2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2010年01月27日

順位が落ちたときに想定されるいくつかの可能性

 昨日のYahoo!インデックスアップデートを受けて、今回は順位が落ちたサイト管理者のために、想定できる事をいくつか書いてみます。

 一例でしかありませんので、「私はこうだと思う」というものがあれば、それも正解だと思います。


<仮の条件>

 とりあえず、落ちるといってもいろいろなケースがありますので、今回は仮の条件を決めてみたいと思います。

・サイト内コンテンツの「ある1ページ」がYahoo!で圏外へ
・トップページはほぼ変動なし
・Googleでは上位維持


 仮の設定ということで、あまり細かく書いても分からなくなりますので、このような条件にしました。つまりは、サイト内の1ページが上位にあったのに消えた、という事です。


<落ちた原因を探る>

 まず、Googleでは落ちていない事から、中身はある程度しっかりしているものと想定します(想定ですよ)。また、Googleでは問題のないページだと言えます。

 検索順位が落ちる場合には、競合サイトが上がったというケースも考えられます。つまり、自分のサイトが下がるというよりも、周りが上がったから、下がったように見えるという事です。

 ただ、このケースのように、圏外にいく場合には、大きな影響が起りやすい要素が原因と考えるのも一つの仮説として成り立ちます。

 例えば、そのページの、一部の文章がおかしいからといって、いきなり上位から圏外へというのは、考えにくいわけです。もちろん、検索エンジンが見ても、自分が見てもやりすぎな点があれば、それは怪しい点です。

 一つには大きな影響を与えやすい、被リンクの評価の変更が想定できます。被リンクの質とか数とか、そういうものが考慮されたという可能性ですね。

 そしてもう一つ。それは、Yahoo!がそれまではマイナス評価とまではしていなかった点が、ペナルティ要素として考慮されてしまったケース。

 つまり、グレイなスパム要素が、ブラックに認定されるという可能性です。そのページがそれに該当すると、一気に圏外に消える可能性もなきにしもあらずです(断定はしませんよ^^;)。

 その逆に、今まで評価していた点の評価を思いっきり下げてしまったという可能性もありますね。 

 もちろん、それだけではありませんが、大きく順位が変わった場合には、評価が大きく変わりやすい点を考えてみるというのは大切な点です。

 もう一つ仮説を立てるなら、そのキーワードでは、他はトップページが出ていて、自分の所はサブページだった。そして、トップページの評価が「思いの他」上がった、などという事も可能性としてあるわけです。

 まあ、実際にはアルゴリズムは複雑で、いろいろな要素の足し算、引き算で順位が決まります。これ一つで、というのはないのですが、大きな順位変動には大きな要素というものはあるはずです。

 実際には想定外の内容も、もちろん考えられます。

 今回の記事は、順位が落ちたサイト管理者に、いろいろな可能性を考えてもらいたいと思って書いています。

 何か思いつく節があれば、是非、試してみてください(もう数日は様子見した方がいいですけど)。

 SEOの実験は、うまく行くと楽しくなります。あくまで一例として、いくつかの可能性を書かせていただきました。

100127自戒の言葉



▽▼▽▼▽
「原因を探りたくなりました」と思われた方はクリックして下さい。ブログ村ランキング参加中です。


◆セルフSEO指導のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 15:59 | Comment(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。