2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2008年07月23日

困ったときのネット広告はよく吟味しましょう

 ネット広告。おそらく、たいていの企業の方は毎日のように営業の電話を受けると思います。

 今はモバイルの時代です、と言われるとどうしても自分では分からないので、OKをだしてしまったりと。

 でも、ちょっと待ってください。そのサイトが人気があるというだけで、広告をうってしまったという経験がある方も多いでしょう。

 人気がある=効果がある

 というのは大きな間違いです。例えば、資料請求者のデータを集めたいというときに、人気サイトはコストはかかるけど、データが多く集まるのは確かです。

 でも、そのサイトにはどのような目的を持った方が集まるのかをよく考えないといけません。

 実際には全く業務と関係ないサイトが、利益重視のために、様々なジャンルのコーナーを後から設けて広告を集めるというのをみかけます。

 だからといって、気軽に申し込むと、いたずらが多かったりと、データの分析の方が大変です。請求者に比較してまともなデータが少なすぎたりということです。

 限られた予算だからこそ、目の前にある「人気サイト」という言葉に惑わされずに、そのサイトに来る客層をよくつかんでから検討してみることをお勧めします。

 私も実際に経験がありますが、某有名モバイルサイトの広告で来るリストは最悪でしたね。どことは言えませんが。

 数を集めればよいのではなく、数が少なくてもコンバージョンに結びつくものが大事なのです。(特に予算が限られている場合にはです)

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 11:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | SEM対策
この記事へのコメント
納得です。
Posted by susumemirai at 2008年07月24日 08:21
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック