2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年05月08日

ヤフーの対抗策はいかに?

 一日で話題をさらっていったグーグルの「サーチウィキ」ですが、ヤフーの動きが気になるところですね。

 パーソナライズド化は検索エンジンが少なくとも進む方向性であることは確かですが、昨日の私の最後の記事「サーチウィキのこれはどうかな〜という点」にもあるとおり、この機能には問題点もあると思っています

 ユーザーが求めるものにぴったり来るものを、検索結果として提案することは、検索エンジンにとって、とても重要なことであり、究極な部分でしょう。

 それであれば、私が以前書きました記事「検索エンジンの「感情キーワード検索」」まで突き詰めてほしいと思う今日この頃です。

 人は感情を持っています。固有名詞など単語を知らないケースもあります。

 将来的には音声での検索が普通になると思っています(あくまで予想^^)。キーワードを打ち込むなどのアクションをせずに、よくSF映画などにも出てくるように、質問をすると、答えがかえってくる、あるいは表示されるというものですね。

 今あるもの(当たり前の携帯電話やワンセグでさえ)も、かなり未来の話と思っていたものが現実化しています。10年後にどんな事態になっていてもおかしくはないでしょう。

 未来の検索エンジン、結局作り上げるのは、ユーザーのニーズです。より良いものに進化をしてくれればいいなと思います。

 グーグルの話題が席巻しましたが、やはり現在の日本はヤフーが強いのは間違いありません。ヤフーがどのようなパーソナライズド戦略を見せてくれるか?それが楽しみです。

〜おまけ〜 ★現在のサーチウィキへの大きな疑問★

 ある特定キーワードで「順位を上げる」を10サイトで押した場合、そのユーザーアカウントでは新規サイトは10位内に入ることは出来ないのだろうか・・・。もしそうだとすると、新規サイトには恐ろしく敷居の高いシステムだと感じませんか?怖い!



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策