2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年03月14日

titleタグを変える理由を分かりやすく書いてみました

 今回のテーマではtitleタグと書いていますが、サイト内の見出しタグ、その他でも同様です。

 今でも沢山のサイトを見ていると、タイトルがどのページも同じだったり、metaタグ(keywordやdescription)が全て同じだったりなどというのを、よく見かけます。

 なぜ、これがいけないのか?

 例えば、市販の本を考えてみると非常に分かりやすいと思います。

 目次を見たら、全て同じタイトルだった・・・なんてことはありませんよね?タイトルを見て「このページを見ようか」となるわけです。

 ホームページも同じことです。タイトルを見て全部同じだったら、中身は同じもの?と勘違いするわけです。でも、実際にはそんなことはありません。タイトルは同じでもそれぞれのページのコンテンツは異なることが普通だと思います。

 それぐらい、titleタグは重要で意味があるということです。SEO対策としてだけではなく、本来の意味で考えていくようにしましょう。

 そう考えると、きちんとタイトルを修正しようか?という気になりませんか?

 しかし、既にページを量産して、かなりの数になると修正どころではありませんね。その場合には、とりあえず、人気のあるページ、誘導したいページを優先して修正していきましょう。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

ヤフーのクロール頻度を上げるには

 ヤフーのクロール頻度はご存知の通り、サイトによってばらばらです。こまめに更新しているサイトであれば、ヤフーもそれに気がつき、まめに回ってくれるようになります。

 逆に更新が滞っていると、「このサイトはあまり更新しないな」ということで、あまり足を運んでくれなくなります。

 調べてみると、ヤフーの場合には、コンテンツの中身を修正するよりも、トップページの更新を頻繁にすると効果が現れやすくなります。コンテンツをまめに修正していても、トップページを修正していないと、やはり頻度は下がる傾向にあります(ここ最近の調査・分析によりますので、今後は分かりませんが)。

 なにより、ヤフーはトップページを重視する姿勢であることは間違いないわけです。

 これを現実の店舗で見てみると、納得できます。外観のポスターやら飾りつけをこまめに変えているお店は、「何か変化があるかもしれない」と感じ、つい足を踏み入れる可能性があるわけです。

 しかし、見た目に何も変っていなければ、たいてい、前回来た時と同じだろうなという想像をしてしまいます。

 と、本来はネットと現実では比較はしにくいのですが、例ということで述べさせていただきました。

 ちなみにSEMアドバイザーの公式ページそのもののコンテンツはそれほど修正する部分がありませんので、ブログの更新を掲載するようにしています。そうすることで、クロール頻度はかなり頻繁になっています。

 更新する内容がなくても、何かはあるはずです。ヤフーの立ち寄りサイトとなるためにも、まめに更新をしていきましょう。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 10:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | Yahoo!対策