2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年03月04日

SMOの本質は喜んでもらうこと

 SMOなどという難しい略語があるから分かりにくくなりますが、ソーシャルメディア最適化の本質は「喜んでもらうこと」にあると考えています。

 「喜んでもらうこと」だけというと、やや乱暴なので、実際には様々な感情を呼び起こすことで、人は口コミをしたくなるわけです。

 楽しかった
 面白い!
 切な過ぎる
 泣ける・・・
 笑える
 これ、変ってる!


 などなど、様々な感情がわきあがった結果、それは人づてで伝えられていくのです。

 今までのWeb上での口コミ戦略は、ややお金に物を言わせた無理やりな部分があったことは否めません。それが例えば、今回のグーグルのペイパーポストなどの問題にも発展をしたわけです。

 再度、企業はSMOの本質に立ち返る必要があると思います。急いで商品を売らなくてはいけない、あるいは話題にのせないといけないということはあるでしょう。

 しかし、広報ツールはいくらでもあります。WebにはWebにあった方法で正々堂々と正しい宣伝をしていくのが望ましいわけです。

 ユーザー(消費者)の笑顔が見られる、その本質を忘れずに広報をしていく必要があると思います。

 私も地味にブログを書いておりますが、無料SEO診断なども依頼が結構来るようになりました。

 「無料だから期待していなかったんだけど、充実のレポートですね」という感想を後でいただくこともあるのですが、無料でもこれだけのアドバイスをしてもらえるのか!ということで、毎度、満足のお言葉をいただいています。

 私としては、それが次につながるかどうかは別としまして、喜んでもらえたということが、まずは一番だと考えています。喜んでもらえて、マイナスになることは私にはありません。それこそ口コミとして、悪く言われる方はいないと思っています。

 今後も真摯な姿勢で私も取り組んでいこうと思っています。SEOやSMOなどの英語だと、どうしても機械的な作業を考えてしまいますが(実際にそういう対策しか取らない会社も多いですが)、本当はいつも書いている通り、SEOなどは目的への一手段でしかありません

「SMOの本質は喜んでもらうこと」


 この気持ちを忘れずに、良い商品、良いコンテンツを作りあげていきましょう。


SEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年03月03日

ブログパーツの「なかのひと」って面白い

 今更ですが、最近、「なかのひと」というブログパーツをつけました。

 実は私、ブログパーツって邪魔なんで、好きではないのです。極力減らしたい性格なのですが、そんな私もたまには人気パーツでもということで、「なかのひと」をつけてみました。

 これは自分のブログに来た方がどの会社(組織)の人かが分かるものなのですが、「実に面白い」(誰かの台詞ですね)。

 実は、中小企業の方とか、個人のSEO好きな方がメインかと思っていたのですが、いろんな会社の方が見ているものです。SEMアドバイザー自身がセルフSEOを推進する教育がその業務ですので、そういう方をターゲットに記事を書いているのですが、いやはや、ヤフーの方は良く来てくれています(というか一番多い!)。この記事読んで、もう行かないよなんて事はなしでお願いいたします。

「こいつ、変なこと書かないだろうな?」


 と、思って読んでくれているのか、

「たまには良いこと書くじゃない?」


 などと思っているのかは分かりませんが、わざわざ足を運んで(実際にはマウスをクリックして)読んでいただけるのは嬉しい限りです。とはいえ、正直に思ったことを書きますので、ご了承下さい。

 さて、この「なかのひと」、アクセス解析で「超メジャー」とか、企業名の後ろにそういうマークがつくのですが、「激レア!!」というのが面白い!レアな会社の方が来ると良いことありそうです。

 しかし、どう考えてもセルフSEOはやらないでしょう〜という企業が多いことですね。どういう目的で来ているかは分かりませんが、いろいろと来訪目的を想像するのが楽しいブログパーツですね。

 これは、ずっとつけておくことにします。暇つぶしにもなりますね。もっと、早くつけておけばよかったと思っています。まだ、つけていないという、私以上に遅れている方は是非お勧めします!


SEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

SEO対策はデータに踊らされてはいけない

 誰もが陥るポイントとして「データに踊らされる」というポイントです。

 アクセス解析などをしていくと、様々なデータを見ることになります。アクセス解析を導入する前までは、おそらく「経営の勘」でホームページのデザインなども含めて考えていたことでしょう。

 それがアクセス解析などのデータを見ると、一気に考え方が変るケースがあります。

 私は以前5年間ほどデータ分析の業務もしていたことがあるのですが、データというのは使い方を誤るとただのごみになります。いえ、ごみならまだいいかもしれません。ですね。毒になることもあります。

 アクセス解析をすることで、様々なデータを見ることが出来るようになりましたが、本当にそのデータすべてを「今後に反映させることができる」と思いますか?

 流行や人の感覚は必ず変ります。データ分析をしていたからこそ、私は言いたいのですが、数字だけで納得せずに、「勘」もそのまま持ち続けて欲しいと。アナログな部分はとても重要です。

 このページの離脱率が多いですね、といったら、その先は「勘」や「感覚」「直感」がモノをいいます(それを生かすデータであれば問題ありません)。

 例をあげると、なぜこのページは離脱率が高いのか?ちなみに、その数字が昨日は10%で今日は50%だったなんてことは気にする必要はありません。そんな一日程度のことで悩んでも仕方ありません。相対的に低いなら考える必要はあります。(ただし、リニューアルをしてページそのものが大幅に変っている場合にはおおいに気にして下さい!)

 まとまりがつかなくなってきましたが、言いたいことはただ1つです。沢山のデータを細かく見て膨大な時間を使うのであれば、重要なデータだけを先におさえて実行に移したほうが良いということです。

 データにもどうでもいいものと、重要なもの、使い方によってはすごいものなど、様々なものがあります。しかし、大事なのは与えられた数字を、次のアクションに移せるかどうか?ということなのです。

 つまり、与えられるデータが多ければ多いほど、そのアクションへの過程が増えてしまい、かえって妨げになる可能性もあるということです。

 SEO対策はデータに踊らされるのではなく、上手に必要なものを取捨選択してください。


SEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年03月02日

ホームページSEO対策無料チェック3月分受付開始!

 ホームページ無料SEOチェックの告知です。毎月先着限定5社のSEO対策も含めた無料ホームページのチェックの3月分受付を開始いたします。

 先着5社ではありますが、余裕があれば、5社を超えても受け付けることはあります。この無料診断だけで、順位があがるサイトはもちろん、資料請求が増えた、サイトを見直す気になったなど好評です。

 ブログをご覧の方には伝わるかもしれませんが、「私らしい」おせっかいなアドバイスも差し上げるかもしれません。厳しい意見でもお聞きいただける企業様のお申込みをお待ちしております。

 なお、この診断を受けたあとの営業は一切行なっておりませんのでご安心下さい。DMなどもお送りしておりません。

 ただし、「ホームページSEO対策無料チェック」の詳細をきちんとお読みにならない企業様、同業の方、現在の対策状況を全くお話いただけない企業様などはお断りしております。

 できれば、中小企業サイトの方が向いていると思われます。予算の限られた中でのセルフSEO対策の方が効果がありますし、中小企業でも大企業に勝負をかけることができるのがSEOだと考えております。

 ご希望の企業の方はお早めにお申し込み下さい。同日に多数のお申込みがあった場合には、結果のご連絡が遅れることもございますので、ご了承下さい。

 お申込み方法は下記のバナーより詳細をご覧下さい。


SEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

スパム行為の対処策を私たちも考えよう

 スパム行為と検索エンジンとの戦いはいたちごっこであることは既に述べておりますが、私たち、SEO対策を業務とするもの、あるいはそれについて学んでいるものが様々な意見やアイデアを出すことで、より良いスパム対策ができるのでは?と考えます。

 実際に、ヤフーなどの方がSEO関連のブログを見ていることは明白です(私のところにも結構きています)。たまにでも「検索エンジンアルゴリズムの改良」に役に立つことを書けば、少しはお役に立ててもらえるのだろうか?などと思いつつ、厳しいことも含め書かせていただいております。

 現在ある多くのスパムのうち、すぐにでも対処できそうなものは結構あると思います。その1つが私が以前から何度も書いている、フレームスパムです。フレームの区切りを1ピクセルと残り全部のように、フレームの本来の使い方ではなく、SEO対策のみに使っているなどです(いわゆるnoframesですね)。

 ちなみに、以前から追っている、とある「人気地域 美容室」でフレームスパムをやっているサイトは今も、ヤフーで1位のままです。ちなみに、私が知る限り、そのページからリンクをはっている外部ブログのみ更新していますが、本体ドメインについては、1年以上更新はありません。しかも、コンテンツは画像のみです。これが通るのであれば、こんな簡単なSEO対策はありませんね。(noframes内には効果的な文章が全ページ書かれています。それも全ページ同じですが・・。)

 このスパムなどは簡単に対応できると思うのですが、なぜ対応しないのか?というところが不思議でなりません。あまりに原始的なテクニックです。

 IP分散型の被リンク提供も私から言えば立派なスパムです。結局、その内容に即した人気のバロメーターではないからです(もちろん、正当なSEO対策行為だとの反論もあるでしょうが)。この点で言えば、例のペイパーポストは一定のルールの元であれば、チラシと同じような正当な広報だと考えています。

 現在、ヤフーのインフォセンターなどでも、どのような行為が検索エンジンスパムかなどの定義を行なっています。

 フレームスパムについては、この定義を引用させていただくと「検索する利用者に見えないテキストを使っているウェブページ」、IP分散型被リンクについては「過度な相互リンクを行い、サイトの認知度を不自然に上昇させているウェブページ」「検索エンジンが付与する表示順を不正に上昇させているウェブページ」が当てはまるわけです。正確にはIP分散型被リンクは一方的なリンク販売ですが、不自然に上昇させていることは間違いありません。

 SEO対策は将来を見据えた正しい利用が大切なのですが、なかなかうまくいかないものです。スパムの対策法を考えても、また新しいスパムが生まれますが、多くの方が記事にして公開することは、効果があると思われます。良いコンテンツを検索してもらうためにも、今後も声を上げていきたいと思います。

 とはいえ、一般の企業の方はSEO関連の記事などは興味がない方が大多数です。だからこそ、そういうスパム手法が商売になるんですよね。

 SEO云々、良い、悪いとか関係なくマーケティングの手法と考えれば、商売上手であることは間違いありませんね。
 

SEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年03月01日

企業名での上位独占の必殺技!

 今回のアップデートで書かせていただいたとおり、メイン、サブ、それぞれのドメインをあわせて二つまでしか検索されていないように見受けられます。

 これについては、良い動きではないかと思っています。サブドメインを量産して上位を確保することができなくなるからです。ということは、様々なサイトに上位表示の可能性があるということを示しています。

 ということは、少なくとも、自社サイトをなるべく多く表示させるためには、ドメインを多くとるしかないということになってきます

 実際にあるサイトは、こちらが感心するくらいドメインを取っているところがありました。いわゆる、ページごとに違うのです。もちろんすべてではありませんが、私が見たところ、メインのメニュー項目は多くはないのですが、サブフォルダやサブドメインを使うわけでもなく、ほぼ独自ドメインを各ページに割り振っています。

 もちろん、デザイン上は同じ定型パターンで組んでいます。普通であれば、その規模・内容のサイトは、1つのドメインの中に、サブフォルダを作るのが順当なサイトなのですが、わざわざ独自ドメインで分けています。

 この作戦が効果を発揮して、会社名(結構有名です)で検索すると、その会社のサイトがずら〜っと並びます。1ページ目も2ページ目もほとんど、その会社のサイトです。

 この方法は一部で流行るかもしれませんね。悪いことをしているわけではありません。力技ではありますが、企業名で検索した場合には確実に独占できる状況です。

 しかも、検索エンジンにとって、排除する理由がありません。とりあえず、メニュー項目が違うので、中身は違うわけです。

 どうしても会社名で上位にと考えている会社には、この方法も面白いかもしれません。ただ、オチがありまして、その会社のターゲットキーワードでは、全く上位表示されていませんでした。

 そのため、ターゲットキーワードでは「リスティング広告」や「アフィリエイト」での認知度アップに努めています。

 この戦法はそれぞれのドメインがコンテンツ不足になるという、基本的なマイナス効果がありますね。希望キーワードが大きすぎるがゆえの逆転の発想かもしれません。

 今回のこの大技を使っているのは、普通の中小企業のサイトです。結構前からやっているので、面白い人がHP制作に携わったのかもしれませんね。いきなり勧めるテクニックではありませんから。


SEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 07:14 | Comment(0) | Yahoo!対策