2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2008年12月01日

ヤフー公式サイトの検索結果への表示はやはり変った

 先日、ちょっとお伝えしたものが、やはり起こっていました。

 ヤフーは公式サイトの場合、検索結果にはヤフ−カテゴリーへの登録タイトルをそのまま表示していたわけですが、前回のインデックスのアップデートの前後に、怪しい動き(登録サイトと同様にtitleタグの引用)が起こっていました。(もちろんNOYDIR等のタグを使っていないサイトです。)

 しかし、その動きもなかったかのごとく戻っていたのですが、本日私がチェックしているサイトで、titleタグへの表示に変っておりました。

 しかし、すべての公式サイトで起こっているわけではないのは、クロールの日の関係なのかは、もうしばらく待ってみないと分かりませんが、この流れが確定すると、タグは必要なくなるかもしれませんね。

 公式サイトの表記は、訴求力がない場合が多いので、企業としては歓迎するべき流れだと思います。

 ちなみに私がSERPsという言葉を使わないのは、一般の方には難しいと思われる専門用語だからです。(知らないと思われると悲しいので一応書いておきました^^;)

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年11月24日

ビッグキーワード「エステサロン」のおかしなヤフー検索結果

 さすがに個別サイトを例に出すのを控えている私もこちらは出しても良いでしょう。何せ動いていないのですから。

 これは是非、ご覧いただきたいのですが、ビッグキーワードの「エステサロン」ヤフー9位にここ2日間入っているサイト
が「エステサロンパブリック」です。

 ご覧いただければわかりますが、teacupのブログサービスを利用。2008年7月18日に最初の記事(一言しか書いていません)、10月6日にもまったく関係のない記事が一言、今まではもちろん圏外だったこのよくわからないブログが、いきなりの大躍進です。

 これだけを見ると、

 1.更新頻度なんかは関係なし
 2.記事の内容も関係なし(タイトルとリンク集にエステサロンのキーワードあり)
 3.努力必要なし
 4.おそらく管理人はこの大躍進に気づいていない^^;


 ということになります。というか、なぜ、このページがこれほどのビッグキーワードで9位を取れたのか?もちろん、ここ2日間のことなので、明日はわかりませんが、ヤフカテ登録なく、ヤフーインデックス数も1しかなく(グーグルも1)、この順位が取れたのか・・・。正直疑問です。

 もし、この順位変動に無理やり答えをつけるとすると、ヤフーでの被リンクが53あるのですが、そのサイトが良いのでは?と考えたくなりますが、韓国語のサイトや英語のサイトなど、とにかくひどい内容のところからのリンクばかりです。(ですので、アンカーテキストもテーマも関連性はほとんどなしです。)

 さすがに次回のアップデートでもこの順位を守れるとは思いませんが、毎度変動率の高いキーワードの「エステサロン」だけに、普通では考えられないアルゴリズムがあるのかもしれませんね。

 まあ、これはかなり異種なサイトですが、ここ最近、ブログパーツを上手に使っているサイトが強いのは確実ですね。

 いわゆる忍者ツールをはじめ、無料で使えるパーツを貸し与えるというのは、被リンク数増加対策として1つの地位を築いたのは間違いありません。

 ただ、このブログパーツでの被リンク数増加が「サイト本来のテーマの価値や人気の基準」としていつまでポイントがつくのかも、疑問ではあります。サイトに関連がなくても「面白いブログパーツ」を提供すれば、人気サイトということになってしまいますからね。ブログパーツで被リンク数をかせぐためには、ブログパーツを貼れるサイトを絞っては意味がありませんし。

 これはこれで今後の検討するポイントとなるかと思います。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年11月21日

ヤフーに動きがあるようです

 本日、ヤフーに動きがでているようです。

 スタッフブログでの報告はありませんが、一部のサイトに上下の変動が起こっています。

 何よりの変化としまして、私が先日以来、サブドメインを利用した新規のサイトがインデックスされない旨を書いておりましたが、本日インデックスされました。
 サブドメインを利用したホームページ、そしてブログともにインデックスが始まったようです。

 まだ、キーワードによっては動きが少ないようですので、始まったばかりかもしれません。

 今後の動きに注目が必要かと思います。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年11月17日

注目!ヤフー公式サイトもtitleタグが表示されるようになっている!?

 SEOをやっている方ならご存知だと思いますが、ヤフーのカテゴリ登録には「公式サイト」「登録サイト」があります。

 「公式サイト」になった場合には、検索結果にはヤフーが登録したタイトルが表示されるようになっていたため、今まではそれを防ぐ(というか、その登録文を表示したくない)ために、専用のmetaタグを入れる必要があったわけです。

 ところが、ここ最近のヤフーのtitleタグに関係する修正の中で、こちらにも修正が入っていることに気付きました。

 専用のmetaタグを入れていなくても、titleタグから読み取られていることが判明しました。

 いくつかの公式サイトを調べた結果、同様の事象がでておりましたので、今回のtitleタグに関係するヤフーの何らかの修正は、全体に広がっているということが分かったわけです。

 もちろん、titleに長い文章が入っている公式サイトは、そのまま公式サイトの登録文が表示されたりしています。

 まだ、何文字で修正を加えているのかは分かりませんが、それほど長くない文章の場合にはtitleタグ、長い場合にはそれに順ずるヤフーの考える優先順位による表示となっているようです。

 それが登録サイトであれば、そちらの文になったり、登録をしていないサイトであれば、hタグからの抜粋であったりなどです。

 いずれにせよ、注目が必要な流れだということです。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導のSEMアドバイザー公式サイトより承ります。

今、話題のSEO関連の記事はこちら
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

◆ヤフーSEO検証ブログ(期間限定ブログ)
http://yahoo-jikken.sblo.jp/
posted by kame at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年11月16日

第二弾!Yahoo!の検索結果にtitleが出ない件のその後

 検索結果にtitleタグを使わないサイトがいくつかあったという件につきまして、動きがありました。

 本日、確認しましたところ、前回の記事でタイトルが長いため、h3タグを代用されていたサイトですが、現在ではtitleタグのままになりました。

<⇒追記>
 本日、夕方確認したところ、h3に戻ってました。キャッシュ日も変更。今後も動きそうな気配です


 つまり「元に戻った」ようです。(もちろん全てかはわかりませんが)

 重要なのはここからです。実はこれに従い順位変動を起こしていたのですが、それもある程度解消されています。

 今回の動きは次回アルゴリズム更新へのテストかもしれませんが、少なくとも順位変動がある修正がtitleタグに加えられるかもしれないということです。

 ただ、今回のテスト的な動きを「問題なし」と考えたのか、ちょっと無理があると考えたのか、それはまだわかりませんが、titleタグをむやみにSEO対策の道具としてキーワードを埋め込みまくるということへの、警鐘であることは間違いないですね。

 titleタグには、そのページをあらわすテーマともなるものを、きちんとシンプルに入力する必要があるということでしょう。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導のSEMアドバイザー公式サイトより承

ります。

今、話題のSEO関連の記事はこちら
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

◆ヤフーSEO検証ブログ(期間限定ブログ)
http://yahoo-jikken.sblo.jp/
posted by kame at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年11月14日

Yahoo!の検索結果にtitleが出ない件の分析

 ヤフーが検索結果の一部のサイトに対し、titleタグを表示しない件で、ちょっと調べてみました。

 どういう傾向があるのかということです。そこで分かったことが(ある意味分からないことといったほうがいいかもしれませんが)

 「英会話」のキーワードで調べてみました。

1位「英会話スクール」研究所⇒タイトルタグと違う

 こういうケースが「公式サイト」の場合には不思議でも何でもなく、通常のことなのですが、こちらは「登録サイト」です。

 なお、表示されているタイトルはヤフカテ「登録」時のものです。つまり登録内容が使用されていることになります。

 では、ヤフカテ登録サイトでないサイトはどうか?と調べたところ、そのままタイトルタグが使用されているものを発見。

 ということで、ヤフカテ登録サイトのみ長く書いた場合には短くなるのか!と思ったのですが、違いました。

 しかし、どうやら、登録していないサイトも短くされているのがあります。そこで使われていた、検索結果はページ内のどこにあったかというと、なんとH3から持ってきていました

 これで完全に分からなくなってきました。また、今まで頻繁にクロールしていたはずの有名サイトのキャッシュ日が、やたらと古い(例えば9月とかです)というものも多数発見

 ヤフーが何かを試していることは間違いなく、今月中に来るであろう次のアップデートで大きな変化を見せる気がします。

 現在の状況ではtitleタグの効力が減ったとは言いがたいのです。最新キャッシュのサイトのみが見直されているのであれば、分かるのですが、それもまちまちのため、よく分からないという状況です。

 とりあえず、ここ数週間は注意が必要です。お気をつけ下さい。

 <追記↓にあります>


◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導のSEMアドバイザー公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

◆ヤフーSEO検証ブログ(期間限定ブログ)
http://yahoo-jikken.sblo.jp/

続きを読む
posted by kame at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年11月11日

スタッフブログよりリンクスパム判定に対する補足です

 Yahoo!検索スタッフブログに10月23日の「リンクスパムとして報告されたURLのほぼすべてが『スパム』」という記事に対しての補足が入ったようです。スタッフブログの記事を抜粋すると

 一つはリンクスパムをできるだけ報告してほしいということ。そうすることで、YSTの性能があがり、より検索結果の精度があがるということ。
 言い換えれば、一緒にYSTを育てていきましょうということですね。

 そして、もう一つ。スパムサイトからのリンクが一つあるからといってもペナルティ判定をそれだけで下すことはないということ。
 最終的なリンクスパムの自動判定は、リンクされるサイトとリンクするサイトの内容のオリジナリティや関連性、リンクの量など様々な要素を考慮する、ということです。

 言い換えれば、いつも言われているように、テーマに関連性のある、オリジナリティのあるサイトからのリンクは評価しますということですかね。

 まあ、少なくとも怪しいリンクをもらいすぎるとペナルティ判定を受ける可能性もあるということですね。やっぱり、YSTの精度が上がれば上がるほどリンクを買うのは怖くなりそうですね。

 SEO業者さんも、同じテーマからのリンクだけで多数用意するのは難しいと思われます。つまり、リンクは自然な形で増えるようにもって行く。これがベストだということの再認識ですね。

 「ライバル社のリンクをスパム報告します!」っていうサービスをやる会社がでたら、SEO業界も終わりだ・・。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導のSEMアドバイザー公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

◆ヤフーSEO検証ブログ(期間限定ブログ)
http://yahoo-jikken.sblo.jp/
posted by kame at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年11月06日

やはり、Yahoo!とGoogleの提携解消

 もう、ニュースで話題になっておりますが、先般、合意された北米におけるWeb広告提携が撤回となりましたね。

 まあ、仕方ないと言えば、仕方ないですね。ヤフーの乗り気にグーグル側が様々な要因を勘案して撤回の道を選んだわけです。ヤフーは提携の範囲を制限する修正案を出しても、米司法省の懸念を拭い去れなかったですし。検索広告におけるグーグルの影響力が大きくなり過ぎて広告料金の上昇につながる可能性があるということが問題なんでしょうね。

 理由としては、グーグル側の一部の広告主が提携に懸念と持っていたというのも、その理由の一つでもあったでしょう(つまり広告費の増大ということですかね)。

 正直、ヤフーには一時的なメリットが大きかったでしょう。日本では強いヤフーも海外ではグーグルにおされっぱなしですし。
 とはいえ、この提携によって、益々グーグルのネット広告での支配力があがることで、自分で自分の首をヤフーはしめる可能性もあったわけです。

 考えようによると、ヤフーがグーグルのアフィリエイトをするようなものですよね。今回の話は。まあ、審査の末、貴サイトとの提携は残念ながら見送りとなりました。ということですね。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

◆ヤフーSEO検証ブログ(期間限定ブログ)
http://yahoo-jikken.sblo.jp/
posted by kame at 11:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年11月05日

ヤフーSEO検証テストの結果第一弾!

 先日、ヤフーの動きがサブドメインに対しておかしいという話を書きましたが、テスト的に作っている、「サブドメインに割り当てないブログ」での4日目の報告もこちらでさせていただきます。

 実際にはこちらの「ヤフーSEO検証ブログ」に経過を毎日書いていますが、あまりアクセスがそちらはないので、アクセスのあるこちらに書いておきます。

 先日書いたように、私の所持している独自ドメイン(1年以上経過)のサブドメインとして割り当てたブログがヤフーに一向にインデックスがされないので、それではサブドメインに割り当てなければということで、4日前から新規のブログを運営しているわけです。

 グーグルは2日目(つまり作った次の日)にはインデックスしました。本当にグーグルは仕事が早く、素晴らしい。

 結局、4日目現在は、インデックス数こそ、グーグルは1のままですが、無事にタイトル「ヤフーSEO検証ブログ」で検索して1位になりました。ちなみに「ヤフーSEO 検証」などでも堂々の4位。まあ、自慢できるキーワードではないですが。

 そして、ヤフーはどうかというと、全て「0」のままです。これはインデックスタイミングが遅いヤフーのことなので、そろそろ動きがあるのではないかと思っています。

 もし、サブドメインを利用したブログよりも先にインデックス数が点灯すれば(マジック点灯みたいですね)、サブドメインに何らかのペナルティを与えている可能性(新規のだけかもしれませんが)があるということになります。

 引き続き地味に検証していきます。
 とはいえ、次のインデックスのアップデートなんかで、全てひっくり返る可能性はありますが。

 とりあえず、「グーグルはさすが!」という結果をお伝えしておきます。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】

◆ヤフーSEO検証ブログ(期間限定ブログ)
http://yahoo-jikken.sblo.jp/
posted by kame at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年11月02日

ヤフーは新規サブドメインに厳しくなったのか?

 ここ、最近いくつかのサイトとブログを立ち上げているのですが、明らかにヤフーの動きがおかしいので、注意喚起をしたいと思いまして、この記事を書くことにいたしました。既にSEO塾さんでも同じような記事が出ておりますが、参考になるならばと思い、書かせていただきます。

 普通のホームページブログで同じような現象が出ていますので、その詳細を書かせていただきます。

 まず、前提として私は「さくらインターネット」をレンタルサーバとして利用しています。

 さくらでは用意しているドメインを利用したサブドメインを2つまで作ることができるのですが、10月9日にこのサービスを利用して作ったサイトが一向に認識されません。何でもインデックスするヤフーにしては珍しいとずっと考えておりました。

 ちなみにもう一つ(2つ作れるうちの一つ)のサブドメインは1年くらい前に作っており、こちらは問題なく認識しております。つまり、私のところでは、最近作ったものが、影響を強く受けています。

 もちろん、自分で言うのもなんですが、怪しい対策やプログラムは一切なく、ヤフー以外では順当にインデックスされ、また順位も上がってきています。サイトタイトルではヤフー以外は1位で問題もない状況です。(ヤフーはインデックスもされていないので、順位はなしです。)

 次にヤフーにインデックスされない別のパターンについてお話いたします。これまた、ここ最近作成したブログについてです。

 さくらではブログを50個まで作ることができます。そのアドレスは通常○○.sblo.jpとなるのですが、以前からあるものは、記事分、インデックスもされております。

 しかし、ここ最近作ったものは、認識されていません。ただ、この認識されていないブログには一つ特徴があり、さくらでは自分のサブドメインなどにそのブログのアドレスを割り当てる機能があるのですが、私の持っている独自ドメインのサブドメインとして、ブログアドレスを設定しております

 ちなみに、通常の○○.sblo.jpでも見ることができますし、私の作ったサブドメインでも見ることができるブログです。(ヤフーへの巡回申請や検索サイトへの登録は全て統一して私のサブドメインです)。

 そういえば、このブログもそうでしたね。サブドメイン化しています。公式サイトがhttp://sem-adviser.com/で、このブログはhttp://blog.sem-adviser.com/ですね。(このブログについては、まさかこのような状況を想定していなかったので、インデックス数の増減についての状況を把握しておりませんでした。今後check対象といたします)

 戻りまして、そのブログに関してもヤフーではインデックスは0です。ちなみにこちらは10月14日から毎日記事を書いています。(いくつかのランキングにも参加中ですので、ランキング経由でのアクセスがあります。)

 ホームページもブログもサイトエクスプローラーや、ヤフーへの巡回登録など、全て行っている旨も記しておきます。

 とにかく完全無視ということになりますね。

 ちなみに、前述したサイトはヤフーのオーバーチュアでリスティングをかけてみました。こちらは問題なく表示されています(当たり前と言えば当たり前ですが)。

 私としては、次回のインデックスやアルゴリズムのアップデートで何らの変化があることを待っている状況です。

 また、変化がありましたら、こちらのブログにてご報告させていただきます。

【追記】
新規ブログをサブドメイン設定を行わずに検証用に作成することにいたしました。検証が終われば終了します。

ヤフーSEO検証ブログ
http://yahoo-jikken.sblo.jp/

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年10月27日

ヤフーはnoframeはSEO評価アリなんですね!

 今回はフレームの話です。もちろん、私が書くということは悪い方のフレームです。いわゆるフレームスパムですね。

 毎度の事ながら、ここのサイトでは、特定アドレスを槍玉に挙げることはしませんが、結構ひどい内容です。

 いわゆる「frameset rows="*,1" frameborder="NO" border="0" framespacing="0"」という方法です。これは本来のフレームでも何でもないでしょ!

 しかし、ヤフーさんはある美容室キーワードで堂々の1位をさしあげていました。

 詳細を書きますが・・・

 トップページにテキストデータなし。
 と、思いきや、全てのページにテキストデータなしでした。
 画像のみのしかも総ページは4ページ。
 ヤフカテ登録なし。
 159万件中1位です。


 悲しすぎますね。完全なるクローキングです。

 一時期はこの手のフレームスパムは多くあったのですが、まだ健在でしたね。以前もこのお店はそうだったんですが、リニューアルして、さらに強引にやってます。

 実は美容室業界のサイトというのは、どうしても、フラッシュやら画像やらのイメージ先行のところが多く、テキストを真面目に書いていくというのをやらないサイトが多かったりします。

 さて、ソースを見ていきましょう!

 「すごすぎる・・・・」

 noframe の中身はまさに素晴らしいの一言と言えるくらい、きちんとした美容室の説明が書いています。トップページに電話番号や住所なんて見えもしないのに、ソースには数店舗分の細かい住所や電話番号、休みまで丁寧に書いてくれています

 ヤフーさんのスパムサイトは許さない宣言はどうなっているのか?そんなにnoframeをみやぶるのは難しいのか。

 ほとんどのこのパターンは「rows="*,1"」なのでわかりやすいのにと(こんなこととを書くと2にするのが出てくるかも^^;)、個人的には思うのですが。1ピクセルのページなんて読めるわけないでしょ!って思います。

 それでも、1位になるんですから、このデザイン業者は、「勝ち」以外の何者でもないのですからね。一般人はソースコードなんて見ません。

 YSTの今後の進化を期待しつつ。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | Yahoo!対策

2008年10月26日

寂しいかな。ヤフーカテゴリの新規登録サイト

 Yahoo!JAPANの最近の新規カテゴリ登録されたサイトを見てみたのですが、悲しいくらいにビジネスエクスプレスの登録サイトばかりですね。

 また、芸能人(アイドル)やアナウンサーのブログの多い事。あとは、時期が時期だけに、大学や短大の新設学科のページなどですね。

 そんな中、面白いブログが(ビジネスエクスプレスではないと思われます)登録されていました。

 あるカフェで働く植物が主人公のブログです。カフェなので主体を自分にすると、ビジネス扱いになるかもしれませんが、これが植物であれば、話は別ですね。

 ちょっと見かたを変えると、ヤフーカテゴリに登録されやすくなります。オリジナル性がとても大事だということです。
 
 しかし、これだけ似たようなブログが所狭しとしのぎを削っている現在、なかなかヤフーカテゴリ無料登録は、以前の難易度とは比べ物にならないと言うべきでしょう。

 私は以前はヤフカテハンターではないかというくらい、無料で様々なサイトを通してきましたが、最近は、なかなか難しさを感じます。

 ヤフーも他に似たようなものがあれば、登録をしてくれませんし。次回はヤフカテ登録だけを目指したサイトでも作ってみるかと思ってしまう今日この頃です。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年10月23日

Yahoo!検索スタッフブログより〜アフィリエイトサイトはスパムサイトの危険あり!

 Yahoo!検索スタッフブログにて、先ほど「リンクスパムとして報告されたURLのほぼすべてが「スパム」」というタイトルの記事がアップされました。

 Yahoo!検索サイトエクスプローラーのリンクスパム報告についてのコメントですが、このコメントにもあるとおり、スパムサイトからの不適切なリンクをもらうと、リンクファームの一部とみなされて、知らずにリンクを受けている側もランキング降格やインデックス削除の巻き添えにあう可能性があるということです。

 このリンクスパム報告で寄せられたものの約90%がスパムサイトだったとのことです。そして、ヤフーがスパムと認定しているものについて記載してありましたので、ご注意下さい。

・アフィリエイトのみで中身がないサイト。
・ある特定のサイトへの誘導が目的のサイト。
・自動で作成された文章に、アフィリエイトを掲載しているサイト(いわゆる「ワードサラダ」)。
・他サイトからの引用で記事を作成し、アフィリエイトを貼り付けているサイト。


 これらがヤフーが考えている代表的な「スパムサイト」とのことです。実際には、アフィリエイトのみのサイトはかなりの数に上りますし、スパムサイトの認識がなく、アフィリエイトに精を出している方も沢山いると思います

 そういう方との相互リンクは危険だということがここでもはっきりと書かれています。

 結論から言えば、ヤフーのカテゴリ登録の基準ではありませんが、オリジナリティある、有益なサイトが望ましいということですね。

 皆さん、アフィリエイトサイトを作るにしても、きちんと、中身のあるものにしましょう。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年10月20日

キーワード「エステサロン」はよく動く

 今回のテーマはキーワード「エステサロン」です。

 前もってお断りしておきますが、私はエステサロンには行ってません。これは間違いないようにお願いいたします。(まあ、行っていても問題はないですけどね。)

 以前にも書いたように、私は様々なキーワードのトップ100の動きを追っています。このキーワード「エステサロン」をなぜ取り上げたかといいますと、10月15日のヤフーのインデックスのアップデートから、余震は静まっているはずなのに、このキーワードは何故か元気で、ゆれ続けているようです。

 一度余震は2〜3日で終わったようですが、19日、20日と平均で15位前後の揺れが観測されています。

 ちなみに似たようなキーワードの「ダイエット」はというと、無事に余震は収束しています。

 これが意味することはなんなのだろうか?一つ言えるのは「薬事法」が絡んでいるサイトはヤフーも気を使っているということなのだろうか?と勝手に想像してしまいました。

 とはいえ、動いているのは上位というよりも、30位以下のサイトなわけですが、もしかすると、エステサロン系のサイトを管理しているところは、それだけSEOの修正などをすばやく仕掛けていると言うことなのか?と感じました。(こちらの方が可能性が高いですね)

 実際には私のクライアントには「エステサロン」はありませんので、細かくは調べていませんが、自分の管理以外のキーワードを見てみると、面白い発見があるものです。

 しかし、SEOにお金をかけていそうな業界ですね。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年10月16日

Yahoo!インデックスアップデート分析?

 10月15日のYahoo!インデックスアップデートについて、今回も様々なビッグキーワードで調べてみました。

 日々各種のキーワード上位100位をチェックしているのですが、今回の変動はそれほど大きくないかなというのが、感想です。特に上位の変動は微々たるもので、それほど大きい変動や影響を感じませんでした。

 つまり、前回のアルゴリズムの更新の流れをくんでいるという感じでしょうか?

 私の管理サイトは、全てが上向きになりました。その動きは小さいもので1位アップ、大きいもので9位アップ程度でした。(これは現在の順位によるところが大きいわけですが)

 内部SEOをきちんとしていると、上がりやすい傾向であることは、ヤフーらしいかなと思っています。

 ちなみになぜ、ヤフーは内部SEOが強いと言い切れるかと言いますと、管理サイトの中に、故意にほとんど外部リンクをはっていないものがあるからです。実験ということも踏まえてではあるのですが、検索エンジン登録なども、最低限にしかしていません。いわゆる人工的にツールで増やすなどもやっていません。ただ、サイトの中身は充実していっています。そのサイトが毎月のようにじわじわと上がっています。

 さて、今回は何か面白いものはないかな?と調べていたところ、ありました。一つ面白いサイトが上がっていました。

 私の管理サイトではないので、サイト名は伏せますが、単一キーワードで圏外から15位に上がっていました。

 しかし、中身を見るとなんか、おかしい・・・。と、じっと中身を見ていると、

「作りかけ?」


 のようなサイトです。いわゆるテンプレートのサイトかもしれないのですが、トップページに複数の「ダミーのテキスト テキストが入ります。テキストが入ります。」が!

 他のページも見てみると、「テキストが入ります。」が連発されているだけです。トップページだけは、一部はきちんとコンテンツがしっかりとしていたわけですが。

 このサイトってなんで、急に上に来たのか?とつい思わずにはいられませんでした。今までは圏外、そして今は15位。ヤフーは面白いですね。

 せっかくなんで、このサイトの詳細を調べると、ドメインをとったのが2006年12月、バックリンクはほとんどなしです(当たり前ですが)。いわゆる放置ですね。

 おそらく作った本人も気付いていないだろう、この順位アップ。ヤフーも味なことをするものです。

 今回は分析でも何でもなくなりましたので、記事タイトルに「?」をつけておきました。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年10月15日

ヤフーインデックスアップデート告知入りました

 ついさっき、動きがあると書いたヤフーですが、正式にスタッフブログに告知が入りました。

 Yahoo!検索において、Yahoo! inc.が開発しているウェブサーチエンジン「Yahoo! Search Technology (YST)」のインデックスのフルアップデートを開始しました。(スタッフブログより抜粋)

 少なくとも今日、明日は目が離せません。ご注意下さい。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

10月15日 ヤフーが動き出しました

 ヤフーが動いているようです。まだ、告知がありませんが、少しずつ動きがありますね。

 おそらく、まだ動き出してから時間がたっていないと思いますので、どれくらいの変化が来るかは様子を見たほうがよさそうです。

 いつもながら、修正などはちょっと待ってからの方が良いでしょう

 現在のところ、それほど大きなものではないように感じますが、私の管理サイトは概ね上がっているようです。

 細かい内容チェックは後日。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年10月14日

ヤフー画像検索のアルゴリズム

 ヤフーの画像検索。いずれSEO対策上も重要な位置づけとなるかもしれないということで、いくつかのキーワードでどんなものが上位に表示されるかをチェックしてみました。


○調査キーワード
・「業種」+「地図」での調査


○調べる前の想像(予想)
・alt属性がかなりの割合で影響を与えている
・検索キーワードの言語が忠実に影響(日本語や英語など)
・ページ全体のキーワードが多少影響を与えている。
・サイト全体のキーワードが多少影響を与えている。
・そのページのタイトルタグが影響を与えている。
・もしや画像を「地図では?」と認識している。


○調査結果
・意外にもalt属性が入っていないものも検索。
・「地図」で検索したが、英語のサイトを検索表示。当然のことながら「map」というキーワードは存在していた。
・タイトルやmetaタグにも一切キーワードが入っていないもの続出。
・ページ全体にたいしてキーワードが入っていないサイト続出。
・画像を認識しているようには思えないが、「map」とファイル名に入っているものは(それだけではないですが)多く検索されていた。
・かなり古い画像(サイトには結構前から消えている画像)があったので、画像インデックスの更新はかなり遅い。
・hタグを使い(調査ではh2を使用)、○○の地図と書いていたものが検索されていた。


○調査により感じたこと。

 まだ、画像検索アルゴリズムはどの要素という決定打は見当たりませんが、alt属性よりも「ファイル名」に検索されたいキーワードを英語で入れておいた方が良い気がしました。(いわゆる共通で使われやすい英語ということですね。)

 また、画像サイズは7KBから700KBまでありましたので、サイズはあまり大きくなければ問題ないかと思われます。画像形式もgif、jpgはもとより、php拡張子まで検索されていました。

 地図があるのと同じページに画像がいくつかあると、地図ではない画像が表示されていることもあります。画像の位置や、大きさ(ピクセル寸法)が関係しているのかもとも思いましたが、特に特徴はまだ感じられませんでした。

 まだまだ、進化し切れていないこの「画像検索」、ファイル名を中心にalt属性などの基本部分を忠実に検索されやすいキーワードにしておくことが、現在の対処法かと思われます。ご参考までに。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年10月02日

ヤフーのあるキーワードでの2つのサイトの比較分析

 前回書いたサイトにさらに順位変動がありましたので、ここでそのライバルサイトとの比較を含めて書いてみたいと思います。長くなりますが、よろしければお付き合い下さい。(長いので今回は色をつけて読みやすくしています。)

<登場サイト>
 サイトA:私の管理サイト(サイト開設から5ヶ月)
  
 サイトB:ライバルサイト(サイト開設から3年2ヶ月)

<キーワード>
 クライアントの関係で秘密。単一キーワードでヤフーで198万件ヒット。

<背景>
 サイトBはここ2年間は1〜2位を維持。アフィリエイトを幅広くやっており、いろんな人がリスティング広告をかけています。また、アフィリエイトによる第三者のサテライトサイトは数多く存在します。一時は公式サイトを抜いたりするほどのサイトです。ヤフカテ登録、X-Listing登録は済んでいます。Jリスティングはなし。ページ数はサイトAの約8倍

 そこに新規開設でサイトAを作るという話でSEOの話が私に来たわけですが、予算の関係もあり、内部SEOを徹底的に実施。ヤフカテ登録のみ済み。外部の被リンクはお金のかからない安全なサーチエンジンをメインに登録。

<現在のヤフー順位>
 サイトA:2位
 サイトB:3位
 *公式サイトが1位となっています。

<分析>
 今回は他の要素の数字はあげませんが、いわゆる有効と思われているようなもの(外部被リンクなど)は全てライバルサイトの方が上です。そのため、グーグルの順位はライバルサイトの方が上です。(サイトAは開設5ヶ月ということもありますが)。

 では、今回の調査で何を感じたか?

 ライバルであるサイトBはアフィリエイトにせっせと精を出していますが、内部SEOは手抜き部分が多く、修正の余地が多く残っています。

 descriptionも、ページのではなく、サイトの詳細を書いていますが、どれも似たような内容。キーワードにいたっても、多少の数の違いはあれど、ほとんど同じ(全く同じではありません)のため、そこだけを見たらロボットからは、テーマの違いは認識できそうにない状態です。(サイトAは細かく、ページ内要素を検討し、作成しております)

 また、ヤフカテ登録文に、主要キーワードは入っているのですが、その内容がそれほど良くないというのもあります。

 サイト全体のテキスト本文については、サイトAはSEOを意識したこともあり、関連ワード、キーワード近接度等を細かく検討し、記述しましたが、サイトBは本文テキストは豊富にありますが、そのようなSEOへの配慮はないというのがあります。

 これを考えると、ヤフーはサイトの内部をより強く見ていると言っても過言ではないと言えます。

 最近はヤフカテ登録サイトからのリンクを売りますとか、何とかいろいろとありますが、個人的にはお金の切れ目が縁の切れ目的なSEOは好きではありません
 言い方を変えれば、小さい企業でも勝てる可能性(あるいは勝負できる可能性)のあるのがSEOだと思っています。紙媒体の時代ではこうはいかなかったわけですから。

 今後の流れは別として、中身をきちんと作り上げればヤフーは評価するという良い例となったと思っています。グーグルの順位もサイトAは地道に上がってきていますので、今後がより楽しみな戦いとなっていると思います。


◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2008年09月28日

見出しタグ乱用におけるTDP実験

 実は白状しますが、以前、自分のサイトでTDP(トップページダウンペナルティ)はどれくらいのことをすれば起こるのか?ということを陰ながら試したことがあります。

 しかし、ここはきちんとした形を整えてからということで、まず、ビジネスエクスプレスでヤフーカテゴリ登録を済ませてから行いました。

 かなり危険ではありましたが、TDPは元をなくせば戻るであろうという考えのもとに行いました。

 その実験とは「h2タグはいくつ使うとTDPが起こるか?」ということでした。その方法はと言いますと、

 各ページのメニュー項目に「h2」を指定したわけです。

 この方法でh2と指定される数はというと、メニューが10項目であれば、1ページ内10個、各ページにメニューはあるのでサイト全体で100個というわけです。

 これをメニュー項目を増やしつつ確認をしていった結果、15個目のメニューの時(つまりサイト全体では15×15です)にTDPを見事に食らいました。

 実験していながらも、TDPにあうとさすがにあせりました。そしてすぐに「h2」を取り払うことで1ヶ月程度で元に戻ったと思います。ちなみにTDP前は検索キーワードで3位でした。

 原因が分かっていただけに、戻すのはすぐでしたが、原因が分かりにくい場合には、とてもあせるTDPには気をつけましょう。
 見出しタグでも何でも、使うべきところに使うものであるということですね。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策