2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年12月04日

アクセスキーワードは意外性大。

 今回のテーマは「アクセスキーワードは意外性大」です。

 実は最近強く感じるのですが、狙っていたキーワードで順位がぐんと下がっても、アクセス数にほとんど影響がないケースをよく見かけます。

 それは、検索に使用されるキーワードがかなりバラエティに富んできたのが理由だと思われます。

 また、サイトのユーザー層がグーグルを利用している方が多い場合にこの傾向が顕著に出てきます。

 さて、ここ最近のこのブログ。一番多いアクセスキーワードは何だと思いますか?

 おそらく意外だと思いますが、今年も終りに近づくという事で、紹介してみます。まずトップ3の発表です。

*直近1ヶ月くらいのデータです。

第1位・・・「bing seo対策」
第2位・・・「bing seo」
第3位・・・「bing対策」


 トップ3が全てBing絡みなのです。7月31日に「Bing SEO対策はあせらずに」という記事を書いたので、その関係です。個人的には記事書いてから4ヶ月以上経っていることのほうが驚きですが・・・。

第4位・・・「こそあど言葉とは」及び「bing 対策」

 これも「こそあど言葉は使わない」という記事があるからなのですが、記事を書いたのは2008年07月15日です。すごく前!グーグルで「こそあど言葉とは」で検索すると今も4位にいます。タイトルが「使わない」というようになっているので、調べた人が気になって読むのでしょう。
 
 この検索キーワードは記事を書いた後から、ずっとトップレベルの検索数です。

 「bing 対策」も同じく4位ですが、間にスペースが入っているものです。

 こう考えるとBingへの興味はすごいものですね。

第6位・・・「ie7pro 不具合」

 これまた今年7月の記事「IE7 Pro最新版の不具合?」がその理由ですね。

 と、際限がなくなるので、そろそろやめますが、検索というのはユーザーの「質問」や「疑問」です。

 他にも「bing インデックスされない」や「bing 登録されない」など、何らかの対応策や答えを探している事が多いわけです。

 もちろん、「ぶらりネット放浪の旅」のような検索もありますが、理由のある検索をする方は、何らかの答えを求めているわけです。

 そういう意味では自社商品やサービスを第三者視点で考えて、疑問に思ったことは全部サイトに反映するくらいの方が良いと思います。


 私事ながら、先日実際に感じた具体例です。

 そろそろ地デジテレビを・・・と思い、通販サイトで探したのですが、地デジを通販で買うと言えば、現在のテレビのリサイクルの扱い、そして設置までしてくれるのか?というのは、普通に気になるところだと思うのですが、それらについて分かりやすく、目に付くところに言及しているサイトが少ない(ほとんどない)事に驚きました。

 物を売ることだけを考えるのではなく、それに付随する「想定される疑問」に対して答えを用意する(このことは最近よく書いてますけど)事で、お客様の安心を得ることが出来ます。

 アクセスしてくるキーワードというのは本当に宝です。特に最近のキーワードは、そのまま文章で質問しているようなものも沢山あります。

 つまり、サイトに求められている事が、アクセス解析のキーワードを見る事で分かるケースが多くあるわけです。

 日々、何が求められているか、そしてそれにどう答えれば良いのか?がホームページの進む方向のヒントになると思います。

091204自戒の言葉



▽▼▽▼▽
「Bingは私も気になっています」と思った方はクリックして下さい。ブログ村ランキング参加中です。


◆セルフSEO指導のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 11:40 | Comment(0) | SEO対策