2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年11月11日

実店舗のLPO戦略に学ぶWeb戦略

 実店舗のLPO戦略というのは例え話です。

 昨日テレビ東京の「火曜エンタテイメント」という番組で「デパートNo.1物語」というテーマをやっていました。今やデパート業界は大変だというニュースが流れていますが、その中の勝ち組「京王百貨店」の戦略はとても学ぶところがありました。

火曜エンタテイメント


 以前からシニア層を意識した店作りをしており、平場戦略というものを実施していました。

 普通のデパートでは、店ごとに仕切られていることが多いわけですが、ここでは、平場という自由にレイアウトを変えられる割合がとても多いということです。

 つまり、急に寒くなったら、即座に店頭の配置を変えて厚手のコートを見やすいところに移し、暑くなったら、帽子を前面に出すなど、臨機応変に対応をすることで、その時々の顧客の心理を上手にとらえる戦略でした。

 デパートの安心感、高級感、それに加え、フットワークの良さがあるということが、このデパート不況と言われる時代でも強い理由でしょう。

 また、大きな改装をするにしても、シニア層の混乱を防ぐためにその位置を基本的には変えないという事を念頭にしているようです。

 今後より高齢化が進むという事を考えると、シニア対策をいち早く打つ出した京王百貨店の取り組みは先見の明としか言いようがありません。

 さて、これをWebサイトに当てはめてみます。

 ホームページをこの視点で考えると、また違った視点が見えてくるのではないでしょうか?

 その時々に応じたフットワークの良い変更、それでいて、基本の流れを押えた作り、実店舗に学ぶべきLPO戦略というのがあるはずです。

 いつも同じバナー、キャッチ、画像・・・。ある意味、Webというのは修正が簡単なものでもあるのですが、そのフットワークの軽さとは逆に、それほどの変化がないものでもあると感じます。

 状況に応じたLPO戦略を京王百貨店に習い検討してみると良いかもしれません。

091111自戒の言葉



▽▼▽▼▽
「京王百貨店の平場戦略はためになる」と思った方はクリックして下さい。ブログ村ランキング参加中です。


◆セルフSEO指導のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 11:38 | Comment(0) | LPO対策