2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年08月19日

Google Insights for Searchが日本語対応、そして意外と気づかない面白い機能

 キーワードの傾向や人気の変遷、その他重要指標が分かる便利なツールとして有名な「Google Insights for Search」ですが、ついに!日本語に対応しました。それと同時に様々な新機能を追加しましたので、ご紹介したいと思います。

google_insight1.gif



<サンプル>

 私のサンプルと言えば「英会話」ですね(知らないよという方がほとんどかもしれませんが・・・)。

 ということで、「検索クエリ」を4つほど登録してみます(5つまで登録できます)。下図の赤丸部分を押すと「検索クエリ」を追加できます。

 1.英会話
 2.英会話スクール
 3.英語教室
 4.英会話教室


 今回のケースでは右側のフィルタの「すべての国」を「日本」に変えます。

google_insight2.gif


 さて、検索しましょう。その結果を順番に見ていきます。

google_insight3.gif


 右の赤丸部分は今回の新機能の、予測機能です。今後、こんな感じでいくのでは?という予測が出ています。点線なので、予測だということが分かりやすくなっています。

 そして、もう1つの新機能、チャートの埋め込みが出来るようになりました。青丸部分には「このチャートを埋め込む」と書いています。そこをクリックすると、コードが出てくるのですが、そのコードを埋め込んだのが下の図です。



 マウスに合わせてその時期の状況を確認できる優れものです。iGoogleの布教活動に見えるのはご愛嬌です。

 そして、その下にさらに行くと、地域別人気度が分かります。赤丸で入力したキーワードを選択します。同じようなキーワードでもちょっと言葉が違うだけで、人気地域が違うのが分かります。これは面白い特徴ですね。

 「英会話」「英会話スクール」だと「東京」は1位。「英語教室」「英会話教室」だと「東京」は10位にも入っていません。自社の地域性を考えて利用できるデータだと思います。

 さて、地味に面白いのが青丸部分です。「時間の経過による変化を表示」というもの。

 なんだろう・・・?

 と思いませんか?

 実はこれアニメーションで時期による人気地域の分布を見ることが出来るのです。

google_insight5.gif


 クリックすると「プレイボタン」が出てきますので、クリック!早くて分からない!という感想はおいときまして、最初の検索期間を2009年に絞るなど、細かく絞るとより分かりやすいかもしれません。

 そして最後ですね。

google_insight6.gif


 「人気の検索クエリ」と「注目検索クエリ」が分かります。これも赤丸を変更することで、それぞれのキーワードに対するデータに変わります。「注目検索クエリ」では日本語でどう訳すかと思われていたものが「急激増加」って、そのままで訳されていました。

 すごく増えているからチェックしましょう、という検索クエリです。

 また、ここの青丸部分をクリックすると、これまたコードを埋め込むことができるのですが、どうやらこの二つは最大で直近90日間のデータのものしか埋め込めないようです。そのため、データ不足というケースでまともに表示されないこともあるようです。

 ただし、最初に期間を30日などに設定していると、30日間のデータしか表示されません。

 長々と書きましたが、とても便利なツールの日本語化ですので大歓迎ですね。

 SEM-LABOさんでも既に今回の件については「Google Insights for Searchが日本語に対応、更に予測機能が追加」が投稿されていますので、あわせてご参照下さい。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
セルフSEO対策のご相談はSEMアドバイザー
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック