2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年08月02日

差別化戦略はマーケティングの基本

 私も愛用しているネットブック

 基本的なスペックがほとんど同じため、差別化をするのがとても難しい商品ですね。しかも、現在売れている商品でもあるため、その採用する戦略はとても重要な位置づけを持っています。

 昨日、久しぶりに大型家電店に行ってみたのですが、ネットブックの種類の多さに驚きました。

 私はASUSのS101というものを使っているのですが、軽く、そしてSSD利用のためスピードが速く、壊れにくいというメリットを持っています。

 その反面16GBしかSSD容量がありませんが、外で利用するときに私は容量を重視しないため、手ごろなものと言えます。

 似たようなスペックで勝負しないといけないネットブックの場合、どこに力を入れるかでその結果は大きく変わるといえるでしょう。

 
 さて、別商品で興味を持ったものがありました。

 あのソースネクストの「超字幕」という商品なのですが、映画を見ながら英語をリアルな覚えられるという商品で、デモを店頭で見ましたが、よく出来ていました。

超字幕


 どうやらすごく売れているようです。私もつい買いたくなったぐらいです。

 インターフェイスも含め、完成度が高い商品だと思います。上記超字幕のページから体験をWeb上で出来るので見てみると良いでしょう。

 売れる理由が分かると思います。既に40タイトルの映画を見ることができ、あの「マトリックス」や「ハリー・ポッター」シリーズなど、誰もが知っている映画ばかりなので、興味を持って取り組めることと思います。

 アイデア1つで商売の流れは変わります。なんだかんだ、ソースネクストは目の付け所が違うのは確かですね。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
セルフSEO対策の訪問指導はSEMアドバイザー
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック