2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年10月21日

コンバージョンに結びついているキーワードを再確認しましょう

 今回はコンバージョンに結びついているキーワードがテーマです。

 会社名でのコンバージョン達成は今回は置いておきまして、それ以外のできれば会社名が入っていないキーワード(あるいは複合キーワード)で、コンバージョン達成のキーワードを再確認しましょう。

 そもそも会社名での検索でコンバージョンに達成しているものは、直撃タイプですので、SEOの問題とはやや異なります(LPOの問題は大きいです)。

 一般キーワードでコンバージョンに結びついているキーワードを時系列的に見ていくと、時代による移り変わりも見えて面白いと思います。

 例えば、今月の一般キーワード、そして半年前、1年前などというように、時期を変えて、そのキーワードを追っていきます。

 できれば、プリントアウトして並べてみると良いでしょう。

 何かの発見があるかもしれません。いえ、本当は必ずヒントが隠れています。

 注意していただきたいのは、発見をする気で見ないと、何も出てこないかもしれません。ただ、眺めているだけではそれほどの効果はないでしょう。

 実際にユーザーの立場にたって、何故、そのときは、そのキーワードでコンバージョンした人が多かったのかという背景も考えてみると良いでしょう。

 そして、今、成果に結びついているキーワードがどうして結びついているのか?そのランディングページも含めて、検証してみることをお勧めします。

 そこにはヒント(答えとも言えます)が必ずあります。

 アクセス解析は、今後に向けてのヒントが詰まっています。そのヒントを意識しようとせずに、数字だけを見ていては何も始まりません。

 まずは、「意識して考えること」です。そして、今後に向けてそれをどう生かしていくか?です。

 本当は見て欲しいページ(あるいは人気が出ておかしくないページ)なのに、アクセスが少ない場合には、メニューの導き方が悪いのかもしれませんし、あるいは、そのメニューのラベルが興味を誘わないだけかもしれません。あるいは、色が悪いのかもしれませんし、可読性が悪いのかもしれません。その他、理由はいろいろと考えられます。

 様々な視点で考えて見ましょう。

 とても大事なポイントです。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
◆セルフSEO対策のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 10:39 | Comment(0) | SEO対策