2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年03月30日

内部SEO対策 VS 外部SEO対策

 今回のテーマは内部SEO対策と外部SEO対策についてです。正直、このテーマに関しては考え方が様々なため、どちらが大事か?というのは人によって違うと思います。

 そのため、ここで論争しようとか、そういう目的ではなく私の意見を述べたいと思います。とはいえ、常々セルフSEO対策を推進している私としましては、「内部SEO対策」を重視しています。

 大手企業などのように予算ががっぽりあるのであれば、外部SEO対策も良いかもしれませんが、いざ、来てみたら「これは何?」と思われるものにするのであれば問題です。

 内部SEO対策、すなわち内部コンテンツの充実、ユーザビリティ、人の動きを想定したものであったり、体験談だったりと、予算をかけないでも可能です。アクセスがあった時のLPO戦略も含め、外部からのリンクをスパムな事をしてでも集めるというのでは問題が後に残る可能性があります(もちろんスパムじゃないことは、できる限りやった方が良いと思います)。

 外部SEO対策がなければ、被リンクは確かに集まりにくいですが、ページランクが高くないと、希望のキーワードで上位に来れないのか?というのが「No」であることは経験があるでしょう(ビッグキーワードで単一だと別ですけど)。

 私が常に調べている美容室は、効果的なキーワードの組み合わせでヤフー1位、グーグル10位です。ページランクは1、グーグルでの被リンクは8しかありません。

 中身が検索キーワードにマッチする事がまずは大事であり、外部SEO対策はそれが充実してからでも良い(本当は並行してが良いです。完全に無視することはないですから)と思っています。

 ただし、あくまでセルフSEOを採用できる企業での話です。どうしても、この期間は沢山の人に来てもらいたい!というときには、それこそ、そのためにあるリスティング広告を使えば良いでしょう。

 今回のテーマはどちらが良いというのとちょっと違います。実際にはどちらもSEO対策上欠かせません。ただ、予算がある企業ばかりではない(逆に言えば、ない企業の方が多い)状況で、アドバイスをするとしたら、中身を良くすることが最優先だということです。その上で、外部対策も「意識をしつつ」サイトの運営や構築をしていく必要があると考えています。

 その上で話題となるようなコンテンツを内包し、話題性を作っていけば、次第に被リンクなども充実していくでしょう。

 しかし、事実としては、そのどちらもやっていない企業が多いわけですが・・・。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック