2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年10月19日

必見!Pay Per Post実施サイトの検索順位の途中経過第二弾!

 先日「Pay Per Post実施サイトの検索順位の途中経過第一弾!」ということで、第一回目の経過報告をいたしました。

 第一弾の後、面白い動きが出ていますのでお知らせいたします。その前に、前回の記事(そしてその記事内にある実験内容の記事)をご覧下さい。お読みにならないとよく分からないと思います。

 実は本日、この記事を書くことにしましたのは、ひとつには大きな変動が前回の記事の後にあったこと、そしてYahoo!が動きそうな気配があるので、アップデートの前の状況を一度まとめておきたかったからです。アップデート後に動きがあれば、第三弾として記載することもあるでしょう。

 また、今回、予定では「Aサイト」(既にすごい被リンクのあるサイト)の動きと思いましたが、今回も「Bサイト」のその後を書かせていただきます。今回の記事でPPPでの効果が見えているとも言えますので、重要だと思います。


<被リンク数の変化>

被リンク数の変化


 PPP(Pay Per Post)での記事依頼が入ってから、被リンクが倍程度まで増えてきました。参考までに1日あたり30〜80程度の増加となっています。


<キーワードによる順位変化>

 今回はサイトタイトルでのキーワードの動きは省きます。その後も1位ですので変わりはありません。


★キーワード1の順位変化(サイト内にあるキーワード1)

サイト内にあるキーワード1


 前回のブログでは見る見る順位が落ちてきましたが、その後、Yahoo!で見事にジャンプアップしました。本日の時点で4位です。検証期間で一番低いランクが148位という事を考えると、PPPが少なからず影響していることがわかるでしょう。


★キーワード2の順位変化(サイト内にあるキーワード2)

サイト内にあるキーワード2


 こちらは、前回は圏外であったキーワードです。本日3位です。これもPPPのおかげといえることができるでしょう。

 どちらのキーワードもGoogle、Bingはその関連性は何とも言えませんが、Yahoo!でははっきりと効果が現れているという状況です。

 なお、参考までに書いておきますと、キーワード1もキーワード2も、対象リンク先であるトップページのtitleにはキーワードの記載がありません。

 そもそもトップページにそれらのキーワードへの言及はそれほどないのです。これが何を意味するかは想像がつくと思います。

 つまり、このキーワードで現在の順位を獲得している理由、それはPPPによる被リンクの可能性がおおいにあるということです。

 ただ、これも途中経過の1つでしかありませんので、Yahoo!のアップデートが起った場合に、どのような事になるかは、しばらく待ってみないと分かりません。

 そして、今回は触れていませんが、Aサイトについて、少しだけ書いておきますと、Aサイトは既に被リンク数が多く(本日600万近く)、PPPで被リンクが増えたところで、ほとんど関係がないようです。

 ランキングで申しますと、実際には下降気味(キーワードによっては動きなし)となっています。

 そのため、PPPが効果を発揮する状況というのは、現在のサイトの状況にかなり左右されると感じます。

 元の被リンクが少なすぎる(例えば100未満など)場合の検証をしていませんので分かりませんが、PPPの良し悪しは別としまして、効果が出る可能性もあるということは言えるでしょう。

 現在、PPPの検証サイトをさらに増やしておりますので、何かありましたら、またこちらでご報告いたします。

 最後になりますが、本記事はPPPを否定(肯定)する記事ではありません。PPPを実際に行なっている企業の順位を検証しているだけです。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
◆セルフSEO対策のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 10:12 | Comment(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。