2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年09月28日

孔子の名言〜GoogleのQDF実験

 今回の記事は「孔子の名言」について書きます。

 実は、GoogleのQDF(Query deserves freshness)を活用したアクセスアップ実験でもあります(半分ネタです)。

 本記事執筆時点でのGoogleの急上昇ワードの1位は「孔子 名言」です。

 ということで、その急上昇ワードを記事にしてみたら、どれくらいこのキーワードでアクセスがあるかという実験です。

 実験とはいえ、中身がないといけませんので、孔子の名言を紹介してみます。

 孔子とは儒教の経典「四書」のひとつ「論語」の中心人物ですが、様々な名言・金言を残している方です。

 その言葉はとても深く、現代においても全く色あせることはありません。

 今回は私が思うに、Web戦略においても深い言葉を紹介いたします。


速やかならんと欲することなかれ。小利を見ることなかれ。
速やかならんと欲すれば則ち達せず。小利を見れば則ち大事成らず。



 訳を書かないでもニュアンスは伝わると思いますが、

すぐに成果を出そうとあせってはいけない。目先の利益に捉われてはいけない。
すぐに成果を出そうとあせると、結局はうまくはいかず、目先の利益だけを追っていると、結果として大事を成すことは出来ない。


 というような意味になります。


 おそらく、目の前に「深イイ」ボタンがあれば、押してくれる方多数だと思いますが^^、時代が変わっても、同じことは言えるのではないでしょうか?

 
 と、実験と言いつつも、孔子の名言のサイトやブログはとても多いので、このキーワードでのアクセスがあるかは分かりませんが、その実験はさておき、私自身も含めて、肝に銘じた方が良い言葉だと思いまして紹介させていただきました。

 
 このような言葉は、聞いただけで納得でき、そして自分の方向性に影響を与えるパワーを感じますね。

 と、記事を書いているうちに、急上昇ワードからはずれたりするわけですが、そこはご愛嬌^^。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
◆セルフSEO対策のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック