2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2010年01月25日

先日あった、SEOに関するよくある話

 先日、ある会社の方(全く仕事関係ではありません)と話をしていたときに、こういう仕事をやっていますということで、名刺を渡しました。

 すると、

 「SEOは結構お金かかりますよね、うちも以前頼んでいたことがあって・・・。」

 そう話をされたので、私は興味があって質問をしてみました。

 「それで効果はいかがでしたか?」

 すると、その方はその質問をすると、

 「あまり、効果がなくて・・・」

 おそらくSEOを依頼したのが、1年以上前と推測されましたが、どんなSEO施策を業者からしてもらったのかは、おおよそ想像がつきました。

 結局は、お金はかかったけど、言われたほどの効果を実感出来なかったようです。そして、現在は依頼していないと。

 その他の会話から、現在のような成果報酬という言葉が出来る前にSEOを依頼したのだと思いました(この文章は成果報酬が良いとか悪いとかという話ではありません。それぞれいろいろな考えがありますので。)

 話をした限りではSEOという言葉に対して、既にあまり良いイメージをもっていないのだろうな〜と感じました。

 いわゆる政治家ではありませんが、SEOという一般的に知られていない商品・サービスを売る側としては、きちんとした説明責任を果たす必要があると強く感じます。特にSEO関連のサービスには、リスクが少なからず伴うものも多いからです。

 SEO関連のブログでは、日々、SEOの考え方についての記事が書かれています。とても有益なものが多く、是非多くの広報担当の方には読んでもらいたいと思っています。

 ただ、残念なことに、私のブログも含め、SEO関連のブログを呼んでいるであろう方は、そもそも詳しい方(少なくともSEOという言葉を知っている方)がほとんどです。

 電話でSEOの営業を受ける会社などは、まさか、スパムなんてあるわけがないと思っているでしょう。その存在すらも知らないと思います。

 言われるがままにお金を払えば、順位が上がると思っているわけです。1位になれるとか言われてです・・・。

 説明責任・・・。

 結局、全てのサービスに必要な事です。自身のやっている事は、その会社だけではなく、業界全体のイメージに関わってきます。

 きちんとクライアントが納得するまで説明をしましょう!

100125自戒の言葉



▽▼▽▼▽
「確かによくある話」と思われた方はクリックして下さい。ブログ村ランキング参加中です。


◆セルフSEO指導のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 12:08 | Comment(0) | SEO対策