2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2008年11月27日

ヤフーとグーグルの検索候補の癖

 グーグルには「検索クエリ」というものがあります。
 ちなみに「アフィリエイト」で検索してみると


<グーグル>
 google_afi.gif


<ヤフー>
yahoo-_afi.gif

 
 ヤフーも類似の機能として「関連検索ワード」としてよくある検索の組み合わせを候補として出してくれます。まあ、これを操作するという会社もありましたが、そういうずるい商売(とはいえ、商売にするという意気込みはすごいですが)は良いとして、両者に大きな違いがありますね。

 これは偶然なのか、何なのか分かりませんが、グーグルは親切に自分が出したキーワードを前におき、それとセットのものも後ろに表示しているので、分かりやすいです。しかも、件数まで表示してくれています。

 実はこの件数が、リアルタイムでないことは確かです。この件数を覚えた状態で、いずれかの組み合わせを選択すると、検索件数が違うことがすぐに分かります。増えていたり、減っていたりです。まあ、考えてみれば、当然で過去の履歴から表示しているデータですので、この検索クエリのデータベースが実際のデータベースとは別のものから持ってきているということになるのでしょうね。

 ヤフーはそのまま、検索キーワードが絡んでいるパターンを表示しているようです。一番前に「yahoo アフィリエイト」と出るのが、操作しているようで怖いですね(どう考えても、アフィリエイトとセットでyahooを入れている人が一番多いとは考えにくいです)グーグルでの検索クエリでもヤフーなどというキーワードは表示されていません。

 ヤフーショッピングサイトの検索結果の出し方もそうですが、巧妙にやっていますね。普通で考えれば、「バッグ」と入れてヤフーショッピングが4位に来るというのは操作以外の何者でもないですからね。公平な検索エンジンのSERPsでやることか?と疑問に思います。スポンサーサイトの場所以外にまで顔を出すなんて大人げないヤフー様です。

 ちなみに「バッグ 通販」とやると、堂々と一番上(スポンサーサイト様の上)にヤフーショッピングがくるようです。検索する私たちは無料で検索しているので、構いませんが、スポンサーからは「?」でしょうね。アイテム名だけの場合は4番目くらいに入れるという、ヤフーならではの新しい戦略。そういえば、4番て野球でも最強打者ですね。そういう感覚で4番目に表示させているとしたら・・・恐るべしヤフー!ますますグーグルが良い検索エンジンに見えてきます。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック