の会社独自のモバイルサイトです)であるにも関わらず、上位に来ないなどということは当たり前です。既得権益ではありませんが、最初にポータルを作ったところなど、とても強いですね。

 ある意味キャリアにあわせて作るなどということも、おかしな話だと思っています。そういうところは各社協力してほしいとつくづく思います。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月15日

アクセス解析の考え方

 SEO対策ではアクセス解析では必須です。使い方次第で宝となるからです。

 元々マニアックなデータ分析を仕事でやっていた経験があるのですが、データというのは厄介で、大きく見ていると、全体像しかつかめず、細かく見ていると、全体像がつかみにくくなるものです。

 そこをバランスよく見ていく必要があるのですが、データに慣れていない人が最初から何でもモノにしてしまえということで、欲張ってデータを分析しても実際には辛いものがあります。場合によってはマイナス効果となることもあります。

 ちなみに経験上、プロじゃないと判断できないものか?と言うとそんなことはないと思っています。データに慣れていない人だからこそ気づく視点・発想があるということです。

 アクセス解析に慣れる前に自分で感じることをいろいろとリストアップしてみるといいでしょう。

 ・なんでこのページは直帰率が高いのか?
 ・このキーワードでなんで来るのかな?(意外とある・・・)
 ・このページ、みんな長いこと見ているね。
 ・このページ人気ないね、必要ないのかな・・・
 ・あまり沢山のページを見てもらえてないな・・・
 ・資料請求への道筋が分かりにくいのかな?


 言い出したらきりがないので、この辺で止めときますが、いろいろと感じた直感を元に、「なぜ?」という部分を一つひとつ考えて見ましょう。

 実際にはバナー1つ、テキスト1行変えるだけで流れや結果が変わることも多くあります。

 人気ないページならいっそ、なくす選択肢もあります。メニューが減れば、その分、他のメニューが目立つようになり、予想以上に読んでもらえる可能性もあがるからです(もちろん、残すべきメニューは別ですよ。)

 いきなり、専門的に何でもかんでも理解しようと思わずに、一つひとつ「理由」を考えていくことで、別の意味での広報的な視野が広がると思います。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月10日

SEO対策の方向性を明確にすることが重要

 SEO対策という言葉が一人歩きしてしまい、方向性を見失ってしまうのでは問題です。ということで、今回は方向性について書いていきたいと思います。

 「そもそもSEO対策の向かうところは何か?」

 検索エンジンでの上位表示です。

 「では、なぜ検索エンジンの上位表示をしたいのか?」

 それはアクセスを増やすためです。

 「なぜ、アクセスを増やしたいのですか?」

 自社が求めるコンバージョン(成果)をあげたいからです。

 「では、成果をあげるにはどうしたら良いか?」


 もう分かっていただけたでしょうか?SEO対策から考えても仕方がありません。成果をあげるために必要なことは何かを最初に考えてください。

 そうすることで、より、SEO対策の必要性、方向性、重要性が明確な形で見えてきます。

 上位表示することは、結果として同じ成約率であればアクセスが増えた場合、単純計算でいけば利益があがることになります。

 しかし、実際にはそんなに簡単ではありません。貴社サイトの最初でもあり、最後でもある「ツボ」の部分が弱いと結果にはつながりません。

 是非、SEO対策という言葉だけに踊らされずに、大事な点をもう一度、見直してみることをお勧めいたします。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月08日

地図のせいで2位の価値が・・・

 「地域 キーワード」「キーワード 地域」での検索をするとキーワードによって、ヤフーもグーグルも地図が真っ先に来るようになって感じること・・・。

 例として「渋谷 喫茶店」というキーワードでヤフーとグーグルを調べてみました。

【ヤフー】

ヤフーで「渋谷 喫茶店」


【グーグル】

グーグルで「渋谷 喫茶店」


 私のPCでは天地はだいたいこれくらいまで見ることができます。地図が入って便利になってユーザーにとっても有益ではありますが、自然検索での2位以下の価値が大分下がっているように感じます。

 私ならおそらく地図だけで済ませてしまうかもしれません。となると、地域が関連する商売の場合、この地図に載ることが大前提となってきますね。

 検索エンジンの意味からすると、ユーザー視点であることは大事なことなので、仕方ないことではあります。

 今更ながら、地図って場所取りますね・・・。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ


 
posted by kame at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月07日

大手サイトのURL変更の実践技を見る!こうしてヤフーで8位を堅守。

 通信販売のベルーナがリニューアルをし、メインサイト及び関連サイトのロゴやURLを変更しました。

ベルーナ 


 華麗なる「引越し」を見てみましょう。

 今回の記事を書こうと思った理由なのですが、実は、「通信販売」キーワードで急に上昇したアドレスがあるので見てみると、通販大手のベルーナさんでしたので、そもそも圏外からの急上昇は考えられないと思い、よく調べてみると、3月末から4月にかけてメインサイトのURLを変更していました。

 「リニューアルのお知らせ」にもありますが、メインサイトのURLを以下のように変更しています。

http://www.belluna.net ⇒ http://belluna.jp


 その他の関連サイトもURL変更をしたものはメインURLのサブフォルダにあったものを、独自ドメインに変更したようです。

 ヤフーにおいて、綺麗にリダイレクトで8位から8位に入れ替わっておりましたので、詳しく調べたところ、大手ならではの方法で変更していました。

 本記事投稿現在、メインサイトの新しいURLはヤフーカテゴリに登録されておらず、以前のURLがカテゴリ登録されている状態です。今は修正段階だと思われます。

 もちろん、リダイレクトしていますので、アクセス数は変わらずにものすごい数だと思われます。そもそもアドレスが変わったことに気づいているお客さんもそれほどいないように感じます。

 さすがなのはドメイン取得日です。今では当たり前のように、.comや.jpその他の類似ドメインは大手企業であれば、問題が起きないように同時に取得しますが、今回の新アドレスであるhttp://belluna.jpは8年も前に取得していたようです(実際には今まで使用していたURLの方が後に取得していたようです)。

 URLの移転でヤフーでの順位変動に全く影響を及ぼさずにURLを変更できたのは流石ですね。

 ちなみにグーグルは・・・ない・・・。そもそも元のURLも、新しいURLも100位圏外です。

 ベルーナのグループ統括サイトのURL「http://www.belluna.co.jp/」が25位に入ってます。というか、今回URLを変更したアドレスは見つけることができませんでした。

 ヤフーと、グーグルの違いがはっきりと出ている内容ですね。

 ベルーナは被リンクのアンカーテキストがほとんど「ベルーナ」や「ベルーナネット」などの企業名であり、「通信販売」ではありません。

 さらに見ていくと、面白いことが!グーグルで「ベルーナ」というキーワードで検索すると、グーグルで「通信販売」25位にある統括サイトは1位で出てきますが、新しいURLは出てきません。

 グーグルにて「site」コマンドで新URLがインデックスされているか調べてみました。


ベルーナ2



 4時間前にキャッシュされたものを発見!

 グーグルでのこの後の動きが気になるところ・・・。様子を見ていこうと思います。もちろん、ヤフーも変動がないとは言い切れません。

 大手サイトのURL変更などに出会うことは、なかなかありませんので、良い勉強になりました。

 今回記載した以外にも8位を堅守した理由は沢山あります。今回の記事では、その一部を紹介させていただきました。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

SEO対策のためのブログ実験

 今月から新たなブログを追加して始めました。このブログを含めて運営しているブログは複数あるのですが、さすがにこのSEO対策ブログも先月のようなペースでの更新は難しいです。

 ネタ探し以前に体力の限界ですね^^;。

 と、言いながらも毎日一回は更新したいと思っています。

 さて、本題ですが、現在運営しているブログはそれぞれ別の目的があります。このブログは言わずもがなですが、他に以下のような目的のブログを運営しております。いくつか例をあげますと・・・

・宣伝せずに効果をあげる実験アフィリエイトブログ
・普通のアフィリエイトブログ
・全くネタのブログ
・趣味のブログ


 などなど、どれもまともに更新しております。これら以外に普通のホームページを複数運営しておりますが、それぞれが全く異なる目的をもって実験運営しています。

 今回作ったブログが4番目のネタブログ(笑える系です)なんですが、これまたほとんど宣伝せずにどこまでいけるかを試すものなのですが、ネタ的にソーシャルメディアでどれくらいのスピードで伝播するのかを試しております。

 ここではどんなブログか?ということは書きませんが、いずれ面白い動きなどがありましたら、お知らせいたします。

 当然の事ながら、私がチェックしているのは、自分の運営しているサイトだけではありません。最近はこんなサイトやこんなキーワードも!というようなものも追加してチェックしています。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月06日

そういうコメントスパムですか・・・

 私は紳士的(^^;)なのでどこの会社とは言いませんが、とあるSEO対策業者が新たなコメントスパムをしてきました。

 普通の感想を装ってはおりますが、計算された文章内に「会社名」と「SEO対策」という言葉を入れておりました。ちなみに会社名はこちらがアドレスを調べなければ、ハンドルネームと取られかねないものです。

 このブログはnofollowをコメントにつけておりません。そのため、きちんとしたコメントであれば、そのまま掲載しております。今回のそのコメントはどのSEO関連ブログでも通用する内容でした。文章を読んでいるように見せかけて、実はどこで書いても問題ない文章というわけです。

 私が気づかないと思ったのかもしれませんが、被リンク対策によるコメントだということはバレバレです。

 おそらく、今後、様々なブログに書かれると思いますので、いずれどの会社かは晒されるでしょうが、原始的な作戦はもうやめられたほうが良いと思います。

 とはいえ、タイトルに「SEO対策」とだけ書いて、ギャル風のメッセージを残していた会社よりは、よっぽどまともに見えましたが・・・。

 そのサイトを見ると、他社とは違う「SEO対策」が特徴のようです。

 なぜ、そのコメントが正規のコメントではなく、スパムと判断できるか?その答えは、コメントをよく読めば気づくものでした。日々、様々なキーワードでチェックをしている側からすれば「これはないでしょう?」というものです。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月05日

SEOでは変えない事もまた重要

 サイト運営が長ければ気づくことでもあるのですが、変動が起こるたびにあせるのは禁物というのは誰もが書くところですね。

 そしてヤフーなどで変動があったら、落ち着いて「少し待つ」ということもご存知の通りです。

 今まで上位にあったサイトが急激に下がり、数日しても上がらないとなると、とても不安になることがあると思います。

 しかし、本当の意味で下がったのかどうかというところの判断はとても難しいところです。管理サイトに施した内容で、あきらかに怪しいと思われる行動(例えば、怪しいサイトとの相互リンクなど)がある場合には、原因がそれだという可能性もあるわけですが、そういう覚えが、「全くない」場合には、1ヶ月以上、場合によってはもう少し、大きな修正はせずに待つというのも重要な心構えです。

 経験上、それまで上位に君臨していたサイトが、思い当たる節もなく急激な下落にあう場合には、戻ってくるケースがほとんどです。すぐには戻らないケースも何度もあります(もちろん、不運にも下がり続けるサイトはあります)。

下がった=サイトが悪い


 と短絡的に考えずに、ライバルが良くなっているという考えもまたあるわけです。

急激な下落=大きな修正を要する


 と考える必要はないと思っています。確かに、順位が落ちたままではアクセスは減りますし、気分も滅入ります。

 しかし、そういう時にはリスティング広告にチャレンジするなど、普段はあまり力を入れていない部分に、目を向ける良い機会だと思って頑張りましょう!

 また、落ちている時にこそ、ユーザーが自社サイトに求めるものは何なのか?を見つめなおす良い機会なのだと思います。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年04月04日

SEO対策のヒント!マイナーキーワードをチェックする

 アクセス解析を長く続けていると、どうしても人気のキーワードばかりに目が行きがちですね。

 そうすると、どうしてもいつもと同じキーワードばかりが目に付き、本来はWeb対策の大きなヒントとなるキーワードを見逃してしまうことになります。

 検索キーワードの何位まで見ましょうというと機械的になりますので、たまには「逆から」見てみましょう!

 つまり、マイナーキーワードから見ていくということです。アクセス数にもよりますが、検索キーワードはかなりの数になるはずです。「こんな文章で探す人もいるのか?」と考えるくらい、マニアックなキーワード(又は組み合わせ)を見つけることができるでしょう。

 でも、その中から平均PVが多いものや、サイト内の滞在時間が長いものなど「濃い」キーワードにチェックを入れてみて下さい。

 それらを集めて見ると、ユーザーの意外な深層心理を見つけることができるかもしれません。

 ある程度定期的に、このような作業をやることで、潜在的なユーザーのニーズをきちんと捉えていきましょう!


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策