2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年08月03日

SEOの分析には更新しないサイトも必要です

 SEO対策の分析対象サイトは更新や修正を地道に行なっているサイトだけでは分からないこともあります。

 あえて、手をかけないサイト(いわゆるきちんと完成させた状態でほぼ放置です)も分析では重要です。

 自分が手を加えた修正が、本当に順位に反映されたかということは、確実性のあるものではありません。それは偶然、他の部分の評価が変わり、順位に影響を及ぼしているかもしれないからです。

 その逆に全く更新していないサイトも持っていると、アルゴリズムの更新の中身が分かりやすかったりするものもあります。

 私も放置サイト(年に3回くらい少しだけ更新。サイト歴12年以上のしかも純粋なフレームサイト)を持っていますが、その順位も含めて追っています。

 実はこのサイトは単一キーワードでヤフーで1億7900万件中現在8位です。一時は1位におりましたが、さすがにいつまでもその位置にはいないようです。

 そして、Bingでは339万件中6位。インデックス数の少ないBingにしては大きな数字かと思います。

 ただし、ここで顕著なのがグーグルです。グーグルではサイトタイトルをのぞき圏外に飛んでいます。7月30日までは別のキーワードで2位にあったのですが、それもいきなり圏外です。

 12年以上も上位にあったサイトですが、グーグルでのアルゴリズムの内容の変化で起った現象だと仮説が立てられます。

 他の実験では、ブログで一度書いた記事(もちろんオリジナル)を2〜3日に1つずつ削除していき、他のドメインに削除した記事を移行することで、削除ページのインデックス状況なども調べたりしています(こんな事は真似しないでください。何のメリットもありません^^;)。

 このブログからは他のHPにリンクを毎回はっているのですが、削除することで、各検索エンジンがどのように反応するかも見ています。

 この辺の反応はグーグルはとても早いですね。インデックスが早いのは周知の事実ですが、記事削除後の動きも格段に早くなっているようです。削除した方のブログのインデックス数は数日で適正なインデックスに置き換わっています。

 今回のテーマから最後は少し話題がそれましたが、様々な分野のブログや通常のサイトなどをいろいろな状態にしておくことで分かることもあります

 実験でなければ、完全に放置というのはお勧めできませんが、放置することで見えてくることもあるということを記事に書かせていただきました。

 夏休みに入っている方も多いと思いましたので、今回は息抜き的な意味も込めた記事にしております。

 ご参考までに。


面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします
セルフSEO対策の訪問指導はSEMアドバイザー
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by kame at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策