2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年08月22日

SEO対策業者に学ぶキャッチコピー

 本日、SEO対策業者のサイトの「キャッチコピー」を学ぼうとかなり多くのサイトを巡回してきました。

 この「SEO対策」というキーワードは激戦区です。その激戦区を生きる会社のWebサイトのSEO対策ならぬ「キャッチコピー」及びデザインなどをじっくり見てみようと思ったからです。

 とはいえ、あくまで今回の基本は直感です。直感でどう感じるか?という事を私自身が見たかっただけですので、ソースコードなどは一切見ておりません。

 今回、改めて思うのは、ほぼ同じサービスなのに、言い回しというのはいくらでも出てくるものだ、という事ですね。


 多いのは以下のようなキャッチです。

 1.完全成果報酬型

 2.初期費用無料

 3.1キーワード1社独占

 4.10位以内に入らなければ全額返金



 やはり、1番の完全成果報酬型というのは、ここ最近の流れですね。その成果報酬の中身は大きく異なると思いますが、ハードルを下げるのには持ってこいのキャッチでしょう。

 他の業種でも同じ事が言えますが、「成果が出なければお金がかからない」というのは、分かりやすい情報と言えます。

 誰にでも分かる言葉に言い換えて、お得感を演出するということは、どの世界でも重要なポイントです。

 今回調べて、「こんなのもあるのか!」と思ったのは、ランクインしなければ、初期費用の返金に加えて違約金を返してくれるという会社です。

 もちろん、この部分はこの会社の「一番の売り」なので、トップのメイン画像にはっきりと表示しています。

 そして、もう1つ、意外と多いのが、女性をメイン画像(海外の女性なども多い。)にしている会社です(前から多いですけど)。

 これはSEOという胡散臭い世界(一般企業から見ると)のイメージを払拭する狙いだとは思いますが、優しく安心な企業イメージを感じ取ってもらうという意味では、これもありでしょう。


 しかし、今回、一般のユーザーの気持ちになって思ったのですが、そもそもSEO対策などという言葉はテレビでも流れないニッチなキーワードですよね。

 ここまでネットの世界では有名なのに、いわゆるテレビなどのメディアに流れないキーワード「SEO」って不思議・・・と、ふと思いました。

 だから、「セオ」とか「セム」とかって言われてしまうんですよね。

「セムアドバイザーの亀田さん?」

「いえ、エス・イー・エム アドバイザーの亀田です^^;」


 という会話を何度したことか・・・。



面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
セルフSEO対策のご相談はSEMアドバイザー
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック