2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年11月30日

SEOばかりを意識したタイトルはやめましょう

 今回のテーマは「SEOばかりを意識したタイトルはやめましょう」という事です。

 SEOを意識するな、という事ではなく、「検索エンジンを意識しすぎない」と言う事ですね。

 何か目的のある方はキーワードが増える傾向が強いです。これはご存知の通りです。

 いつもの例で申し訳ありませんが、私がもし「新宿で英会話」を学びたいと思ったら「英会話」だけでなく、「英会話 新宿」など、「地域」を指定しています。目的があるからです。

 ここではあえて検索結果は出しませんが、検索エンジンのことしか考えていないタイトルをつけているケースが見受けられるという事です。ユーザーがスペースを入れて検索するからと言って、そのままスペース入りでタイトルを入れているという事です。

 全く悪いわけではないのですが、それが不自然なケースがあるという事です。上手な方はスペースをタイトルに入れても、とても分かりやすく、そしてクリックしたくなるように作っていますが、どう考えても怪しい文章になっているケースがあります。

 例えば「○○ ○○ ○○ ○○」

 など、単語を区切って書いただけのケース。上位に来れば良いというものではありません。これは怪しくてクリックできません。少なくとも私はクリックしませんね。

 この辺のテクニックはリスティング広告を見ると、その担当者の技量の差がはっきりとでているようです。正直、素晴らしい!と思う文章をよく見かけます。

 SEOではユーザーが入力するキーワードを意識する事はもちろん大事ですし、否定はしません。しかし、その後にユーザーが「感情を持って読む」という事も意識しなければ、その効果は大きく減ることになるでしょう。

 検索エンジンで上位に来ることだけを意識して文章を作る事は避けるべきです。

091130自戒の言葉



▽▼▽▼▽
「確かにそういうタイトルはどうかなぁ〜?」と思った方はクリックして下さい。ブログ村ランキング参加中です。


◆セルフSEO指導のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 11:54 | Comment(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。