2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年03月20日

IE8は速いらしい

 タイトルに「らしい」とつけているのは私自身が怖くてまだ、ダウンロードしていないからです。やはりIE7といい、あまり良い思い出がないブラウザだけに慎重になりますね。

 満を持して発表された「Internet Explorer 8」。

IE8


 公式サイトのビデオを見る限り、Firefoxやグーグルクロームよりも速いようです。今回のマイクロソフトの気合の入り方はブラウザ戦争にまともに勝負をかけざるを得ない状況だと感じているからでしょう!こんなに快速なIEを見るのは初めてです。

 IE8の新機能はとても便利そうです。

・ビジュアル検索がブラウザから即座に可能
・アクセラレータ機能によりページ内の単語を関連サイトから検索が可能(これはとても便利そうです!)
・Webスライス機能で、ページ内の気になる情報だけを保存可能
・互換表示ボタンで従来のブラウザ向けのサイトも綺麗に表示(サイト作成者も安心です)
・SmartScreen フィルターで詐欺サイトや悪意のあるサイトから保護


 アドオンが充実している(充実していく)ようですので、安定していることを前提にすれば、とても良いブラウザだと思います。

 さて、後はいつインストールするかですね・・・。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般

SEO対策よりもSUO対策に夢中!

 今の私のターゲットはSEO対策ならぬSUO(晴練雨読最適化)対策に夢中です(少し冗談、少し本気です)。

 実は、本日8時46分に「グーグルがはらぺこだ」という記事を書いたのです。しかし、残念ながらSEO対策とは関係ない記事と扱われてしまいました(まあ、SEO対策とは関係ないですけど^^;)。

 その後数名の方がこのことに触れている。見事SEO関連記事として扱われているようです。やはりGoogleと書かずにグーグルと書いたのが問題なのか?

 SUO対策について、いくつかの実験をしていますが、どうもカテゴリはそれほど重視していないのかもしれないと感じています。また、タイトルにそれらしい言葉があるからといって、それだけで決めているわけでもありません。

 やはり、Yahoo!やGoogle、SEO対策などの関連キーワードの割合がある程度に達していないといけないような気がしています。

 本日2つ目の記事「CSSの文法エラーは検索順位には影響せず!?」は、内容的には、SEOにとっても参考になるものだと感じましたが、これもアウト!最近、アウト率が高いようです。ということで、あえて他の記事から参照して読んでもらおうと、いけない事を考えています^^;。

 さて、ここでSEO対策関連情報を書かないと3連続アウトとなってしまうので、そういう話題も入れておきたいと思っています(これも駄目なら今日はあきらめムードで・・・)。

 ここ最近私の分析内容は各サイトのターゲットキーワードでのYahoo!やGoogleでの順位というよりも、そのヒットしているページのチェックをしています。

 調べるまでもなく、Googleはページ単位でのヒットが多くなる傾向にあるし、Yahoo!はトップページがヒットする傾向が強いわけです。

 しかし、そんなYahoo!でもサイトによってはページを優先させてヒットさせるものがいくつか存在しているのですが、その傾向をより詳しく調べてみたいと思い、日々チェックしています。(面白いことにそういうサイトに限ってなぜかGoogleは同じキーワードでトップページにヒットしていたりするのですが・・・。)

 そして、もう1つはYahoo!が数ヶ月以内に「link rel="canonical"」を本格的に動かすと思われるのですが、それがいつ頃なのかということも含めてチェックしています。

 今のところ、Yahoo!のクロールが多いところは統一されているように「見える」のですが、クロールが少ないところはバラバラのため、確実な判断には至っていません。(とはいえ、このコードは確実に正規化を約束するものではありませんが)

 今回の記事、寄り道しまくってしまいましたが・・・、タイトルこれでいいのかな?と・・・。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 14:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策

CSSの文法エラーは検索順位には影響せず!?

 ビッグキーワードで上位に来ているサイトのCSSの文法エラーなどが順位に影響するかを調べてみました。なお、この調査をする前から私の答えは「現状は影響しない」と思っています。

 では、どこのサイトで調べるかといいますと、やっぱり
 http://www.yahoo.co.jp/ です。

【第一のチェック〜W3C CSS検証サービス
W3C CSS検証サービス


結果、7つのエラーが見つかり、不合格でした。

【第二のチェック〜The W3C Markup Validation Service
The W3C Markup Validation Service


 25個のエラーがでました。

 とはいえ、ヤフーなので順位も何もないので、超ビッグキーワードの1位を調べたところ、第一のチェックはエラーなし。第二のチェックはエラーが25でした。

 また、別のビッグキーワード1位でも第一のチェックはエラーなし。第二のチェックではエラーが1。

 こうなると、CSSはきちんとしていないといけないのか?と思い、さらに別のビッグキーワード1位をチェック。すると第一のチェックは20のエラー、第二のチェックは104のエラー。

 実際にはあの「朝日新聞」もエラーだらけのようですので、やはり順位には影響していないということですね。

 とはいえ、将来的に綺麗なプログラムにしておくことは、悪いことはありません。修正できる時にしておいた方が、後で重要なポイントとなったときに困りますからね。

 alt属性などのSEO対策に直結するものは入れ忘れがないようにしましょう。細かい文法は間違えていても、それほど気にしないでも大丈夫ということであって、必要なものを入れないのは問題ですので。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

グーグルがはらぺこだ

 グーグルのトップ画像がエリック・カールの「はらぺこあおむし」になっていました。

はらぺこあおむし


 この話をご存知の方は多いと思いますが、Googleの文字はとても相性が良いようです。元々穴の開いている文字が多いのが相性のよさだと思います。

 子どもに夢を与え続けている絵本のキャラクターと自分たちのロゴをもじるグーグルの洒落はシンプルな表紙の中でも工夫が出来ることを伝えてくれているようです。

 ある意味、フラッシュだらけのホームページになった時代へ、シンプルでも、最新の技術などは使わないでも、まだまだいけるものだ、ということを教えてくれているのかもしれません。


 最新の技術を集めたサイトだからといって、ユーザーは集まるわけではないということの証明ですね。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google対策