2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2008年08月23日

本当の意味でのSEO対策を考える時!

 いきなり深いタイトルになってしまいましたが、私は毎日いろんなサイトを見て、ヤフーやグーグルなどのアルゴリズムの分析をしているわけですが、正直、順位だけを追い求めるのは疲れます。

 そもそも、順位ゲームになっていないか?というのがあります。順位をあげれば、満足なのか?というとそうではありませんよね?順位を上げること(SEO)はその手段の一つでしかないわけです。

 どんなに美辞麗句をつらねても、サイト自体の導線がしっかりとしていなければ、意味はありません。

 実は、私が管理しているサイトで(珍しく制作も私が手がけているものなのですが)、他サイトと比べて圧倒的に直帰率が低く、また滞在時間が長いサイトがあります。

 その特徴はというと、

1.メニューは簡潔で文字が大きめ
2.メニュー要素が少ない
3.各ページのテキストは大きめで、読みやすい
4.内容はユーザーが知りたいことに絞っていて自己満足要素が少ない
5.トップページのメッセージが分かりやすい。

 というものです。4番目の「自己満足要素」というのは、おそらく思い当たる方も多いと思います。過度な演出や、誰も見ないような内容までも深く掲載し、パンフレットなんかはいらないぞとばかりに、中身が濃すぎるものは、ユーザーも求めている人は少ないのではと思っています。

 アクセス解析をいろんなサイトで行っていますが、全てのページが万遍なく人気があうサイトなどは見たこともありません。沢山の方が見るページなどは確実に限られているわけです。

 それならば、そのページのテコ入れをする方がより効率があがりますし、不人気なページを削除することで、メニューも見やすく、そして探しやすくなるわけです。

 本当の意味でのSEO対策というのは、そういう事もアドバイスをしないといけないわけです。クライアントの言うがままに順位だけを追っていても、面白みという点では欠けると思います。

 順位以前に、それを迎え入れるサイトをもう一度見直す、そして提案ができるようにSEOに関係する我々が学び、そして実践する必要性をよく感じます。

 その上で順位があがれば、それは効果が何倍にも上がってくれると思っています。

 なんとなく、思うがままに書いてみました。お読みいただきありがとうございます。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック