2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2008年11月04日

久しぶりに限定2社のSEO無料チェック行います

 すっかり、最近はいろいろと忙しくて忘れておりましたが、

限定2社のSEO無料チェック(先着です)


を行います。詳細はSEMアドバイザーの公式サイトにございますので、そちらをご覧下さい。



◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

◆ヤフーSEO検証ブログ(期間限定ブログ)
http://yahoo-jikken.sblo.jp/
posted by kame at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年10月30日

1年以上経過したドメインのコンテンツ変更実験を開始します

 今回はあまりやりたくない、あるいは真似したくないであろうことを人柱になってやることにしました。

 既にあるサイトの中身を変更するというものです。SEO的にはどうなるのか?グーグルページランクは引き継ぐのか?など様々な結果を後日公開できればと思っております。

 私は複数サイトを運営しておりますが、実験のサイトは二つ。

 その一つは

 ある二つのテーマについて書かれていたものから一つのテーマをなくし、一つに集約してコンテンツを作り直しました。サイト名やタイトルも含めて変更しています。変わらないのはドメインのみということですね。ちなみに一つのテーマは残すと言いましても、中身のテキストから画像から、全て作り直しです

 もう一つは

 これは正直、中古ドメイン証明実験に近いのですが、全く異なる内容の専門サイトに変更します
 こちらのサイトはまだ完成しておりませんが、来月(11月)には完成する予定です。

 実はこの二つは当初から考えていたものでもあったため、それほどどちらも力を入れてはおりません。(力入れているサイトならこんなことはしませんね)

 ただし、当然のことながら、ヤフーやグーグルでインデックスされていますし、リンクも張られています。ただ二つともこれを想定していましたので、ヤフカテ登録サイトではありません

 また、どちらも独自ドメインを取得しているものです。

 面白い結果がでて、皆さんに報告ができるようでしたら、後日このブログにてご紹介させていただきます。中古ドメインの価値がコンテンツの変化によって、言われているような結果がでるのかに注目ですね。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年10月28日

必笑!h1で囲むのは画像か、テキストか?答えはヤフー公式サイトにあった!

 今回の件は、たまにSEOをやっている者の中でも議論(というほどのことではないですが)になる話題の一つです。

 いわゆる、そのページの主要テーマともいうべき「h1タグ」は画像に使用してよいのか(つまりalt目当てですね)?それともテキストにきちんとつけてアピールするべきか?

 ちなみに私の答えというか考えは圧倒的に「テキスト」に使うべしです。もちろん、きちんとした論理構造があることを前提としますが。

 さてさて、この点についてヤフーはどのように考えているのでしょうか?と今さらながら探ってみました。


調べた結果、驚愕の事実が!発覚しました。



★ヤフートップページのh1は↓でした。

Yahoo! JAPAN
 つまり、画像のaltです。

*meta keywordsについては本当に嫌いなんですね。入れてません。(この後の解析で入れ忘れと言うことが考えられましたが)

★ヤフーリクナビのh1はというと↓でした。

求人・仕事情報:おすすめトピックス


*きちんとテキストです。そしてmeta keywordsもきちんと入れています。この辺は作られたタイミング(デザイナー?)でいい加減さ(細かさ)が変わってきます。

 他もいろいろと見ましたが、

★結論

 最近作ったものはh1タグはテキストにつけているものがほとんどです。つまりテキストの勝ちということ(にしたいですね)。結論で言えば、どっちでも良さそうに見えますが。なんせトップが画像のaltなんで。


★脅威の番外編〜出会い-Yahoo!パートナー

http://partner.yahoo.co.jp/

 こちらのソースコードは是非皆さんでご覧下さい。h1は何になっているか、かなりウケます。何にウケルかってその「数」です。
 また、このページのmeta keywordsもウケます。これってdescriptionでしょう!って突っ込みたくなります。


 しかし、我々が日々細かく内部SEOを気にして上位表示を目指しているのに、本家はこんなにいい加減で(デザインと論理構造の分離なんてないも同然><)、それでもヤフーに頼らざるを得ません。是非、いつか見本のようなものを見せていただきたいものです。

 本当の結論としましては、「参考にならなかった」です。とはいえ、地道に巷で言われていることを推し進めるのみですね。皆さん、頑張りましょう!


◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 09:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年10月27日

私のSEO対策は電球まで変えてもらいます!

 変なタイトルですいません。でも、このまんまなんです。まあ、普通のコンサルタントみたいなものなんですが、私の場合、「ホームページと現実とのギャップがあると、お客様はびっくりしますよ!」と常々いっております。

 企業内の写真はいくらでもフォトショップで明るくできます。絨毯もあざやかに、そして清潔感あふれるように、画像などいくらでも修正できます。(もちろんそんな詐欺的なことはやりませんが、適度に・・。)

 さて、本題に戻りますが、SEO対策を施して、ヤフーやグーグルでの検索順位をあげます。でも、私の仕事はそこでは終わりません。

 会社(というかお店ですね)に出向き、電球の明るさにまで口をだします。入り口が入りにくかったら(例えばちょっと怪しい雰囲気とか)、アドバイスをします。ドア開けて、人がいなかったら、いつもドアの前には笑顔で挨拶するように言います。

 つまり!SEO対策をした結果、「ホームページの雰囲気がいいね」となったあと、現実との差を感じて欲しくないのです。お客様がそう感じたら、商品の話を聞く前から、ちょっと疑いに変わるでしょう。

 働いている方々は、「現状」が「普通」になってくると、驚くぐらいに現在抱えている問題点を気にしなくなります。これは多くの企業で、変化を好まない、あるいは面倒だと感じるからです。実働部隊はいつも若いものになるからというのもあります。心では思っても、自分でやりたくないばかりに、言い出さない。これが日本人に多くあるタイプでもあります。

 だからこそ、私は売上(コンバージョン率)アップのために、中身にまで口を出すようにしています。

「お店の中のイメージ写真がちょっと古いですよ」

「壁の色は明るめに」

「ちょっとしたメッセージなんか、お客様の分かるところにおいておくといいかもしれません」

「窓枠が汚れていますよ」

「トイレットペーパーはダブルの方が喜ばれますよ」

「花を置くと雰囲気が変わります」

「お店の第一印象は一瞬で決まります。逆にその一瞬をモノにしてしまえば、話は進めやすくなります」


 などなど、思いついた事をなるべく言うようにしています。全く持って、余計なお世話なのですが、できるところから、少しずつでも変化していけば、確実に良くなっていきます。

 お客様の目線になれば、結構直した方がいいところは沢山あるものです。SEMアドバイザーのくせに口うるさい。広報長くやっていますので職業病ということで^^。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

 
posted by kame at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年10月25日

順位を下げるSEO対策〜ブランドガード

 私は一企業の商品とかサービスをあげるのは、あまり好んではやらないのですが、最近よく聞く話なので、とり上げてみました。

 というわけで、ネタにするからには直リンクをはります。

 株式会社DEVOさんの「ブランドガード SEO」という、サービス。最近はネット上には悪意のある書き込みが非常に多くなっています。また、こんな時代だからこそ、検索するとそれが上位に来るなんて事は当たり前ですね。

 そもそも「○○ 評判」などというキーワードでの検索は非常に多くあります。「○○ 口コミ」などと同様、今後もこの傾向はある程度続くでしょう。

 本来のSEOは自社サイトの検索順位を上げるわけですが、このブランドガードは「悪意のある風評サイト」の順位を下げるサービスです。ヤフー、グーグルで1ページ目から2ページ目へ下げることで成功報酬をもらうと言うことで、なんとなく、方法が読めてきますが、ここではその方法はさておき、実際に、自社のブランドを守ることは非常に重要なことです。

 こんな話があります。あまり詳しく書くと問題になるので適当にぼかしますが、ある会社の商品(何とか100%とうたっていた商品です)に対して、ライバル社がその詳細を分析し、実は100%ではなかったということがありました。

 そして、その事実が知れ渡り売上が下がり、信頼も下がったわけですが、企業の評判は本当に一瞬に風評により被害を受けることがあります。この話は事実だったわけですが、それがただの噂であってもです。

 噂の場合には、どれだけ迅速に、その風評に対しての被害を最小限に食い止め、それを逆手にとった戦略に出るかが重要になってきます。

 ネット社会で実施するマーケティングとは、自社のサイトの順位をあげる以前になるべき敵を作らないようにし、さらに言えば、よく言われる「ファン」を多くつくる必要があるということです

 口コミサイトでもそうですが、風評被害を狙った書き込みがあっても、ファンが多ければ、援護射撃が入ります

 企業ブランドを守るには、ひいては顧客サービスを最大化することが、重要だということですね。

 話は戻りまして、今回の記事はブランドガードの宣伝でも何でもありません。しかし、サービスとして当然のものが生まれたということは間違いないでしょう。

 ブログを書くということ、これもいわゆる口コミの一つです。顔が見えないブログだからこそ、言葉使いも含めて、気をつけて書かねばと思う今日この頃です。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年10月24日

資料請求まで持っていくサイト内導線具体例

 今回はホームページに目標の一つである「資料請求」までどうやって導くかという具体例をいくつか挙げたいと思います。

 今回、ご紹介する方法は実際にやってみて、効果がでたものですので、もし可能であれば、真似をしてみるといいでしょう。

 もちろん、そんなの知っているよと言う方や、もっといい方法があるという方もいると思います。その場合にはスルーしてもらえれば結構です。

<資料請求の前に信用を得るには?>

 これはSNSなどの存在しない一昔前であれば、サイト内に具体例をまことしやかに記載していればよかったのですが、今では、それが「事実なのか?」ということがなかなか信じてもらえません。

 つまり、公式サイトでも「嘘偽り」が堂々と行われているのはSEO業者などを見ても明白ですね。

 とはいえ、そのあおりを受けて、事実であるにも関わらず、信じてもらえないということもあります。

 先日の記事で「今後のサイト運営は情報商材に習え」というものを書きましたが、やはり口コミに勝るものはありません。

 どうせ、ユーザーが口コミ情報を探すのが分かっていれば、自サイトに口コミ情報を顔写真入りで載せれば良いだけです。自サイトの口コミは、信用でいえば、やや下がりますが、顔写真や名前まででていれば、信頼感は少なくともアップします。


<資料請求ページに誘導するには>

 さて、本題です。資料請求を元々する気がない方は別として、場合によっては、資料請求をしようかなと思っている方を、資料請求ページに誘導するにはどうしたら良いか?

 私の経験上、ある一言を加えるだけで、効果が変わってきました。もちろん、扱う商材によっても違いますので、これで結果が変わらなくても文句はなしってことで。

 「資料請求」へのバナーには通常「資料請求はこちら」などと書かれていることがほとんどだと思われますが、私はそこに一つ文章を加えました。よく考えると、ただの人間心理をそのままついただけなのですが。

 加えた文章はというと、

「1分でできる資料請求はこちら」


 というように変えたのです。そうすると、何倍もというわけにはいきませんが、確実に数字が変わってきました

 つまり、資料請求というハードルを低くしてあげたわけです。そして、資料請求フォームの項目も必須項目を極力減らし、逆に言えば、資料が届けられるレベルまで、項目を減らしました

 今回の例は資料請求についての一文で、「なんだ、そんなことか」と思われた方もいると思いますが、実際にはやっていないサイトばかりだと思っています。

 自サイトの目標への道筋に何個もあるハードルをどうやったら、より低く見せるか、そして、いきなり大きな目標を達成しようと考えなければ、いろいろな道が見えてきます。

 一つの参考にしていただければと思います。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

SEO対策の情報交換会なるもの

 以前から感じていることなのですが、ブログやサイトでは、いろんな意味での障害があり、きちんとした情報交換などができないと感じています。

 例えば1ヶ月や2ヶ月に1回とかの割合で東京でSEO対策の情報交換会(これはセミナーではなく、それぞれは情報をもちより、そしてお互いに勉強させてもらうという趣旨のものです)はできないだろうか?と。当然のことながら紳士的に行います

 もちろん、SEO企業として社員が多くいるところや、既にSEO上級のレベルに達しているという方の参加ではなく、「SEOには答えがない」と実感し、様々なアプローチをしたことがあり、その経験談を語り合うような場です。

 おそらく、個人でSEO対策を学び、そして個人事業として展開している方は大手のセミナーにも参加できずに、困っている方も多いのではないかと思います。

 お互いの成功例や失敗例も含め、そういう集まりがあるなら参加してみたいと言う方はどれくらいいらっしゃるのかな〜と思った次第です。

 これは別にアンケートではないのですが、もし、そういうのに興味があるかたは、私の公式サイト(http://sem-adviser.com/)の問い合わせ欄にその旨を記載してお送り下さい。(どういうスタイルならやってみたい、や、どんな人となら勉強会をしてみたいでも結構です。)もし、SEO関連のブログやサイトをお持ちであれば、そのアドレスもお書きいただけるとありがたいです。

 人数が集まれば必ずやるというわけではありませんが、そのようなニーズがあるのかどうかをまずは知りたいのです。なお、ブログへのコメントでの回答はお控えいただけると助かります。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年10月23日

「SEO対策」の関連検索ワード

 ヤフーの関連検索ワード。

 ちょっとヤフーで「SEO対策」で検索してみました。SEO対策に対する世相が分かります。地域が多いと言うことは、業者を探しているんですね。セミナーがあれば、聞いてみたいとか、無料の対策とか、分かりやすいです。

seo対策 方法
seo対策 無料
ホームページ seo対策
yahoo seo対策
seo対策 名古屋
seo対策 大阪
ブログ seo対策
seo対策 福岡
seo対策 意味
seo対策 セミナー


 ちなみにグーグルで同様に調べてみるとこんな候補がでます。

SEO対策 無料
yahoo seo対策
SEO対策 方法
google seo 対策
SEO対策 ブログ
携帯 SEO対策
Flash SEO対策
SEO対策 キーワード
モバイル SEO対策
SEO対策 wiki


 やはりグーグルはパソコンに慣れている方が利用する人が多いというのも納得できる内容です。無料のSEO対策を知りたいのは分かるとして、携帯やモバイル、FlashのSEO対策などが入っているところが、先取りしている感がありますね。ヤフーよりも、一歩突っ込んだものが多いですね。

 「SEO対策」だと、だいたい想像つきますが、結構キーワードによっては面白いものってあったります。でも、この候補キーワードはSEO対策でのキーワード選定に必須ですので、侮れませんね。(悪用した企業もありますけどね。)

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

posted by kame at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | SEO対策

2008年10月12日

マインドマップでSEO対策

 以前は様々なツールなどを使い、関連キーワードを模索し、その上でSEO対策を施すことが多かったのですが、最近はクライアントとの研修にも重きを置くようにしています。

 マインドマップをご存知の方は多いと思いますが、一つのキーワードから関連するキーワードや、イメージなどは実に多くあります。
 
 それを実際に枝のように連想されるものをつなげていき、ビジュアル化するのですが、それを続けて行くと、本当に意外なキーワードなどが出てきます。

 それがロングテールにも反映されるわけですが、実際にはクライアント側からも数名参加していただき、そこに第三者である私も加わって、研修という形で、SEO云々の前にキーワードの洗い出しをしています。

 元々、このマインドマップは1970年代のはじめに、ヨーロッパのトニーブザン氏によって一般に広がったものなのですが、当時のその技法が今に受け継がれているわけです。そして、今また注目を浴びているというわけですね。

 どうしても、SEOというとちまちまと一人でいろいろなアイデアを出すイメージがありますが、最近ではこの技法を通じて、キーワードのみならず、他の広告媒体(そもそも私は広報が長いので)も含めての戦略のヒントになるように、議論を行うようにしています。

 そういうことが全て揃って、初めて良いSEO対策につなげられるのではないかと思っています。

 逆に言えば、SEOというと、やはりまだ認識のずれが生じるのは確かです。そこで、このような研修体制を敷くことで、その距離や認識も近づけていくことができます。

 マインドマップに近いソフトでフリーソフトなどもありますので、是非、試してみると、結構面白いことができると思います。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年10月11日

今後のサイト運営は情報商材に習え!

 今回のテーマは「情報商材」です。今日は朝から仕事で、早くついたので、先日購入したEeePcで書いています。手が大きいので慣れるのが大変ですが、とても便利ですね。イーモバイルでつないでいます。私の仕事では必須のアイテムですね。

 さて、SEO対策ばかりに目をとらわれずに「情報商材」のサイトについて考えてみたいと思います。皆さんも思い浮かぶでしょうか?あの縦にずらっと長い、情報商材特有のサイト。基本1ページでまくし立てるようにテキストを並べています。

 実は私も勉強のため、見よう見まねで作ってみました(あ、サイトは内緒です。なんか恥ずかしいので。でもそれっぽいサイトということで、情報商材は”まだ”売ってません。)

 戻りまして、情報商材も売れるものになるとかなり売れます。月に100や200は簡単に売れてしまうものも多いようです。もちろん金額はそんなに安くないわけですが。

 ある意味同じものを普通の構成のホームページで売っていたら、おそらくそんなに売れていないでしょう。

 売れる秘密はその構成にあるわけです。ターゲットを絞り、問題点を提起し、それに対する状況を把握させ、解決策を示す。さらには解決策に時間(期限)や特典をもうけ、更なるお得感を出す。

 つまり起承転結がはっきりしています。しかも1ページ完結。漫画で言えば新人作家の読みきりのようなものです。

 1ページということで、クリックするわずらわしさもなく、ただ、ユーザーは下に進めていくという単純作業(行動)のみが必要なだけです。

 これらがきれいにまとまって初めて、売れる情報商材になるわけです。

 以前はいんちきくさいサイトだなと思ったこともありますが、実際に効果があるということは、そのキャッチセンス、ユーザー心理のつかみ方、かなりの能力が必要なわけです。

 これをどう通常のホームページに生かすか。この視点は今後のサイト運営に重要なポイントだと思います。ページが多いから売れるわけではないということは立証済みです。

 情報商材的でありながら、いんちき臭くない(失礼!)安心できる要素のサイトの基本が作れれば、より効果があがると思われます。

 私も今回、作っていて、なかなか楽しめました。情報商材サイトの視点は非常に基本に忠実でありながら、勉強になります。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年10月06日

導線の伝わる良いサイト発見

 ホームページというものは企業側の伝えたいことを優先してしまうため、どうしても迷子になりやすいデザインが多くなりがちです。

 これはホームページに関わる広報担当者はもとより、経営者の理念などが絡み(これが一番面倒な時も実際には多いのですが)、はずせないメニュー項目というものがでてくるわけです。

 実際にはアクセス解析などから、人気のキーワード、人気はそこそこだけど、熱いキーワード(例えば、平均PVが多いなど)、あるいは人気のページなどは分かっています。その逆に人気がほとんどないページというものも分かっているわけです。

 本来は、人気がないページはそれこそ取っ払って、人気のあるページへ誘導しやすくするのが、効果的だとは思いますが、なかなかどうしてうまく行かないものです。

 その結果、ホームページにユーザーを誘導しても、迷子にしてしまい、コンバージョン率を下げてしまっているというのが、多くのサイトにあるわけです。

 私も様々なサイトを見ておりますが、第三者的には、「このページは不要なのでは?」を思うページがよくあります。でも、そういうページに限って、大事なところに置かれていたりすることもよくあります。

 そんな私が先日、偶然見つけたサイトで地味ながら、ユーザーの気持ちをとらえ、とても導線が分かりやすいサイトを見つけました。

 それはあの「帝京大学」のサイトです。もし、この記事をご覧になって見てみようと思った方は、「受験生の気持ち」で進んでいってください。まあ、文系学部でも何でもいいですが、この導線の作り方は分かりやすいと素直に感じました。Stepに分けて、知りたい事を調べる方法が、すぐにわかるようになっています。

 大事なのはユーザーの視点に立った、デザインだな〜とつくづく感じます。もちろん、「帝京大学」のサイトを見て、もっと良い導線はあるよ、という方もいるでしょうが、いずれにせよ、人が受ける感覚は全員ばらばらです。

 やはり、いろんなサイトを見ることは勉強になります。最後に大事なのはサイトそのものですから。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年10月04日

SEOが重要視された事によるサイトデザインの変遷

 グーグルが2001年時点での検索ができる嬉しいプレゼントを行っておりましたが、懐かしく感じました。

 私が最初のホームページを立ち上げたのはかれこれ11年以上も前となるのですが、その頃はSEOなどという言葉はもちろん存在していませんでした。

 そもそも面白いサイトを知るのは雑誌記事だったり、メールマガジンであったりました。

 私のサイトもあるメールマガジンで評価され、そのメルマガの年間トップ100にランクインしたりしましたが、デザインというよりもコンテンツが評価されたものでした。(その後、そのサイトは雑誌にもカラーで紹介されました。)そのおかげで当時ではなかなかのアクセス数だったと記憶しています。
 メールマガジンの数が圧倒的に少なかった時代だったため、影響力がとても大きなものでした。

 当時は便利だということでフレームを使ったサイトでした。なんといってもアナログな電話回線(ダイアルアップ)でしたので、読み込み時間に気をつけるにはフレームというのが当時の一般常識でした。

 その後、時を経てアニメーションブームとなり、フラッシュがトップページに大きくドーンという形式が流行りました。SEOというよりも見た目で勝負という時代です。

 そして、今、フラッシュがトップに一つだけなどというサイトはかなり減り(著名サイトはそうでもありませんが)、フレームなどはほとんど使われなくなってきました(たまにクローキングでずるいことやっている方はいますが)。

 そんなWebデザインの変化が今後どのようになっていくのかはとても興味があります。

 今後はフラッシュ内のテキストを読むようになりますので、また、フラッシュが全面に出るデザイン重視のものが流行るかもしれません。それとは正反対のユーザビリティに配慮した誰にでも仕えるシンプルなデザインが流行るかもしれません。

 いずれにせよ、以前と違うのは「SEO」や「LPO」等を踏まえた上でのデザインやWeb戦略が主流であることは間違いないでしょう。

 このWeb2.0時代と言われる、全員が情報発信者であり、情報活用者である時代、その変化の動向は今後も目がはなせませんし、楽しみでもあります。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年09月19日

SEOに大活躍の必須プログラム

 今回は知っていそうで知っていない注目属性の話です。

 先日のYahoo!検索インフォセンターでもTIPSとして紹介されていましたが、このタグを使用しているところは意外と少ないので、改めてご紹介します。

 robots-nocontent

 この属性はサイト内に記述はしているけど、サイトとはあまり関係ないようなところに指定します。

 インフォセンターから拝借すると「著作権表記」「広告」などですね。それらは実際にはそのページの重要キーワードか?というとそんなことはありませんよね。

 では、指定するとどうなるか?この属性を指定された部分がコンテンツとして無視されますので、それ以外のコンテンツを検索エンジンが認識するようになります。

 つまり!それだけ狙ったキーワードに特化したページ作りも可能というわけです。いずれ、何らかの形で悪用する人が出てくるような気もしますが、ヤフーもお勧めのこの属性を使わない手はありませんね。
 
 詳しい使い方はインフォセンターの該当ページをご覧下さい。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年09月15日

重要!ホームページの7秒の法則

 今回はSEOだけに集中していてはいけません、というお話です。

 「7秒の法則」というのがあります。これはホームページに限ったことではなく、初対面の方の印象は7秒で決まるというものです。

 もちろん、全てではないでしょうが、一瞬である程度の評価を下すことは間違いないでしょう。

 これと同様にホームページでも「7秒の法則」があてはまるわけです。アクセス解析を見ていれば、もっと短いものも沢山あると思います。

 言いたいことはそれだけ一瞬のうちに、ユーザーはそのサイトが自分にとって、有用なサイトかを判断してしまうということです。

 SEOばかりに気を取られているといけません。何が重要かというと、やはりサイトの第一印象なのです。7秒、もしくはそれよりも短い時間で、何らかの「好印象」を与えないといけないのです。

 「でも希望キーワードでは全く上位ではないからね」などと思う方もいるでしょうが、ネットではどんなロングテールで入ってくるか分かりません。そもそもそういうロングテールキーワードで入ってくる方は少なくとも「熱いユーザー」なわけです。

 だからこそ、最初の印象は大事ですね。

 もう一度、自分の(あるいはクライアントの)サイトを7秒間はかって見直して見ましょう。フラッシュなどの動画がある場合には、それらが7秒以内に与えてくれるメッセージはきちんと伝わるか?などです。

 実はこの部分がSEO以前に成り立っていない場合は多いものです。これはどんなにお金をかけているサイトでも(お金をかけても駄目なものは駄目ですからね)同様です。

 万人に受けるサイトはありませんが、なるべく多くの方に使いやすい、そして有用なサイトを作ることが重要ですね。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 10:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年09月01日

直帰率を下げる必勝法!

 直帰率を下げることができれば、ホームページの効果は倍増します。逆に言えば、アクセスがSEOで増えても、その先に興味のある内容が存在しなければ、意味はありません。

 SEOを施すのであれば、まずはサイトの見直しが必要だということです。

 内部リンク、外部リンクを増やす以前に、ユーザーが満足いくコンテンツを用意する必要があるというわけです。その中で必要な内部リンクを施し、また外部から自然とリンクが張られるような内容にもっていければベストだと思います。

 前置きが長くなりましたが、私の管理しているサイトで無名なサイトにも関わらず直帰率が極端に他より低いサイトがあります。なぜそのサイトは直帰率が低いのかをSEMアドバイザーのサイトにポイントだけ書かせていただきましたので、興味のある方で「素直な方」はご覧下さい。頭でっかちな方は読まないようにお願いいたします。

 ヤフーなどのいたずら(?)で順位が下がっても、効率よくコンバージョンが得られれば一番ですね。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年08月29日

IPアドレス分散型被リンクのSEO効果の行方への私見

 今回のヤフーアップデートでも、IPアドレスの異なるサイトからの被リンクは効果があるとでていました。そして、テーマが会うサイトからのものであれば、さらに良いということでしたね。

 さて、この傾向は考えてみれば当たり前で、サーバーが同じ自サイトからのリンクを評価しないという考えの表れなわけですが、現在は、IPアドレス分散型の被リンクをサービスとする業者が出てきております。

 最近、出てきているヤフーの関連検索を操作するサービスなどもそうですが、検索エンジンとのいたちごっこなサービスが続きます。普通に考えれば、IPアドレスを分散させるサービスに対して、検索エンジンが対策をしないわけがありません。

 そう考えると、今後被リンクに対しての評価の基準が変わることは十分考えられると思っています。

 いずれにせよ、最後に検索エンジンが上位にあげるべきものは「ユーザーが探しているもの」でしかないのです。ずるい事をして順位をあげていけば、いずれは痛い目にあうでしょう。

 今後、より検索エンジンはコンテンツの中身を分析する能力が重要になってくると思います。時代に流されるSEOではなく、本来のホームページのあるべき姿に近づく必要があると考えています。

 SEO業界自体が、考え方を変える時が来ているように感じます。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年08月24日

3社限定!無料SEO診断再び実施します。

 毎回あっという間に、3社がうまってしまい申し訳ありません。最近の傾向では2〜3日で申込みが埋まっております。ご希望のサイト様は下記内容(前回より変更しております)を確認の上、お申込み下さい。

 なお、詳細はSEMアドバイザーのホームページに記載しておりますので、そちらをご覧下さい。

 但し、注意点だけこちらにも書いておきます。

1.チェックするサイトは1URLのみとなります。

2.チェックした内容はメールにてのお返事となります。

3.チェック内容は主として修正した方が良い部分を指摘させていただきます。

4.自社で更新作業をしている会社に限定させていただきます。
(当方の判断にてチェックの有無を決めさせていただきます)

5.素直にアドバイスを聞く事ができる企業の方。

6.常識のある方(アドバイスを受けた後、メール受信の返信もいれないような非常識な会社はお断りします。)

7.SEO無料診断を受けられた後の感想を当サイトに掲載しても良い企業様(企業名の掲出はご希望に沿います。確認の上、掲載いたします。)


*また、希望キーワードなどの詳細や現状などが未記入の企業様(つまり、申込み詳細をきちんと読んでいない企業様)もお断りいたします。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年08月18日

限定3社のSEO無料チェックを行います!

 前回もあっという間に、3社がうまってしまい、好評のうちに終了いたしましたが、多少、余裕ができましたので、再び行うことにいたしました。⇒早くも受付終了です。申し訳ありません。

 なお、詳細はSEMアドバイザーのホームページに記載しておりますので、そちらをご覧下さい。

 但し、注意点だけこちらにも書いておきます。

1.チェックするサイトは1URLのみとなります。

2.チェックした内容はメールにてのお返事となります。

3.チェック内容は主として修正した方が良い部分を指摘させていただきます。

4.自社で更新作業をしている会社に限定させていただきます。
(当方の判断にてチェックの有無を決めさせていただきます)

5.素直にアドバイスを聞く事ができる企業の方。

6.常識のある方(アドバイスを受けた後、メール受信の返信もいれないような非常識な会社はお断りします。)

 前回は依頼をしておきながら、上記6にあたる企業が一つござました。こちらはあくまでサービスで行っているもので、マナーも知らない企業のためのボランティアではございません。常識のない企業様はご遠慮下さい。

*また、希望キーワードなどの詳細や現状などが未記入の企業様(つまり、申込み詳細をきちんと読んでいない企業様)もお断りいたします。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年08月03日

限定3社のSEO無料チェック行っています

 私が行っているSEMアドバイザーは、読んで名のごとし(?)、アドバイザーです。

 只今、限定3社(好評につき終了しました。次回をお楽しみに!)になりますが、ホームページのSEOの無料チェックを行うサービスを行っています。

 なお、SEOの無料チェックの結果メールの後に、私から連絡をして営業をするつもりは毛頭ありません

 ですので、純粋に自分の会社のホームページはどんなもんだろう?と思うところがありましたら、先着ですので、私のホームページの該当バナーよりお申込みください。尚、冷やかしと思われるものに対しては返事をいたしませんので、ご了承下さい。

 ちなみに私の営業品目はSEO管理をやらせてください!などというものではありません。どうしてもという依頼があるときは引き受けることもありますが、そんなコストはもったいないと思っています。

 貴社にSEOに詳しい人材を育てることを目的としていますので、そのことをご理解のうえ、お申込み下さい。

 私が教えるテクニックは、ヤフーのアルゴリズムの修正などにあまり大きく響かないテクニックです。もちろんずるいこともやりませんのでご安心ください。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2008年08月01日

セルフSEOは中小企業を救う

 セルフSEOとはお分かりの通り、自社(会社の場合)でSEOを施す事をさしますが、中小企業の場合、SEOを外注に出す予算がないところは沢山あると思います。

 また、経営者自らがSEOの重要性を知らずに全く対処していないというところも多いと思います。

 しかし、私の考えはただひとつ。このネット世界だからこそいえるようになったことでもあります。

 「SEOは中小企業でも大企業に勝負をかけることのできるテクニック」

 だということです。ロングテールの効果があるネットの世界だからこそ、キーワードの狙い方ひとつで、大きな利益は難しいかもしれませんが、勝負できないことはないのです。

 また、外部リンクを集めることは難しいまでも、ホームページのプログラムの内部要因を適正化することは、中小企業でも可能なわけです。

 ヤフーなどはプログラムの内部構造を重視します。中身がきちんとしていれば、きちんと評価をしてくれるわけです。

 だからこそ、セルフSEOを施せる知識を得ることはとても重要なことだと考えています。

 企業の広報担当者がSEO知識を持つことは、外注するにしても、外注先を選ぶ上での「目」を持つことになります。そのため、SEOやSEMの知識を持つことは、全く無駄にはなりません。

 私はそういう考えで、SEOの知識を出張指導する仕事をしております。(最後に宣伝すいません)


◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策