2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年04月28日

SEO対策からマーケティング視点へ

 検索エンジンのパーソナライズド化が進む今、よりユーザーの立場にたったマーケティング視点が重要になってきています。

 順位をあげるためだけの施策から、人の気持ちを読む重要性が高まっていると感じます。

 例えば、グーグルで「英会話」で検索してみましょう。(画像クリックで大きくなります)

eikaiwa_google.gif


 検索キーワードが太字になることで、タイトルがしつこいくらいに感じるものが多くあります。

 転じて目をスニペット(要約文)に移しますと、各学校の方向性の違いが分かります。具体的な利便性をうたっているのは1位と3位のサイトです。2位はそれらと「比較すると」やや抽象的ですね。

 3位のGabaは「その日の都合に合わせて教室の場所が自由に選べる」というのは秀逸な訴求力だと感じます。また、夜遅くまで授業を受けられることも確認できます。

 現在、meta descriptionなどはSEO対策にはほとんど関係ありませんが、ユーザー視点で行けば、かなり大きな意味を持ちます

 検索ユーザーがどこまで細かくスニペットを読むかは、それぞれの個人によりますが、少なくとも、訴求効果の高い文章を用意しておいて損はありません

 自社のサイトの要約文を周囲のランキングのサイトやそして上位のサイトともう一度比較して、より訴求効果の高い文章を作ることは重要だと思います。

 当ブログによくアクセスしている方には当たり前の話かもしれませんが、はじめてアクセスする方も多くいらっしゃいますので、原点に戻った記事を書かせていただきました。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック