2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年06月14日

検索キーワードや歴史を重視している証拠

 今回の記事はあるサイトではっきりと出ている現象ですので、お伝えいたします。

 なかなかこういうデータ(状況)は見かけることが出来ないデータですので、ご紹介いたします。おそらく、テキストばかりで2度は読まないとよく分からないと思いますので、興味のある方は白紙に図でも書いて読んでみると理解しやすいでしょう。


【概要】

1.Aという会社がBという会社に会社名を変更(5月初旬)

2.meta refresh 5秒でサイト移転を実施(なぜ5秒かは深い事情により突っ込みご遠慮下さい。)

3.Aのサイトは既に移転のためだけのトップページのみ存在し、Aという会社名テキストもその中には記述なし。新アドレスのみ記載。
⇒このサイトへのそれまでのアクセスはブックマークか会社名Aというキーワードでのアクセスがメインです。

4.BのサイトにはAの会社名のテキストは「会社概要」に1回でてくるのみで、いわゆるほとんど出ないキーワードとなっています。

5.Bという会社名で現在、3大検索エンジンとも1位。元のAサイトは、既に元の会社名で圏外。
 しかし、Aという会社名キーワードでBのサイトは現在、グーグルで3位、ヤフーで34位、ついでにBingは120位です。



 当方のサイトではありませんので、図を出すことができないので、テキストだけでわかりにくいとは思いますが、BのサイトにはAというキーワードが1つしかないにも関わらず、今もグーグルでAキーワードで3位、ヤフーでも34位にあるわけです。

 また、Aのサイト(indexのみ)には既にtitleタグも含めて、Aという会社名は残っておらず、Bの会社名が使われているのみです。

 それまでの歴史をお伝えしますと、Aという会社名のキーワードは実はいろいろなサイトのtitleで使われるような「その業界でよくあるキーワード」(ヤフーで4390万件、グーグルで362万件)で、その会社名を使用していた時でさえ1位はほとんど取れず、1位〜20位をいったり来たりしていたのです。

 それくらいの難易度のキーワードにも関わらず、新サイトに1回しかそのキーワードが出てこないのに、この順位を新サイトBでも確保しているという事です。

 これが何を意味するか?

 考えられることはいくつかありますが、そのいくつかをピックアップしてみます。

1.検索ワード(アンカーテキストではない)でAという会社名で探した上でBにアクセスしている数が多かったため認識。

2.Aというキーワードでそれまで培った歴史が「meta refresh 5秒」でも無事に評価移行された。

3.Aというサイトは今も残してあるため、関連性が継続している。
(とはいえ、現在はAというサイトへのアクセスはほぼ0に近い状態です。)

 この中の1と2が濃い原因だとは思いますが、ユーザーの事を考えた検索エンジンという事を考えれば、会社名が変わっても業態は変わっていないため、このような現象が起っていることを想定できなくはありません。

 ただのドメイン変更だけの場合とは異なり、ドメイン、会社名、さらにIPも変わっています。今回のように新サイトに旧会社名をほとんど入れていなくても、このような結果につなげる検索エンジン、特にグーグルのアルゴリズムは素晴らしいものだと言えます。

 なお、現在Aというキーワードで検索して出てくるBサイトはタイトルにもスニペットにもAというキーワードは一切出てきません。おそらく、ここだけ見たら「なぜこのサイトがこのキーワードで3位なのか?」と不思議に思われるでしょう。

 ヤフーについてはヤフーカテゴリ登録サイトのため、修正も既に完了しています。機械的にはヤフーは手作業で会社名が変わっていることを認識しているので、上位に来ても、まあ、分かるわけですが、グーグルは流石の一言ですね。

 あえて言うならば、ディレクトリの階層などは多少の変更はあるものの、ほとんどA時代と同じだという事も、今回の結果につながっていると思われます。

 付記としまして、書いておきますと、それほど検索数の多い会社ではありません。コアなサービス業態ですので、日々のアクセスは50前後くらいでしょう。とても有名なサイトがこのような変更をすれば、この結果もよく分かるのですが、そういうわけではありません。

 グーグルではBサイトの認識被リンクは現在0です。そういうレベルでもこのような結果を出すという事に驚くばかりです。


P.S.
 一昨日の記事「ヤフーが被リンクの扱いを変えていますね」で書きました、ヤフーの被リンク数、本日は復活していました。まあ、予想していましたが、こんなものでしょう。

 長い文章おつきあい頂きありがとうございます。ご参考までに。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 11:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策