2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年07月13日

Googleアドセンスの広告にジレンマを感じる時

 今やどのブログを見てもGoogleのアドセンス広告を見かけます。

 その広告の内容は、ブログやHPのテーマに関連したものが出てくるわけですが、当然の事ながら、サイト管理人にとって、興味のある分野の広告が表示されるわけです。その中で、本当に「見たい!」と思うものもたまにあるでしょう。

しかし、規約として原則クリックはできません。


 しかし、本当に深く考えると、この規約の存在することは当然としても、ここに1つの矛盾もあると感じます。

 いわゆる広告主にとっても不利益になっているケースもあるという事です。

 そのテーマの管理人をするくらい興味があるわけですから、ある意味、とてもコンバージョンに近いユーザーが見ているわけです。

 しかし、管理人は広告が目の前にあっても、クリックをすることができない(してはいけない)。

 さりとて、わざわざ別に検索して探すのも面倒(実際には、場合によっては検索しています)だと考える人も多いでしょう。

 そこで、1つのビジネスチャンスをつぶすことにもつながるわけです。

 規約もあり、そして実際にはかなり悪質な事をしてクリックを稼ぐ人もいるので、最低でも本人はいかなる理由があろうとクリックをしてはいけないわけですが、管理人が気軽に興味のある広告をクリックできるシステムの構築も必要なのではないか?としばしば思います。

 もちろん、気にせずクリックしている人もいるかもしれませんが、なかなかジレンマを感じる問題です。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
セルフSEO対策の訪問指導はSEMアドバイザー
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック