2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年10月30日

Google Insightsで世相を追ってみる

 ご存知「Google Insights for Search」はとても便利で重要な情報を提供してくれます。

 今回の記事では、今年の11月〜12月にむけての様々な戦略を練る上で、昨年、そして一昨年など、どのような傾向があるかを見ていこうと思います(11月、12月の戦略は今からでは遅いという業界ももちろんあると思いますが、参考としてご覧下さい)

 まずは設定を紹介します。

Google Insightsでの2008年の設定


 画面が小さいので一番左の設定部分を切っておりますが、「比較基準」は「地域」にして、「日本」を画像の通り指定しています。

 そして検索クエリはいれずに、期間の部分は一番下に「期間を指定」がありますので、ここで2008/11〜2008/12を指定しています。もちろん、2009/2までとかでも構いません。

 カテゴリはサンプルなので、すべてを選択していますが、自社のカテゴリを選択すると良いでしょう。とはいえ、「小分類」まで行きますと、結果が出ないことがありますので、適度に選択をしなおしてください。

 さて、これで「検索」をしていただくと、二つの指標が表示されますが、その右側が前の期間と比較して検索が増えたクエリです。

2008注目検索クエリ


 思い出すキーワードも多くあるのではないでしょうか?

 同様の方法で2007年の同期間を調べてみると結果は以下の通りです。

2007注目検索クエリ


 今回は全てのカテゴリを選んでおりますので、大雑把ではありますが、カテゴリーを指定して、このような方法で検索をしていくと、面白いものが出てくるかもしれません。

 もちろん、通常通り、自社キーワードが固まっている場合には、その検索クエリを入れて調べてみるのも良いでしょう。

 1年を通してのデータを見るのではなく、期間指定することで、見えてくるものがあるかもしれません。

 また、どういうキーワードの検索が多くなるか分かっていても、出遅れることもあると思います。戦略を練る場合には、はやめに動く事が大事です。

 とはいえ、今回のデータは1年、そして2年前のデータです。このデータの動きをどのように考え、どのような戦略を練るかは貴方次第です。

 まとめますと、「Google Insights for Search」は、使い方次第でとても便利です、という事です(そのまんまですいません^^;)。


▽▼▽▼▽
この記事を読んで「確かに便利なツールだ!」と思った方はクリックして下さい。ブログ村ランキング参加中です。


◆セルフSEO対策のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 11:49 | Comment(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。