2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年07月23日

SEOの効果検証はやりすぎぐらいが分かりやすい

 自分が実験する、あるいは効果があるかも、ということで修正を入れる内容というのは、「やりすぎる」くらいが丁度良いのかもしれません(但しメインサイトではお勧めしません。私のサイトは全てが実験サイトなので何でもやりますが・・・)。

 昨日も紹介した「Yahoo!はアフィリエイトタグの乱用に厳しいという実験結果」では、かなりやりすぎなアフィリエイトタグをはっていたことで、分かりやすい結果が出たわけです。

 これについては、ヤフーもグーグルも同じく、アフィリエイトタグの乱用にはマイナス評価をしている結果が顕著に出ました。

 とはいえ、こんなものは実験をやる前から当たり前の結果と考える方もいるかもしれません。そもそもヤフーもグーグルもアフィリエイトだけの中身のないサイトは評価しないという事を言っているわけです。

 しかし、やってみて理解するのと、聞いただけで理解するのとでは雲泥の差があるのも事実です。どれくらい「評価しないのか?」ということは、やってみないとわからないわけです。また、今回の実験の結果もほんの数日でまた異なる結果になるかもしれないわけです。

 今回の実験サイトでは、その前段階として、トップページにも2〜3存在したアフィリエイトタグ(トップの全てのアフィリエイトタグ)をはずしています。

 しかし、2〜3はずしただけでは、「変化」らしい変化を見ることができませんでした。つまり、ペナルティから抜け出せませんでした。

 今回の例ではコンテンツページの「やりすぎ」がトップページ(サイト全体)に影響を及ぼすという好例だと言えます。

 トップページが消えたからと言って、トップページだけを直して済むという時代は終わっています。

 全体最適化が示す通り、全てのページを最適化していることが、SEO対策上、重要な視点だという事です。

 被リンクも含め、意味のあるものが評価される時代。当たり前ではありますが、少しずつ検索エンジンがプログラムソースからコンテンツの良し悪しを判断するようになっているとも言えます。

 そういう意味では歓迎するべき時代に移行していると言えますね。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
セルフSEO対策の訪問指導はSEMアドバイザー
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック