2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年06月25日

最近多い広告掲載依頼

 テキストリンクを複数掲載する広告の依頼が最近多く来ます。

 私の持っているサイトで古いものは12年以上前から続けているもの(当時は本でも紹介されたことがあるサイトです)もあるのですが、現在のようにいろいろなサイトやブログを運営していると、そのいずれかが検索に引っかかって依頼をしてくるようです。

 歴史があり信頼できるサイトなので、是非広告をということなのですが、その割に提示してきている広告のジャンルが全く違う金融関係・・・。こっちとしては、ある意味迷惑。

 はっきり言えば、私のサイトからのアクセスなどはあってもなくても良いという事なのでしょう。金融関係のサイトを私が運営していて、そこに広告なら、まだ分かりますが、大事なのは長く運営しているサイト(しかも広告は1つもなし)からのリンクを取るということなのでしょう。

 トップページ(場所は目立たなくてOKとのこと)にはってくれさえすれば良いということでした・・・。
 
 ここはリンク販売をする企業という事になるわけですが、確かに「10年以上のサイトからの被リンクを受けられます」と言えば売りやすいですからね。

 とはいえ、わざわざ検索して、歴史の長いサイトを探すのであれば、せめて、こちらにも関連のキーワードの広告の依頼をしてほしいものです。

 リンクを買うかもしれない企業のためにも(私はお勧めしませんが)、それくらいの誠実さは持っていてほしいと思う今日この頃です。

 ここまで書いて、「分かりました!」って了承していたらオチになりますね(もちろん、断りますよ^^)。



セルフSEO対策の訪問指導はSEMアドバイザー

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
 
posted by kame at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月23日

ブログの順位が不安定な理由

 今回のテーマは「ブログの順位が不安定な理由」について「所感」を書いていきたいと思っています。

 私は数多くのブログをまめに更新していますが、ブログの順位変動はどの検索エンジンでも不安定な動きを見せるケースが多いと考えています。

 新規にブログを作った場合、どうしても最初の数ヶ月はターゲットキーワードでの順位が安定しません。ブログタイトルでの検索は別として、その他のキーワードでの順位が大きく変動することは、特にGoogleなどでは多くあると感じています。

 普通のホームページの場合とのデザインの違いを考えるとそこに答えがあるように思います。

 普通のホームページはトップページがころころと変わることはありませんが、ブログは更新する度にトップページの内容が大きく変わります。

 つまり、その顔と言えるべき部分が常に変化しているため、検索エンジンもテーマを捉えにくいという事ではないかという事です。

 しかし、記事が増えるにつれて、テーマさえぶれずにいれば、ブログタイトルに関連するきちんとしたブログとして認識され、順位が安定してくると考えています。

 そして、もう1つ、トップページに表示する記事数でも順位の変化の差が少なくともあるように感じています。

 全てのページに1つの記事表示としている場合と5つの記事表示の場合とでは、普通のホームページで考えた場合でも意味合いが異なることになることはお分かりでしょう。

 私も試験的に1ページ1記事で表示し、トップページには最新の記事のみを表示しているブログがあります。

 まだ、新規のブログですが、ほぼ毎日更新し、全て同じ関連テーマの範囲で記事をしっかりと書いています。

 しかし、関連テーマとはいえ、中身はその日のタイトルによって左右されますので、日々の順位変動の差がとても大きく出てきます。

 ある、ターゲットキーワードに対し記事を書いたときはGoogleで一気に281万件中24位などになったりしたものが、その後に別の記事(そのターゲットキーワードとは離れてはいるが関連テーマである記事)を書くと、150〜300位前後まで順位が下降したりします。

 これは、まだ記事数が全体としてそれほど多くはない事による全体最適化が仕上がっていないためと考えています

 ブログは少なくとも、テーマ(ブログタイトル)にそった記事を書いていくことで、順位が安定していくものと考えています。

 これからもトップに1記事のブログを更新し、複数記事をトップに上げているブログとの違いを検証していきたいと思っています。

 と、ここまで書いてなんですが、なぜかBingではこのサイトタイトル「SEMアドバイザーのSEO対策ブログ」で検索しても6月8日から出てこなくなっています(それまでは出ていました)。

 Bingはブログの評価が低いのだろうか?と思う今日この頃です。



セルフSEO対策の訪問指導はSEMアドバイザー

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月22日

懲りないコメントスパム報告

 とある中古ドメインサイトが「SEO」という名前でコメントスパムをしておりますのでご注意下さい。

 コメントは無難な「勉強になります、ありがとうございます^^」です。

 当サイトではコメントスパムと思われるものは、全て許可せずに削除しております(もちろん禁止URLに設定しています)。

 既に、いくつかのブログにて同じコメントを確認しましたので、コメントスパムと判断しております。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策

SEO対策は「最初=構築時が肝心」、その他続編

 SEO対策は最初が肝心という話をさせていただきます。

 当然の事ながら、私はいろいろなサイトやブログを持っています。私は実験サイトのほとんどをこのブログから切り離しています。本来はアクセスを増やす前提であれば、ここで少しでも宣伝すれば、少なくともアクセスは増えるのですが、別実験の対象なので、そういうことをほとんどやりません(いつやるかわからないので、それらしいコメントにしておきました^^;)。

 一番最近作成した新規のホームページは5月18日(独自ドメイン取得での作成)なので、ちょうど1ヶ月が過ぎたくらいなわけですが、グーグルは流石に動きが早く、ターゲットキーワードで上位に上がりだしています。

 そのサイトでは内部SEO対策と基本的な登録(ウェブマスターツールやサイトエクスプローラー)だけで、難関キーワードでどこまでいけるかを実験しています。

 ただ、そのような実験ということもあり、かなり中身=コンテンツには力を入れて作成しています。

 現在も更新を週に1〜2回の頻度で行なっています。

 今回は徹底したキーワード分析、ニーズ分析、競合分析を実施し、コンテンツのテキストも細かく作り、そして関連テーマへの発リンクも適切に行なっています。

 Yahoo!とBingではまだインデックスされたくらいで大きな動きはありませんが、間も無く動き出す事と思っています。

 と、ここで話はそれるのですが、先日、ウェブマスターツールに再審査依頼をした記事「グーグルにインデックスされているサイトを再審査依頼してみました」ですが、「再審査リクエストを処理しました」という案内が来ていました。中身を読むと、「現在、サイトの再審査を行っています。」ということで、この件名だと、審査が終わったのかと誤解しますが、再審査に入ったというお知らせのようです。

グーグルの再審査


 しかし、この後の通知は来ていませんが、いろんなキーワードで上がりだしてきています。今まで無視されていたので偶然なのかどうかは不明ですが、再審査依頼の結果ということも考えられます。

 やはり、インデックスされていても、検索に表示されないケースの場合には、思い当たる節がなければウェブマスターツールで詳細を訴えてみる価値があるという事かなと思っています。

 こういうサイトが1つだけでしたが、持っていたことが実験の1つにもなったかなと思っています。

 この後の動きに注目したいですね。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月21日

SEO対策と健康管理の共通点

 日曜日だということで、ちょっと趣向と変えたテーマで記事を書いてみようと思います。題して・・・

「SEO対策と健康管理の共通点」


 いきなり、何かと思うかもしれませんが、本日、私の地区では選挙があったのですが、雨の中、投票所への道すがらなぜか思った事です。

「SEO対策と健康管理って共通項多いかも・・・」


 ということで、その一例を書いてみようと思います。


1.検索順位の変動は普段の体調と似ている。

2.検索順位が下がった時の対処は、薬を飲んだりするのと似ている。

3.外部SEO対策はスポーツジムなどに行って体力作りをするのに似ている。お金をかける人もいるし、かけない人もいる。

4.ブログを日々怠らずに書くことは、健康管理のための日課を続けることに似ている。すぐには効果が出ないが、長い目で見て効果がある。

5.SEO対策での基本的な重要要素は変わらないという事は、睡眠や休息が健康の基本だというのと似ている。

6.内部SEO対策は基本的な生活習慣に似ている。

7.過剰SEOが逆効果を招くのは、運動も適度ではないと逆効果を招くのに似ている。



 他にもあるのですが、この辺でとめておきます。まあ、他の例でも共通点は沢山ありますね。

 日曜日なので、このようなテーマも気軽に読めて良いでしょう。しかし、よくよく読んでいただくと「深い」はずです。是非、健康管理も含めて見直して見ると良いでしょう。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ



posted by kame at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月19日

SEOの世界そのものが「ガラパゴス化」している

 毎日SEO対策の情報を入手、分析をしていて、ふと頭をよぎったのがこの言葉です。

「SEOの世界は実社会からガラパゴス化していないか?」


 という事です。「ガラパゴス化」を簡単に説明すると独自の進化をしてしまい、標準からかけ離れたものになっているという事なわけですが、日本の携帯電話市場がまさしくその良い例ですね。進化しすぎて世界に受け入れられていません。

 では、SEOのガラパゴス化とは?というと、そもそもネット世界では共通の言葉ですので、「SEOの世界」だけに限って言えば、全く問題ありませんが、ビジネスの実社会を考えるとどうだろう?という事です。

 今でもSEO対策をしていない企業の方が圧倒的に多く、正直、順位を気にしていない経営者も多い事は御存知の通りです。大手の企業でさえ全く手をつけていないケースも良く見受けられます。

 ホームページを活用していない経営者からは「ホームページってそんなに意味ないよね?」と聞かされることもしばしばです。皆さんにもそういう経験はあるのではないでしょうか?

 本当は意味がないのではなく、活用法を知らないために、「意味のないもの」にしてしまっているだけという事に気づいていないという事です。

 とはいえ、SEOという言葉が独り歩きをし、実社会とは、どんどん遠くなっている気がするのも事実です。

 SEOという単語は機械的なものになりつつあると感じる今日この頃、経営の本質は人間的なものである必要があると考えています。

 最終目的は自信を持って商品(サービス)を提供し、それを購入(利用)してもらい、そして納得(リピート)してもらう。

 それらの本質を忘れてはいけないと強く感じています。順位を追求する仕事だからこそ、本質を見失わないようにしないといけません。

 自戒をこめつつ・・・。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月16日

いきなりNAVER最適化してしまっている・・・。NAVERファーストインプレッション!

 夜帰ってくると、NEVER先行体験のご招待のメールが届いていました。おお、うれしい!

 ということで早速お試しにいろいろと検索してみました。

 すると、「あれ?」です。喜んで良いものか悪いものか・・・。

 とりあえず下は「SEO対策 ブログ」の検索結果です。

naver検索結果


 このブログ1位です。ありがとうございます、NAVERさん。検索総数はこのキーワードではヤフーと同じくらいでしたが、他のキーワードなどを試してみると、Bingに近い少ない数のものもあります。

 先行でいきなりSEO対策が成功している(?)などとは思いませんが、実は他のキーワードでも良い感じ。

 しかし、残念ながら喜べません。NAVERの売りはなんと言っても「統合検索」です。同時に画像やらブログやら一緒に検索して提案してくれます。

 この「SEO対策 ブログ」での「画像」と「動画」の結果が右側に出ているのですが、この画像をご覧下さい。

naver検索結果2


 何か分かりません・・・。特にパイナップル!とはいえ、動画はまあ良いでしょう。

 ちなみに画像が分かりやすいものでも、いくつか検索してみましたが、この画像はまずいような・・・というものが結構ありました。すごくその精度の差が大きい。

 その傾向から「alt属性」は完全無視一部無視という事が判明。その該当のサイトにある画像を片っ端から持ってきている感じがします。

 また、管理しているサイト名でいくつか検索。10位にも出てこないのがざらです。う〜ん、とても分かりにくいアルゴリズム。

 また、結構有名な固有名詞で公式よりも他のサイトが上に出ていることも!

 このブログが1位なのを見て、「更新頻度とタイトルか?」と思ってしまった自分が笑えます。

 ちなみに、NAVERのすごい(というか怖いところは)、原則トップ10主義なのか、最初の検索ではいわゆる「次のページ」を選択できません。

 検索結果の下のほうにある「もっと見る」をクリックしてはじめて11位以降を見ることができます。というか、これは使いにくいですね。最初から11位以降も1クリックで見せてほしいですね。

 また、NAVERには「マイまとめ」なる機能がありますが、これは次回以降のテーマにしてみたいと思います。

 とにかくサイト名での検索で出てこないのもおかしければ、alt無視で画像を引っ張ってくるのは、問題があると感じます。予想外の画像まで引っ張り出されます。

 しかし、芸能人の名前とかであれば、画像はかなり正確に出てきますし、一緒に検索される内容もとても良い感じです。いわゆる普通のキーワードだと無理やりだしている感は否めません。

 とはいえ、いろいろと使ってみると、「マイまとめ」機能がすごいかもしれない!という印象を持ちました。検索結果はまだクローズドβということもあり、キーワードによる違いが大きいのですが、「試み」そのものは新しい風を感じます。

 使い方(TPO)を決めれば、結構便利な検索エンジンと言えるかもしれません。

 もっと使ってみて、また記事にします。おそらくクローズドβの期間内にもどんどん精度が上がってくることを期待しつつ・・・。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月14日

検索キーワードや歴史を重視している証拠

 今回の記事はあるサイトではっきりと出ている現象ですので、お伝えいたします。

 なかなかこういうデータ(状況)は見かけることが出来ないデータですので、ご紹介いたします。おそらく、テキストばかりで2度は読まないとよく分からないと思いますので、興味のある方は白紙に図でも書いて読んでみると理解しやすいでしょう。


【概要】

1.Aという会社がBという会社に会社名を変更(5月初旬)

2.meta refresh 5秒でサイト移転を実施(なぜ5秒かは深い事情により突っ込みご遠慮下さい。)

3.Aのサイトは既に移転のためだけのトップページのみ存在し、Aという会社名テキストもその中には記述なし。新アドレスのみ記載。
⇒このサイトへのそれまでのアクセスはブックマークか会社名Aというキーワードでのアクセスがメインです。

4.BのサイトにはAの会社名のテキストは「会社概要」に1回でてくるのみで、いわゆるほとんど出ないキーワードとなっています。

5.Bという会社名で現在、3大検索エンジンとも1位。元のAサイトは、既に元の会社名で圏外。
 しかし、Aという会社名キーワードでBのサイトは現在、グーグルで3位、ヤフーで34位、ついでにBingは120位です。



 当方のサイトではありませんので、図を出すことができないので、テキストだけでわかりにくいとは思いますが、BのサイトにはAというキーワードが1つしかないにも関わらず、今もグーグルでAキーワードで3位、ヤフーでも34位にあるわけです。

 また、Aのサイト(indexのみ)には既にtitleタグも含めて、Aという会社名は残っておらず、Bの会社名が使われているのみです。

 それまでの歴史をお伝えしますと、Aという会社名のキーワードは実はいろいろなサイトのtitleで使われるような「その業界でよくあるキーワード」(ヤフーで4390万件、グーグルで362万件)で、その会社名を使用していた時でさえ1位はほとんど取れず、1位〜20位をいったり来たりしていたのです。

 それくらいの難易度のキーワードにも関わらず、新サイトに1回しかそのキーワードが出てこないのに、この順位を新サイトBでも確保しているという事です。

 これが何を意味するか?

 考えられることはいくつかありますが、そのいくつかをピックアップしてみます。

1.検索ワード(アンカーテキストではない)でAという会社名で探した上でBにアクセスしている数が多かったため認識。

2.Aというキーワードでそれまで培った歴史が「meta refresh 5秒」でも無事に評価移行された。

3.Aというサイトは今も残してあるため、関連性が継続している。
(とはいえ、現在はAというサイトへのアクセスはほぼ0に近い状態です。)

 この中の1と2が濃い原因だとは思いますが、ユーザーの事を考えた検索エンジンという事を考えれば、会社名が変わっても業態は変わっていないため、このような現象が起っていることを想定できなくはありません。

 ただのドメイン変更だけの場合とは異なり、ドメイン、会社名、さらにIPも変わっています。今回のように新サイトに旧会社名をほとんど入れていなくても、このような結果につなげる検索エンジン、特にグーグルのアルゴリズムは素晴らしいものだと言えます。

 なお、現在Aというキーワードで検索して出てくるBサイトはタイトルにもスニペットにもAというキーワードは一切出てきません。おそらく、ここだけ見たら「なぜこのサイトがこのキーワードで3位なのか?」と不思議に思われるでしょう。

 ヤフーについてはヤフーカテゴリ登録サイトのため、修正も既に完了しています。機械的にはヤフーは手作業で会社名が変わっていることを認識しているので、上位に来ても、まあ、分かるわけですが、グーグルは流石の一言ですね。

 あえて言うならば、ディレクトリの階層などは多少の変更はあるものの、ほとんどA時代と同じだという事も、今回の結果につながっていると思われます。

 付記としまして、書いておきますと、それほど検索数の多い会社ではありません。コアなサービス業態ですので、日々のアクセスは50前後くらいでしょう。とても有名なサイトがこのような変更をすれば、この結果もよく分かるのですが、そういうわけではありません。

 グーグルではBサイトの認識被リンクは現在0です。そういうレベルでもこのような結果を出すという事に驚くばかりです。


P.S.
 一昨日の記事「ヤフーが被リンクの扱いを変えていますね」で書きました、ヤフーの被リンク数、本日は復活していました。まあ、予想していましたが、こんなものでしょう。

 長い文章おつきあい頂きありがとうございます。ご参考までに。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 11:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月11日

Yahoo!よりもGoogleはtitleタグを重視?

 今回の記事はあくまで「比較」のレベルです。ですので、どれくらい重視とは言いませんが、実は私の公式サイト「SEMアドバイザー」のページのタイトルを5月末にいじっておりました。

 大きく変える事での変動を見てみたかったということで、修正したのですが、Yahoo!とGoogleで完全に順位変動の差が出ました。

 一部の主要キーワードをトップページのタイトルからはずしたのですが、そのキーワードが絡むキーワードでの順位があれよあれよと、下がってしまいました(まあ、当たり前ですが)。

 しかし、Yahoo!はGoogleほどの変動はありませんでした。

 現在はまだ10日程度の日数しか経過していませんので、まだ不安定に日々変動中です。

 titleタグを思い切って変えれば、順位変動が大きく来ることは予想していましたが、今後の動きを追っていこうと思っています。

 なお、以前、ちょっと変更実験(キーワードの順序入れ替え)もやってますが、そのときはそれほどの順位変動は起きませんでした。

 今回の実験では、さすがにトップページのtitleになくなったキーワードが絡んだ「複合キーワード」での順位変動が大きく出たわけですが、これに続き、トップページのページ内にそれらのキーワードを少し追加して実験を続けることにします。

 titleタグが重要なことだけは(しかもトップページの)、昔も今も変わらないという事だけは間違いないですね。

 あまり、真似をしてはいけない実験ですので、私が代わりに・・・。

 
ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月08日

ビッグキーワードでの上位表示がSEO対策の成功か?

 SEO対策をやっていると、どうしても陥ってしまう罠がこの部分です。ビッグキーワードで上位表示するのがSEOの唯一の成功と勘違いしてしまうところです。

 こんなことを書くと、ビッグキーワードで上位表示するのは当然大事なことだ!と書かれてしまうので、先に書きますが、ビッグキーワードで上位表示されることはもちろんSEO対策成功の1つに違いありません。

 今回のこの記事、考えてほしいのは、何のためにSEO対策をするのか?という事です。

 それはコンバージョンを上げるためです。その手前で言えば、アクセスを増やすためです。

 では、そのアクセスを増やすのはビッグキーワードだけで良いのか?というと、違うことはお分かりでしょう。

 大事なのは自社サイトにあるコンテンツがどれだけ多くの「効果的なキーワード」からの検索でアクセスを集められるか?という事なのです。

 それがビッグキーワードであろうが、5つくらい組み合わせた複合キーワードであろうがどちらでも構わないのです。

 極端な話、検索語数が多ければ、それだけ目的がはっきりしているため、コンバージョン率が上がるわけです。

 キーワードを問わず、アクセスを取ることができれば、例え、ビッグキーワードでトップ10に入っていなくても、それはSEO対策としては失敗という事にはなりません(もちろんターゲットキーワードを意識した上です。ビッグキーワードで上位になるのであれば尚可です)。

 裏を返せば、ビッグキーワードからしかアクセスがない(例えば会社名しかないなど)などの場合には、SEO対策として、どのようなキーワードを検討すれば良いか?ということになっていきます。

 効果のあるキーワードを幅広く見つけることができるか?がSEO対策の大事なキーポイントとなるということです。

 ビッグもミドルもスモールもひっかからない状況は辛い・・・ですね。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月06日

アップデートに強いサイトの条件

 Yahoo!のアップデートの度に順位が変動し、アクセスが急減するという憂き目に会わないためにはどうしたら良いか?

 これは言いかえると、ヤフーだけを狙った対策をしていると怖いことになるという事ですね。

 今後、より情報リテラシーは進み、ヤフーもグーグルも、条件をさらに細かくして検索する方が増えてくることはわかりきった事実です。

 今までの流れを見ても、検索キーワードが1つだけなど、少なくなる方向へ進むことは考えられないでしょう。

 そう考えると、ビッグキーワード1つで狙っている事そのものがとてもリスクのあるSEO対策なわけです(まあ、そんな方はほとんどいないと思いますが)。

 アップデートでビッグキーワードで落ちてもアクセスにそれほど影響が出ていないサイトをいくつか見るとはっきりするのが、そもそも、コンテンツが本当に充実しているのです。

 サイトのテーマに関連したコンテンツをきちんと作りこんでいるのです。

 そのため、ヤフーでビッグキーワードで落ちても、複合キーワード(しかも予想外の)でカバーできているのです。

 例えば、私がいつも出すサンプルの「英会話」1つとっても、それに付随するニーズのあるキーワードはとても多いという事です。

 とはいえ、予算があり、サイトを構築する上では、ページ数がある程度決まっているとは思います。しかし、さらに情報リテラシーが進んでいくことを考えると、関連コンテンツを追加することは、Bingも含めて様々な検索エンジンからの流入を増やすことにつながります。

 「今あるコンテンツでSEO対策」と考えるのも一つの手段かもしれませんが、いずれ似通ったサイトばかりになり、オリジナリティも薄れた場合には、様々なニーズにこたえることは難しくなるでしょう。

 そういう意味で、ユーザーの求めそうな関連コンテンツをページ単位で増やしていくことはとても意味のあることです。さらに言えば、グーグルの言うところの有益なコンテンツを含むサイトと言えるでしょう。

 検索エンジン対策の基本は、「人が探すであろうものを予想して先回りする」ことに意味があります。

 そのために必要なコンテンツは何か?をもう一度考えて見ましょう。

 アクセス解析の流入キーワードは少ない数であっても、とても意味のあるキーワードが必ず存在しています。よくキーワードを見てコンテンツ追加の参考にしてみることをお勧めします。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月04日

見出しタグの効果についての私見

 今まではbodyタグのすぐ後に来るテキストは重要と言う時代でしたが、今はbodyの下にあるテキストはそれほど効果がないように感じます。

 多くのサイトでbodyの直下にh1タグを持ってきて、そのページのテーマを検索エンジンに伝えていますが、SEOの効果が出ていない(あるいはほとんどない)と感じている方が多いと思います。私は結構前から感じています。

 さて、ここからは私見です。body直下のh1が本当に効果がないのか?というのは実の所、別の理由なのではないか?という風に思っています。

 h1が効果がないとわけではなく、そのテキストの内容にあるのではないかという事です。

 ほとんどのサイトではページのtitle要素とほぼ同じ内容のh1タグが各ページに配置されています。

 これは至極当然な事で、titleとh1が同じような内容になるのは、ある意味当たり前ですね。逆に言えば、全く異なれば別の意味でのマイナス評価になる可能性があるわけです。

 しかし、問題はtitleとbodyがソースコード上、近い場所に存在しているために効果が出ていないのでは?という事です。いわゆる似たようなキーワードの連続配置ということです。

 では、ソースコード上は下において、CSSで位置を上に持ってくるという考えもありますが、それですと本末転倒とも考えられますので、その実験は現状ではまだやっておりません。

 h1だけではなくh2やh3などもきちんとバランス良く利用することに意味があるという説がありますが、これは間違えていないと思っています(当方では用意されたタグはその意味の通りに利用するべきと考えていますのでこの意見です)。

 まずW3C的な見方で言っても、分かりやすい構造にすることに問題はありません。それにユーザービリティとしても分かりやすい構造です。

 また、検索キーワードに対するそれぞれのスニペットを見る限り、body直下のh1が出ることはほとんど見かけませんが、h2やh3は普通に出てきます。

 それよりもスニペットに出てくるテキスト部分を少なくとも評価している部分と考える場合、その該当ページ全体から満遍なく持ってきているケースが多いと感じています。

 まとめますと、以前はページの上の方に重要キーワードを持ってくるという手法がはやっていましたが、今はページが1テーマであるという視点であれば、全体的にバランスよく含まれている方が良いという事です。

 まあ、今更な意見ではありますが、流行したSEO手法は必ず評価を下げてきます。それはユーザー目的ではなく、SEO目的の手法と検索エンジンが理解してくるようになるからです。

 titleやalt属性へのキーワードの埋め込み、その他重要な要素であるはずのmeta情報もSEOの効果はほとんどなくなってきました。

 どこかで一度書こうと思っておりましたので、本日記事として投稿させていただきました。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年06月02日

Bingのファーストインプレッション8個書いてみました。

 Microsoftが満を持してBeta版を公開した新検索エンジン「Bing」でいろいろなキーワードを試してみました。

bing


ファーストインプレッションは、検索結果良好という事です。別に自分の管理サイトに有利だとかそういうのではなく(まあ、実際はそういう結果ではありますが^^;)、結果として信用できる内容だと感じます。

 その中で私がファーストインプレッションで感じた部分を述べたいと思います。

1.関連語の辞書はまだまだ未完成(グーグルの方が上)のようです。
2.検索結果はヤフーでもグーグルでもないbingだと感じます。
3.一部のスパム判定能力はやや弱いようです。
4.インデックスが結構速いです。
5.スニペットの作りはグーグル的である。
6.siteコマンドで出てくる順番の決め方がよく分からない。
7.linkコマンドが使えない?ようです。公式ヘルプでも書いていないようです。しかし、一部のサイトではこのコマンドで結果が出ることもあります。(→コメント参照。確認中です。)
8.IPコマンドが使えます。

⇒「IP:特定のIPアドレス」で同一IPのサイトを調べる事が可能。

 上記に書いたことは今までのLiveサーチでも同じなのか分からないのですが(そもそもノーチェックに近かったので)、8のIPコマンドは便利です。自分のサイトが入っているIPの他のサイトも一覧で出てきます。レンタルサーバって同じIPに本当にいろんなサイトを入れているな〜と実感できますよ。もちろん、このコマンドはいろんなチェックにも使えますね。

 余計な広告もないですし、広告の背景を白くするなんて事もないですし、何より見やすいのがいいですね。

 意外とYahoo!とGoogleの脅威となる可能性も高いと感じます。SEO対策の対象にする必要もあるかもしれません。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 12:47 | Comment(5) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年05月30日

偶然1位から垣間見えるYahoo!とGoogleのアルゴリズム

 いつも著名キーワードで調べていると、見えなくなる事があると思います。

 当方の公式サイト「セルフSEO対策コンサルタントのSEMアドバイザー」にある偶然1位のキーワードからアルゴリズムを分析してみたいと思います。

「SEM対策 コンサルタント」


 このキーワード、グーグルでは「もしかしてSEO対策 コンサルタント?」と聞かれてしまうくらい、おそらく誰も探さないキーワードなのでしょう。検索で出てくる総数もたいしたことはありません。

 ちなみに「SEO対策 コンサルタント」では記事執筆時点でグーグル7位、ヤフーでは13位にあります。

 さて、この「SEM対策 コンサルタント」ですが、グーグルで2位、ヤフーで1位にあります。もちろん、狙ったキーワードではありません。

 そもそも公式サイトではいわゆる一般的なSEMで連想されるリスティング広告などに対するウンチクもほとんど語っておりません。

 しかし、この位置にある理由はいくつか考えられます。

1.SEMアドバイザーのサイトなので「SEM」がメインキーワードであり、かつ全ページのtitleに「SEM」が入っている。

2.キーワード「コンサルタント」は全体的に適度に使っている。そもそもトップページを含めいくつかのtitleタグに使用している。また、関連語の「コンサルティング」も使用している。

3.競合がそのセットでそれほど使っていない。


 などがあげられます。まず「SEO」や「SEO対策」であればほぼ関連のサイトで使っている言葉ですが、「SEM」となると使ってもページの一部だったりするわけです。

 私のように名称として利用しているわけではありません。

 ちなみに「SEM対策 コンサルティング」だとグーグル18位、ヤフー11位まで落ちます(こちらの方が検索数が多い)。

 ひとつには「コンサルタント」と「コンサルティング」を異なるキーワードとして認識している。あるいは関連語程度の認識であるということも考えられます(特にヤフー)。

 グーグルでは「SEM対策 コンサルティング」で検索しても「コンサルタント」も関連している、あるいは同意、近接語と認識していることは下図で分かると思います。図をクリックして大きく見れば分かりますが、コンサルタントの文字が太くなっていることが分かります

「SEM対策 コンサルティング」でのグーグル検索結果


 そして、もうひとつは「コンサルタント」は意識して使用していても、「コンサルティング」は文節の流れとして使う必要がある時にだけ限定して使っているということです。

 今回の偶然1位は、私としては意識(狙って)はしていないのですが、サイト全体のテーマ、関連性から行けば、上位に来てしかるべき条件が揃っていることは間違いありません。

 なお、もうひとつ参考までに書いておきますが、当方の公式サイトのYahoo!カテゴリ登録文は以下の通りです。

「SEO、SEM対策の訪問指導、ホームページのコンサルティング等。」

 こっちはコンサルティングでした。しかも「インターネットコンサルティング」のカテゴリです。

 今回のアルゴリズムの更新では、個人的にはカテゴリ登録サイトの評価が「相対的に」やや下がったと感じています。

 ご参考までに。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年05月26日

SEO対策のためのブログネタ作り

 毎日ブログを書いている方お疲れ様です。私も毎日複数書いていますので(全部オリジナルです)、かなり時間がかかります。

 とはいえ、一番難しいのは書くことよりも「ネタを考えること」ですね。

 特にテーマの決まっているブログ(普通はテーマありますけど)ではカテゴリーとにらめっこして、今日はどれを書こうかと悩むと思います。

 SEO関連ではインデックスやアルゴリズムのハザマの期間は苦しい時がありますね。

 実際には、毎日ブログを更新しなくても良いわけですが、ブログを1日休むと、まあいいか、という事で休み癖がついてしまうことが問題なのです。

 さて、ようやく本題です。SEO対策のためのブログネタ作りについて、いくつか案を書いてみたいと思います。ネタが思いつかない時の参考までに。

1.関連テーマの最新ネタはないか探す
⇒関連ポータルのRSSからネタ探し

2.自分のブログのカテゴリーとにらめっこ
⇒場合によってはカテゴリー追加!

3.初心に戻ったネタ探し
⇒実は書いていないことってあるものです。

4.一度書いた記事のアップデート記事
⇒実験などをやっていると書きやすいですね。

5.時事ネタと自分のテーマをオーバーラップさせる
⇒新聞やニュースから上手に絡ませて自分の分野に話を持っていく。


 などなど、参考になるような、ならないような事を書きましたが、このブログは別として、SEO関連のブログもちょっと変わった切り口で出来ないか?ということで現在、検討中のものがあります。

 そちらはブログを作るにしても、名前を伏せてやってみようかな?と思っていますので、ここからのリンクももちろんなしで、0からと思っています。

 どうしても人気カテゴリーのブログは乱立しますので、後発でだすとなると、同じようなものは面白くありません。アイデア次第ですね。どうやったら、読んでもらえるか?という考えを元に進めていくのも良いでしょう。

 近日、こっそり始めます。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年05月24日

meta refresh5秒でのサイト移転の動きの結果

 最近は、サイト移転には301リダイレクトを検索エンジン側もおすすめしているという事もあり、疑っていたわけではないのですが、ちょうど良い機会を得て、現在の「meta refresh 5秒」でのサイト移転の状況を知ることができました。

 これが全てとは言いませんが、結果を書きます。

「Yahoo!もGoogleも301リダイレクトより認識が早かった」


 というのが結論です。ページランクの移行は流石にないのですが、ヤフーは3日目で認識しターゲットキーワードでランクイン。グーグルもその後すぐにランクイン。

 参考までに書きますと、「meta refresh 5秒」以外には検索エンジンへのお知らせはしていません。ウェブマスターツールも、サイトエクスプローラーへの登録もしていない状況です。

 それなのに、順位はすごい勢いであがっています。今では1位のキーワードも結構な数あります(サイト移転3週間強)。

 今回のこのサイトは会社名が変わるということもあり、アドレスも変更(レンタルサーバも変更のためIPも変更)、そして様々な事情が重なって仕方なく選んだ「meta refresh 5秒」の道だったのですが、結果として大成功な移行作戦でした。

 301リダイレクトの場合、元のアドレスの順位下降はかなり早いものですが、「meta refresh 5秒」の場合、元のアドレスも存在する(アクセス可能)上に、トップページだけになったとはいえ、今でもキーワードによっては上位にあります。もちろん、トップページだけを「サイトの移転案内」として残しているものですので、スパムでも何でもありません。

 新サイトは、メニューの変更は一部あるもののそれほど大きな修正ではありません。想像以上に早いインデックス、ランクアップと言えるでしょう。

 こう考えると、一般ユーザーの視点でいえば、ページランクなどは関係ないため、ターゲットキーワードで上位に表示できれば良いわけです

 何が何でも301リダイレクトが良い!とおすすめしないでも良いのかな?と感じた次第です。

 実際には業者でなければ301リダイレクトを行なう一般のサイトはほとんどないはずです。こういう結果もうなずけますね。

 ということで、結論としては「meta refresh 5秒」は想像以上に十分な効果を持っていたということです

 あくまでご参考までに。もちろん評価移行の部分で言えば、マイナス部分もありますので、これが一番という事ではありません。今回は事実の提示ということでご了承下さい。

 今回はサーバも変えて異なるIPアドレスで行なった事もその理由としてあると考えられます。同じIP内で別ドメインへの移行の場合には、結果も異なった可能性は大きいと思います。


<追記 2009.5.25>

 0秒ではなく5秒なのは、SEO対策云々とは関係なく、やむを得ない事情が関係しているからです。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 09:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年05月18日

お宝ドメインを取得。

 新ドメインを取る時、人気のキーワードを含んだドメインは取得されている事が多いわけです。

 しかし、本当に稀にお宝ドメイン(中古ではないもので)が眠っている事もあります。

 実はドメイン探しというのは結構楽しいもので(おそらく、同じような気持ちの方も多いでしょう。)、暇つぶしに適当なドメインを入れて空き状況を検索していると、「これ使えそう!」のようなものがあまっていたりします。

 ちょうど、昨日、新たにサーバを借りて、新IPということもあり、ついでに新ドメインで手ごろなものを検索していたら、久しぶりに良いドメインを発見しました!ある意味、既にブランド化されているキーワードというような感じでしょうか。

 覚えやすく、それほど長くない。良いドメインです。

 昔とは違い、ドメインも安くなっていますので、迷うことなく取得。もちろん、サイトを作る予定でしたので、そのサイトのテーマにあったドメインなわけですが、早速、サイトの制作も開始!

 まだ、昨日取得したばかりでもありますので、サイトは未完成ですが、ノウハウサイトをサテライト的に運営する予定です。

 このブログなどでアドレスも含め、公開するかは分かりませんが、良い具合に動き出せば良いなと思っています。

 まだ、コンテンツを細かく詰めてはいませんが、6月までには完成させる予定です。ノウハウサイトなので、アフィリエイト収入とかを目指すものではありませんが、この新サイトでも様々な実験を行なっていく予定です。

 なお、企業などであれば、使う予定がなくても、「使う可能性がありそうなキーワード」のドメインは取得しておいて損はありません。個人では予算的になかなか出来なくても、企業ではそれほどの負担になりませんし、ドメインを取得しておいて、どこかで使えるかもしれないからです。

 特に短くて覚えやすそうなものは、もし良いのがあればとりあえず取得しておくのが良いでしょう。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年05月17日

ブログを追加したら中古ブログになってしまった!

 このたび、新規にブログ(情報・ノウハウ系。非アフィリエイト)を立ち上げてインデックス状況などを確認したところ、「あれ?」という数字が出ていました。

 さくらインターネットのブログサービス「さくらのブログ」での追加だったのですが、このサブドメインは取れないだろうな〜と思っていたのが取得できたので、意外だなと思っていたのですが、調べてみると中古サブドメインであることが判明しました。

 そのサブドメインはあるキーワード(ビッグキーワード)をそのまま利用したものなのですが、インデックス状況をチェックすると、記事を1件しか書いていないのにグーグルで「19」のインデックス。ヤフーでは0でした。

 ブログなのでカテゴリーページなどを含めても、ちょっと多過ぎると思い調べてみると、同じようなテーマのキャッシュが出てきました。

 おそらく、作りかけてやめたのだとは思いますが、偶然どなたかが作成をやめて、すぐ後に申し込んだ形になったようです。

 しかし、作成後7日目の本日でインデックス数は4になり、インデックスの数に変動がおきています。ただし、4つのうち2つは今も以前のブログの内容です。

 他のデータも踏まえると、最近作り、やっぱりやめたという状況がうかがえます。

 偶然とは言え、同じテーマのものを引き継ぐ形になり、検索エンジンの動きとしても今後の状況が楽しみです。

 ヤフーでの動きはまだありませんが、今後、何か面白い動きがあればお知らせいたします。

 とはいえ、普通の中古ドメインのようなものではありませんので、それほど激しい動きがあるとは思えませんが・・・。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年05月15日

広告の世界も厳しく

 昨日のニュースで大手広告代理店がついに赤字になったことをしりました。

 広告の世界も厳しくなったということです。

 不況が続く⇒予算を削る必要がでる⇒広報予算が削られる

 多くの企業ではコスト削減時に広報予算を削ることが多くあります。人件費もそうですが、まずは広報媒体の効果測定を分析し、その上で出稿媒体を再検討するわけです。

 お金が有り余っている時などは、何でもありの広報をやるところも多いわけですが、不況になってはじめて、真面目に効果測定をするところも多いわけです。

 常日頃から各広報媒体にかけている予算とその効果の測定は厳しくし、いざ不況になってから、大幅に広告を見直すのではなく、常日頃から広報予算最適化をする必要があります。

 急激にメディアへの露出が少なくなると、かえってその急落ぶりが目立ってしまいます。

 SEO対策の世界も当然、コスト見直しの対象となるでしょうが、紙媒体などに比べると、その影響は小さいと思われます。

 生き残りをかけるのにネット対策というのは必須の条件だからです。今後、SEO対策やリスティング広告も含め、どのように予算管理を効率的にしていくかで、収益は大きく変わってくることと思います。

 どんなに安いものでも効果測定なしにしては無駄になってしまいます。予算をかけるからには、なんらかの意味を持つように考えていきましょう。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年05月09日

meta refresh5秒でのサイト移転の動向チェック開始

 meta refreshで5秒に設定し、ドメイン移転をした場合の変化を見ることになりました。昔と違って、今は検索エンジンがどのような動きを見せるか追っていこうと思います。

 ずっと前では定番の移転方法ですが、今ではほとんどみかけなくなりました。それは検索エンジン自身が永久的な移転としては勧めない方法だからです。

 ということで、本当に移転に向かないのかを、「現在」の状況で実験を開始しました。別に検索エンジンの推奨方法を疑うわけではありませんが、推奨でない場合の「今」の動きも見たいと思いましたので・・・。

 とはいえ、実は私の所持サイトではないのですが、情報が揃っておりますので、追ってみることといたします。

【実験概況】

1.大元のサイトはヤフカテ登録済みで数年経過
2.新アドレスは取得後期間経過はほとんどなし。ヤフカテ未登録(後日登録予定)
3.特にヤフーとグーグルに機械的なお知らせもしないで自然に任せて動きを観測。(無謀ですが、こんなチャンスは滅多にありませんので。)
4.会社名が変更(ちょっとだけです)となり、サイトのメニューも少しだけ変わっています。一部削って、一部追加のような状況です。ただし、基本的なタイトルや中身は修正する必要のあるところ以外は修正しておりません。

 この実験5月1日に開始したのですが、ヤフーが何と、5月3日にはランク入りさせています。そして、グーグルも5月6日からランク入りという状況で、初登場は結構高い順位でのランクインでした。最近のヤフーは本当にインデックスが早くなったと感じます。

 しかし、その数日後にはキーワードにより激しく差がでてきました。そして元のサイト(トップ以外のページは残っておりません。例の移転しました。5秒後に・・・というテキストなどが入っております。)はヤフーもグーグルも不安定な動き開始。

 やはりといえばやはりですが、グーグルは旧サイトの下降症状が顕著。ヤフーは急降下の後に戻ったりするキーワードもあるなど、不安定な変動を繰り返しています。

 ページランクが移行されるタイミングや、順位が落ち着く(新アドレス)タイミングなど、今後追っていこうと思います。

 なかなか最近は301リダイレクトではないサイト移転をすることがなかったので、検索エンジンの動きを興味深く見守りたいと思います。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策