2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年05月07日

サーチウィキのこれはどうかな〜という点

 グーグルからも公式ブログにて「サーチウィキ」に関しての公式の発表がありましたね。

サーチウィキ: 検索結果表示をカスタマイズできるようになりました

 さて、このサーチウィキ、いろいろと調べてみると、これはどうかな〜と思う点があります。

 それは以下の部分(サイト名は非掲載)です。

サーチウィキ評価


 グーグルアカウントでログインしていると、ページ下の「この検索のすべてのサーチウィキメモを全て表示」で検索キーワードに対する、コメントなどを見ることができるのですが、よく見るとコメントだけではありません!

 何と、ユーザーが削除した数(順位を上げた数も)の(おそらく)合計数も分かるようになっています。しかも、alt属性を見てビックリします。「賛成」と「反対」です。

 なぜ「順位を上げる」は「賛成」になり、検索結果から除外したら「反対」なのだろうか?これっておかしくないですか?

 今、現在コメントを見る限り、自作自演のコメントや、テスト的なものが多いようです。

 問題なのは、この数です。これって表示する意味や必要性があるのでしょうか?

 順位あげをするも、削除するもユーザーにのみ関係し、検索順位には関係しないということですが、コメントがなくても、この数字そのものはそのサイトの評価につながるとも言えます。

 つまり、マイナス評価ばかりされてしまった暁には、間違いなく、順位とは関係なく悪いサイトという事をイメージつけられてしまう可能性が否定できないということです。しかも、問題なのは、いくらでも作為的に出来るものだということです(コメントは報告できても、×の数などは怪しくても報告できないようですし)。

 ここはグーグルはもっとよく考える必要がありませんか?と問いたいですね。私は削除や順位上げの数を出す必要はないと思います。正直言えば、コメントでさえ作為的に出来るものなので、公平性を必要とする検索エンジン(しかもグーグル)が、このような機能をつけるのはどうか?と思います。

 それこそ、企業にとっては、自社重要キーワードでのこの部分での評価を日々気にする必要さえも出てきます。

 私に言わせれば、やりすぎな機能だと感じます。その評価の合計数(場合によってはサイトそのものを見もせずに削除するケースも多々あるでしょう)を公開する事は、そのサイトを公正に見てもらう権利までも奪う可能性があり、いかがかと思うわけです。

 とはいえ、現状は検索結果の下にひっそりとあるだけですので、ほとんど目立たないことは事実ですし、一般のユーザーが気づくこともほとんどないでしょう。

 それでも、ここは検討しなおす必要がある部分だと強く感じるのは私だけでしょうか?


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google対策

グーグルの今日の急上昇ワード

 ゴールデンウィークもあけ、さあ仕事だ!と思っている方も多いでしょう。

 私はといえば、休みであっても順位は変動しますので、毎日チェックしております。

 さて、今日のグーグルの急上昇ワード、時期的に「確かに」と思うキーワードが出ています。

「電車 遅延」


 ゴールデンウィーク明けならば、間違いなく気になるところのキーワードですね。他にも「横須賀線」や「京浜東北線」「JR」などのキーワードが目白押しです。

 電車が急に休み前の混雑に戻るわけですから、当たり前の検索ワードと言えるでしょう。(記事投稿後、テレビを見たのですが、横須賀線のトラブルで約2時間立ち往生ということでGW明けからとんだ災難のようです。電車内に閉じ込められた方は本当に大変だったことと思われます。)

 さて、話を商売に当てはめてみます。商売でもこのように検索されるであろうキーワードをどれくらい早く予測するか?ということはSEO対策上とても重要です。

 日ごろのアクセス解析のアクセスが少ないキーワードも、将来のお宝が隠れている可能性があります。

 上位のキーワードなどは見飽きていると思います。たまには下から見て、何かを感じ取ってみてはいかがでしょうか?

 しかし、昨日は「コカ・コーラパーク」の検索が多くあったようです。テレビのヘキサゴンで芸能人とタイアップしての宣伝をしておりましたが、やはりテレビというメディアの強さを感じますね。

 予算がある企業はあらゆる広報手段を選択できるので良いですが、ほとんどの企業はそうはいきません。

 だからこそ、セルフSEOなどのテクニックを学ぶことは、とても有効な戦略と言えるでしょう。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google対策