2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年05月11日

サーチウィキでグーグルの広告効果は飛躍的にあがるのではないか?

 サーチウィキをグーグルが導入したことにより、何よりもグーグルにとっても意味が出てきたと考えるのは私だけでしょうか?

 それは「興味 / 関心に基づく広告」です。ユーザーアカウントを持っている方が、率先して自分の好きなサイト、そして除外するサイトをクリックしてくれるのです。

 つまり、ユーザー本人の興味や関心が、今までの検索履歴以上に「具体的に」分かるということです。こういうサイトは好むとかも含めてです。

 ということは、自ずと、グーグルにとっては有益な情報がすごい勢いでデータとして増えていくことになりますね。今はまだこの機能がほとんど一般には何のことか分からずに利用されていると思いますので、それが当たり前になったときに効果は大きく出てくると思います。

 アドセンスをやっている方にとっても、そして広告を流している広告主にとっても、グーグルにとっても、より効果の高い広告を配信可能になるということだと感じます。

 このサーチウィキでのユーザーのアクションが広告に影響を与えるかは今現在は分かりませんが、グーグルの立場で言えば、使わない手はないですね。

 もちろん、これは個人的な見解ですので、あくまで想像です^^。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google対策