2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年11月27日

検索エンジンの気持ち、人の気持ちを考える

 検索エンジンには残念ながらサイトのデザインやストーリー、メッセージを人のように感じることはできません

 それゆえにソースコードが大事なわけです。

 検索エンジンにきちんと理解をしてもらうためにマークアップをしてあげないといけない理由はそこにあるわけです。

 人はその反対です。

 ソースコードを見ている人は、本当にごく僅かであり、その手の仕事をしている方のみです。

 間違えても、「表示」−「ソース」の項目を使う事はないでしょう。

 一般の方がソースコードが汚いから、ここでは買わない!などということは考えらませんね。

 つまり、テーブルレイアウトであっても、何であっても、自分の価値基準で「OK」だと思えばOKなわけです。

 100人が100人満足するデザインはありませんし、メッセージも同様です。イメージもしかりです。ユーザー層の合格点の基準に入っていれば良いわけです。

 しかし、なるべく多くの人が納得するものにするという努力は可能なはずです。

 例えば、「花粉症」で考えてみましょう。

 花粉症の人に響く言葉は何か?空気清浄機などを販売する場合には、この言葉一つで決め手になることも多くあります。

 また、花粉症の方が気になるイメージはどんなものでしょうか?

 花粉症などに本当に悩んでいる方の場合、安いから買うという方はそれほどいないと思います。

 効果があるのであれば、多少高くても買いたいというのがあるでしょう。安くても効果がなければ意味がないからです。

 商品の特性に応じて、どこに重点が置かれるかは変わりますが、ユーザーの気持ちを考えた場合に、本当にそのメッセージ、イメージ画像で良いのかを考えてみましょう。

 その時にこう考えて下さい。

「もう1つだけ何か工夫をするとしたら」


 という事です。欲張ると何もやらない事が多いので、例えば何かのページが出来たら、アップする前に上記の言葉を思い出してください。

 もう1つだけ工夫をする、です。

 きっと、1つだけなら何か出てくると思います。人の気持ちを考えると、それほど悩まずに出てくると思います。

091127自戒の言葉



▽▼▽▼▽
「HPを見直してもう一つだけ工夫をしてみようかな?」と思った方はクリックして下さい。ブログ村ランキング参加中です。


◆セルフSEO指導のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 12:52 | Comment(0) | LPO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。