2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年10月08日

検索エンジンのアルゴリズムを理解するために必要な放置もある

 通常(中小企業の場合)は自社サイトを1つ、あるいはサテライトを含めて2〜3のサイト運営というものが普通だと思いますが、検索エンジンのアルゴリズムの動きを見るためには、様々な条件のものがあると便利です。

 私自身、分析対象サイトでは、動きが分かること(何をやっているかがわかる)を前提にして分析しています。私自身も二桁のサイトを作成管理していますが、いろいろな方向性を持っています。


 例として(以下は私が作成していないのもあります)

 ・きちんと作りこんだサイトで更新は月1程度
 ・毎日更新するブログ
 ・たまにしか更新しないブログ
 ・完全放置のサイト、ブログ
 ・メインは放置でサテライトは毎日更新しているサイト
 ・アフィリエイトサイト
 ・リンク購入サイト
 ・PPP実施サイト(報酬を支払って記事を書いてもらうサイト)
 ・テーマにまとまりがないサイト
 ・テーマが完全に絞られているサイト
 ・ファンサイト
 ・企業名でしかSEOを行なっていないサイト
 ・大人気の芸能人ブログ


 まだまだあるのですが、一例として、自分で詳細を把握できると所を検証しています。つまり、放置サイトもアルゴリズムの検証では重要な位置づけです。

 ただ、単純にあるキーワードで上がった、下がったという事を見ているだけでは、見えるものも見えません。例えば、下がったのではなく、周りが上がっているという事もあるからです。

 もし、競合との差をきちんと知るのであれば、競合のサイトも毎日見るようにして、どんな変化(更新、その他)を入れているのかも見てみると良いでしょう(時間かかるので余裕がある場合ですが)。

 
 なお、流れ的に最後になってしまいましたが、いつも書いている事で恐縮ですが、アルゴリズムの分析をして、もしすごいSEO対策の方法を知ったとしても、それだけでは意味がないという事だけは忘れないで下さい。

 ホームページは検索エンジンのために作っているのではなく、ユーザーのために作っているものです。

 それこそ、会社名キーワードなど、直撃アクセスであるにも関わらず、平均ページビューが低いとか、平均滞在時間が短いという場合には、SEO以前に、根本から見直さないといけませんかもしれません(もちろん、サイトの状況にもよります)。

 なぜ、ユーザーはあまりサイトを見てくれていないのか?という事を見直す必要があるという事です。

 日々、アルゴリズムに修正を入れているGoogleなどを考えても、何を目的としてホームページを運営するべきかは、明らかだと思います。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
◆セルフSEO対策のご相談はSEMアドバイザー公式サイトから
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策