2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年12月05日

ビッグキーワードだけに運命をゆだねるのは危険です!

 今回のテーマは「ビッグキーワードに運命をゆだねるのは危険です!」ということです。

 ここで現実を見つめなおしていただくとしますと、ある意味毎日同じ様なランクにあるのはすごいことなのです。

 冷静に考えて、日々すごい勢いでホームページが増えているわけです。競合サイトなどは1週間でわんさかと増えているかもしれません。

 もしかしたら、この記事を読んでいる今この時も競合他社がサテライトサイトを作っているかもしれません。

 だからこそ、ビッグキーワード一つか二つにアクセスが支えられている場合、とても怖いわけです。

 その理由としては、ご存知の通り、検索エンジンのアップデートで何があるか分からないからです。

 また、ここで大事なポイントをもう一つ。

 ビッグキーワードで上位にいると、どうしてもアクセス数が増えるため、そのキーワードがとても魅力的に見えてきます。

 しかし、本当にコンバージョンにつながっているキーワードを見ると、もっとコアだったりする事はよくある話です。

 会社名がメインという事も多くありますね。

 なお、ビッグキーワードを否定するものではありません。上位にあって何の問題も不都合もありません。ただ、そのキーワードだけに「全てがかかっているという考え」は持たないほうが良いと思っているだけです。ランクが落ちたときの失望感も大きくなります。落ちた場合でも何とかしないといけないのが現実ですから。

 SEO対策のために、とにかくこのキーワードだけは、と言って絞りすぎて、その実、サイトコンテンツはそんなにたいしたものが用意されていなかったりしますと、本当に悲しい目に会う可能性があるので注意して欲しいという事です。

 大事なのは、効果のあるキーワードを見極めて、それについてのコンテンツを用意することです。

 例えば、レストランを経営している方にとって、お客様がディナーの予約を入れてくれたら、精一杯、喜んでもらえるように、下準備をすると思います。

 それと同じです。ホームページにはもうメニューはあるのです。そのメニューを注文された時(アクセスされた時)に、お客様を満足させる「メニューの名に恥じないもの」を提供できれば良いわけです。

 蛇足ですが、私がお客様に提供しているサポート内容は、一般的なSEO業者のようなものではありません。全く違うと言えます。外部リンクを「SEO目的」ではることなども一切やってません。

 コストが限られている時代だからこそ、人を育てる必要があると思っています。いつまでも会社の広報予算に余裕があるわけではありません。

 ビッグキーワードで下がった時に、どうしよう?と思うのではなく、代案を考えられるような人材を企業内に育成する事が私の仕事の目的だと言えます。

 滅多にブログで営業トークっぽい事は書かないのですが、今回は流れ的に業務案内みたいなものも含んでしまいましたが、何となくでも伝われば嬉しいと思います。

 今日は土曜日特別編ということで・・・。

091205jikai.gif



▽▼▽▼▽
「何となくは伝わったよ」と思った方はクリックして下さい。ブログ村ランキング参加中です。


◆セルフSEO指導のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 09:43 | Comment(0) | SEO対策