2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年08月17日

今後のSEO対策に必要な2種類の戦略と現実

 今後のSEO対策は2種類の戦略が必要と書かせていただきましたが、このブログをいつもご覧になっている方、また、SEO対策を常々行なっている方であれば、もうお分かりかと思います。

 1種類目はリアルタイム検索を視野にいれたSEO対策。

 2種類目はどっかりと腰を落ち着けたSEO対策。


 今までは、上記2番目をメインとしているところがほとんどですが、今後はTwitterを初めとするリアルタイムな情報も、とても重要となってきます。

 しかし、SEO関連のブログを読まれている方であれば、Twitterなどのリアルタイム情報はもはや「当たり前」かもしれませんが、一般企業で言いますと、「Twitter?」という方が普通です。

 Twitter以前に「ブログも存在しない」企業も多くあります。

 いわゆる2極化です。進んでいる企業と一般企業です(遅れている企業ではなく一般なのです)。

 しかも、実際にはその「ブログなし」の企業の方が圧倒的に多いと感じます。

 以前、「SEOの世界そのものが「ガラパゴス化」している」という記事を書いたことがありますが、ここまでリアルタイムの情報ツールが流行っているのは、まだまだコアな方々だけだと感じています。

 企業ではDELLのTwitter利用が成功し、そして最近ではYahoo!もTwitterアカウントを取得し、積極的に情報を流すようになってきました。

 とはいえ、本当に一握りでしかありません。

 つまり、今後のSEO対策では2種類の戦略が必要となってはきますが、各企業の進捗状況に関して言えば、ほとんど進んでいないと思っています。

 ここ最近特に、Webの進化はそれこそ顧客置き去りで進んでいるような気がしてなりません。

 デジタル格差がさらに進む前に、この世界も少し一息入れる時期のような気がします。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
セルフSEO対策のご相談はSEMアドバイザー
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック