2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年05月24日

meta refresh5秒でのサイト移転の動きの結果

 最近は、サイト移転には301リダイレクトを検索エンジン側もおすすめしているという事もあり、疑っていたわけではないのですが、ちょうど良い機会を得て、現在の「meta refresh 5秒」でのサイト移転の状況を知ることができました。

 これが全てとは言いませんが、結果を書きます。

「Yahoo!もGoogleも301リダイレクトより認識が早かった」


 というのが結論です。ページランクの移行は流石にないのですが、ヤフーは3日目で認識しターゲットキーワードでランクイン。グーグルもその後すぐにランクイン。

 参考までに書きますと、「meta refresh 5秒」以外には検索エンジンへのお知らせはしていません。ウェブマスターツールも、サイトエクスプローラーへの登録もしていない状況です。

 それなのに、順位はすごい勢いであがっています。今では1位のキーワードも結構な数あります(サイト移転3週間強)。

 今回のこのサイトは会社名が変わるということもあり、アドレスも変更(レンタルサーバも変更のためIPも変更)、そして様々な事情が重なって仕方なく選んだ「meta refresh 5秒」の道だったのですが、結果として大成功な移行作戦でした。

 301リダイレクトの場合、元のアドレスの順位下降はかなり早いものですが、「meta refresh 5秒」の場合、元のアドレスも存在する(アクセス可能)上に、トップページだけになったとはいえ、今でもキーワードによっては上位にあります。もちろん、トップページだけを「サイトの移転案内」として残しているものですので、スパムでも何でもありません。

 新サイトは、メニューの変更は一部あるもののそれほど大きな修正ではありません。想像以上に早いインデックス、ランクアップと言えるでしょう。

 こう考えると、一般ユーザーの視点でいえば、ページランクなどは関係ないため、ターゲットキーワードで上位に表示できれば良いわけです

 何が何でも301リダイレクトが良い!とおすすめしないでも良いのかな?と感じた次第です。

 実際には業者でなければ301リダイレクトを行なう一般のサイトはほとんどないはずです。こういう結果もうなずけますね。

 ということで、結論としては「meta refresh 5秒」は想像以上に十分な効果を持っていたということです

 あくまでご参考までに。もちろん評価移行の部分で言えば、マイナス部分もありますので、これが一番という事ではありません。今回は事実の提示ということでご了承下さい。

 今回はサーバも変えて異なるIPアドレスで行なった事もその理由としてあると考えられます。同じIP内で別ドメインへの移行の場合には、結果も異なった可能性は大きいと思います。


<追記 2009.5.25>

 0秒ではなく5秒なのは、SEO対策云々とは関係なく、やむを得ない事情が関係しているからです。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 09:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
meta refresh 0秒でなく
5秒の理由って???
Posted by at 2009年05月24日 21:31
当然、そう思いますよね。
私の管理サイトではないのですが、本当にこみ入った事情(SEOとかプログラム的な問題ではなく)があり、そうせざるを得なかったとだけ書かせていただきます。
ただ、そのおかげで今回の検証結果を出せたというのもあります。
Posted by SEMアドバイザー亀田 at 2009年05月25日 08:30
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック