2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年06月18日

ページスカルプティングで思うこと

 昨日の記事「nofollowでのPageRank sculptingが無意味に!」にも書いたようにnofollowがSEO対策としての意味をなさなくなりましたが、よく考えると、今回の件は当たり前の事かもしれませんね。

 そもそも作成したホームページのコンテンツは、それぞれ「必要だから」コンテンツとして作っているわけです。見てもらう必要もなく、コンテンツとして「nofollow=評価しない」で良いものであれば、入れる必要はないわけです。

 もちろん、コンテンツとして入れる必要はないけど、入れなくてはいけないものもあると思いますが、それほど多いものでもないでしょう。

 ある一定のページに評価を集めるために、一部のページを犠牲にしていくという手法は、ホームページの「本来の」あり方を考える上では、あまり望ましい手法ではないという事だと思います。

 と、考えるとnofollowの扱いがSEO対策の一手法として使えなくなるという事は、コンテンツのあり方をもう一度考える良い機会だと捉えたほうが良いのでしょう。

 BingNAVERが出てきて、また検索エンジンの状況は変わる可能性が大きくなってきました。SEO対策も今までのようにYahoo!とGoogleだけという時代ではなくなってくると思います。

 ただ、どの検索エンジンにも言えることは「ユーザーが探しているものに近いものを提案すること」だと思います。

 そのゴールから考え、ホームページの対策、そしてSEO対策をしていくという方向性が大事なのだと思います。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック