2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年03月19日

リアルな検索キーワード

 先日からつけたブログパーツ「実況!検索ワード」。何の気なしに見ているととても面白いですね。(ブログパーツは左下にあります)。

 いやはやロングテールの塊というくらい、レアな言葉(というか知らないキーワード)が並んでいます。

 テレビのニュースで出ているものや、新聞、そしてネットのニュース速報などから気になったと思われる単語がひっきりなしに出てきます。

 このブログパーツ思ったのですが、自分で設定したキーワードに関係するキーワードの組み合わせが出てきたときだけ色が変るとなお便利だなと思いました。

 例えば、SEO対策とかSEMとか、そういうキーワードを登録すると、色が変るということです。RSS関連のものではそういうのもありますが、これもそうなると嬉しいとちょっと思ったわけです。

 しかし、ここでは書けないのですが、特定の企業の誹謗中傷になるようなキーワードで探しているものもあるのが怖いですね。

 それを見ただけで、「ああ、あそこの会社は評判悪いのか」ということになるわけです。実は今、一瞬、そういうキーワードが出ていたので、ドッキリしました。

 検索ワードにそのような「感情」が入ってくることが以前に比べて本当に多くなったと思います。より詳細で正確な検索文字列が増えていることも強く感じます。

 しかし、これを眺めていても、商売のヒントとできるかどうかは、その人次第ですね。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

 
posted by kame at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年03月18日

ブラウザによるSERPsの違いとおかしな点

 既にただの男さんの「yahoo・google・seo」の記事「Yahoo seo Yahoo!Japan ie7だけ変動」に書かれているように、IEとFirefoxのヤフーでの検索結果に違いが出ています。

 当方でもこの件についていくつかのPCで確認した結果、すべてのPCでこの現象が出ているわけではありませんでした。

 そして順位の違い以外にもおかしな点を発見しました。今回の例では順位はどちらも1位ですが、全体的な検索順位は異なっています。

 検索キーワード「セルフSEO」の1位を比べていただきます。

【IE7の場合】
ie7.gif


【Firefoxの場合】
Firefoxログイン


 アドレスを見ても分かるとおり、同じサイトなのですが、表記まで変わっています。しかもブックマーク数に注目してください。全く違います。しかし、おかしなことはもうひとつありました。これはヤフーへログインしている状態での画像なのですが、ログアウトしたら何か変わるかと思い試してみました。

【Firefox ヤフーログアウトの場合】
Firefoxログアウト


 さらにブックマーク数が変わりました。キャッシュ日はIEとFirefoxで異なっています。IEではログアウトしても変化がないことを確認しています。

 このおかしな現象は一部のPCでしか確認ができなかったのですが、何かの前兆のような気がします。

 さて、この先何が起こるのか注意していきましょう。


 <3月25日>
 クッキーを消せば、この状況は治りますが、同タイミングでいろんな方のPCの順位が変わったのがなぜなのか・・・。

 ほぼ同じ頻度で両方のブラウザを使っているだけに、やや不思議です。毎日のようにこの現象が起こっているのならわかりますが。まあ、今後のパーソナライズド検索の流れになったら、その順位さえも人によって変わると思われますが・・・。

 しかし、クッキーでSBMやタイトル表記の見え方まで変わるものなのか?と思うと、腑に落ちません。キャッシュならまだ分かりますが。クッキーでの順位変動はまだ分かりますけが・・。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

必見!お店が二駅利用可能な場合のSEO対策

 いつもヤフー、グーグルの順位チェックをしているサイト(管理サイトではありません)なのに迂闊にも気づいていませんでした。

 私がよくネタにする美容室なのですが、実はその美容室、有名な駅二つを利用可能な美容室なのです。ここまでは驚くことではありません。

 その二つの駅名と美容室の組み合わせで上位に来ているので、注目していたのですが、よくよくアドレスを見てみると、ミラーサイトではありませんが、1つの駅名は「index.html」でSEO対策をしかけ、もう1つの駅名は「index2.html」でSEO対策をしかけていました。

 中身は全く同じです。そもそも美容室は1つしかないわけです。そのため、タイトルだけが違うのです。つまり駅名部分だけがそれぞれのターゲットとするものになっているというだけの違いです。後は、メニューからいけるリンクは全て同じです。

 この例をとるならば、駅が三つ利用可能な店はindex.htmlに盛り込まず、検索エンジン対策として駅ごとにindex2.html、index3.htmlとタイトル違いのものを用意する方が効果がある可能性がでてきます(実際に効果が出ているので否定はできません)


 現在、この方法でヤフー、グーグル、Liveサーチ全てが十分な上位にあります。

 通常、店舗が二つある場合であれば、このテクニックも分かりますが、何でもアリの感じがしますね。

 なお、このサイトは画像がメインでテキストがほとんど皆無です。そのため、index.htmlのコピーをしているindex2.htmlはテキストと認識できる範囲がほとんどありません。そのため、プログラムソースもほとんど数文字程度の違いしかないのです

 もし、テキスト情報が豊富なサイトでこのテクニックを利用した場合に、同じ効果が出るかはわかりませんが、1つの結果としてお伝えしたいと思います。

 個人的にはスパムっぽいので好きになれない手法ですし、お勧めはできませんが、上位に来ているという事実(しかもかなり長い間)は事実として受け止めるしかないですね。

 私の管理サイトでは駅が二つ利用可能なものがありませんので、どなたかチャレンジしてみてはいかがでしょうか?もちろん自己責任でお願いいたしますが・・・。

 indexとついているファイルはやはり強いということになります。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

音のSMO戦略

 SEO対策やリスティング高校など様々な手段を講じてアクセスを増やした後に、大事なのは、「記憶してもらうこと」です。

 すぐに、サイト運営者が求める結果につながるケースの方が圧倒的に少ないわけで、時間をかけて真のユーザーにつなげていくわけです。

 そんな時、訪問者に対してどんな印象を残すか?

 人間には5感があるわけですが、HPの場合、聴覚、視覚が最も重要なものになります。また、商売において意外なものが口コミとして広がっていくものです。

 そんな中、今回は「音」でのインパクトを与えているものを紹介します。とはいえ、既に有名な曲で、この曲を聴くと、ついお店を思い出してしまうものです。

【ドンキ・ホーテのテーマ〜ミラクルショッピング】


 そして全国に沢山あるわけではありませんが、現在、私の頭を占拠している曲がこの曲です。

【shop99】


 SMO戦略を考える上でこのような音楽でも噂にのぼります。変な曲と思われても良いのです。「覚えてくれる=信用が生まれる」ということです。日本人は「知っているものは安心」と考える方が多いからです。

 HPはどちらかというと、ヤフーやグーグルでの順位、見た目のインパクト、キャンペーンなどでの口コミ戦略などが戦略要素として語られることが多いのですが、「単純な音」だけでも十分な広報戦略になるということです。
 
 いずれ、HPで臭覚を利用できる時期が来ると思っています。研究が進んでいることですし、その日を楽しみにしたいと思います。香りのデジタルデータ化、楽しみですね。そのときには香水通販などは売れるでしょうね。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

2009年03月17日

ブラウザが増えることでの確認の重要性

 先ほど、ブログデザインの変更を行ないましたが、IE6ではズレているとのご指摘を頂き、早速修正をさせていただきました。ご指摘いただきありがとうございます。IE6は現在も利用者が多いブラウザですので、助かりました。

 今回の記事は懺悔だけでは意味がありませんので、既にIE7に移行してしまった方も安心のチェックツールを紹介いたします。IEの過去のバージョンも含めて同時に見え方をチェックできます。

 IETesterというソフトで現在バージョンは0.3です。IE5.5からIE8まで一気にチェックが可能です。このソフトはIEに特化したものなのですが、無料で利用できます。(ご利用に際しては自己責任でお願いいたします。)

IETester


 次に有料ではありますが、数多くのブラウザのチェックが出来るサイトをご紹介いたします。


スクリーンショット.jp


 です。このサイトに登録することで、数多くのブラウザでのチェックを行なうことが出来ます。マック環境もチェックできるので、安心できます。(マックはどうしても基本フォントのサイズが異なりますので、問題が起こりやすいものです。)

 ブラウザは今後、さらに増えていきます。ブラウザのチェックをきちんとしないといけませんね。と、今回は自分に言い聞かせております。

 もし、もっと便利なツールがあるよ!という方がいらっしゃいましたら、コメントをいただけると幸いです。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ


 
posted by kame at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | LPO対策

ブログデザイン変更による効果測定

 基本は変っていないのですが、左右に分けてきちんとした三段組にしました。

実況!検索ワード そして、ブログパーツはあまり好きではないといいながら、日々面白いのが出ているので、ここにアクセスしてきた方の役に立つものをつけてみました。

 それ以外にもいくつかつけてはいますが、左の列のアドセンスの下にあるパーツ。「実況!検索ワード」はリアルタイムで検索されているものがピックアップされて表示されています。

 気になるキーワードを「ダブルクリック」すると@nifty @searchの検索結果に飛びます。

 そして、その下はおなじみの「瞬ワード」ですね。1時間ごとに人気キーワードが更新されます。


 今までのすっきりデザインに慣れていただけに、自分自身、ちょっとゴチャゴチャしていると感じますが、順番を今後も見直すなどして(既に大分やり直していますが^^;)、より見やすく、そして遊びやすい(?)ブログデザインを目指そうと思います。

 今は「実況!検索ワード」がネタ作りに使えそうかと思っていますが、今後も面白いものがあれば、実験的につけてみようと思います。

 また、アドセンス広告の位置も変えてみました。クリック率の変化などを見てみたいと思います。

 今回のブログパーツはブログパーツポータルサイトの「blogparts.com」にて探したものです。
 

ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ


posted by kame at 18:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 全般

恐るべし!首相官邸リンク集

 先日、リンクに関する事を書きましたのでヤフーで「リンク集」を調べるとどんな順位か?と思い、調べてみました。

 1位はおいときまして2位にあるのは何と!



 ではないですか!goドメインの強さはもう言うまでもありませんが、リンク集があったんですね。

 そういえば、首相官邸のホームページってどんな人が見ているのか?と気になりますが、その中身も見てみると面白いです!

 「キッズルーム」なるものがありました。(首相官邸ホームページより)

キッズルーム


 子どもに総理大臣の仕事とか内閣のこととかを説明するページなんですね。子ども用に書いていますが、内容は大人が見ても十分意味のあるものです。というか、大人が読んだ方が良いかもしれません。

 是非、一度ご覧いただくと勉強になると思います。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

SEO対策のターゲットキーワードを絞る

 今回のテーマは「SEO対策のターゲットキーワードを絞る」となっておりますが、実はこのSEO対策ブログの実験的記事なのです。

 当然のことながら、このブログでもいくつかのキーワードをターゲットにしています。思いもよらないキーワードで上位に来ているものもありますが、SEO対策は当然の事ながら、狙ったキーワードで上位に上げていかなくてはいけません。

 ブログの性質上、自分でも気づかないうちに、様々なキーワードを書いているため、寄り道ではないですが、SEO対策からかけ離れていることも多く書いております(そもそも広報関連が多いのですが)。

 そういう日々更新しやすいブログだからこそ、SEO対策のターゲットキーワードをきちんと意識していないと脱線してしまい、かえって希望キーワードが遠のいていくということになりかねませんので、注意が必要です。

 そういえば、昨日書きました「SMO対策−HPにアクセスさせる12の理由」の記事においてはSEO対策ならぬ「晴練雨読」最適化(管理人さん曰くSUOと言うそうです^^)に失敗してしまいました。熱く語ったのですが、SEO関連記事からはずされました。そのため読んでいない方も多いでしょう。

 今回の記事はおそらくSEO関連記事と認識されるはずですので、読んでもらうために、リンクを上記記事タイトルにはっておきました。是非、読んでいただければと思います。たまには(?)良いこと書きましたので。

 なお、今後はセルフSEO対策に関係する事をこのブログでもっと書いていきたいと思っています。とはいえ、企業で働いていると、セルフSEO対策はなかなか難しいですね。

 しかし、セルフSEO対策に先に目覚めた企業は確実に将来、良いことがあると確信しています。目に見えるところでは大きなコスト削減ですね。広報担当として、そういうアンテナは不可欠だと思っています。

「SEO対策=業者によろしく」


 ではなく、まずは自社内でセルフSEO対策がどこまで出来るかを考えてみましょう。そのお手伝いが出来ればと考えています。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年03月16日

SMO対策−HPにアクセスさせる12の理由

 SEO対策をして何とか順位をあげようと日々努力をしていると思いますが、少し目線を変えてみるといろいろな事が見えてきます。

「なぜあのサイトには人が集まるのか?」
「そして、どうしたら自社サイトに集まるのか?」


 ということです。実はSEO対策を中心に考えると、本質を忘れてしまいがちです。身近な例をあげてみましょう。

 貴方が毎日通うお店はどこですか?そして、なんでそこなのでしょう?

 確実に理由があります。しかも100%あります。

「なんとなく目の前にあったから」


 これも十分な理由ですね。身近な例にしてしまうと、この理由は不確定要素の多い強い理由ですが、SEOなどはこのままだと思いませんか?

 つまり、「ヤフーで1位にあったから見た」と同じような意味です。

 本当は現実のお店と一緒で強い理由の方が良いわけです。例として12個あげました。順位ではないので、数字は入れませんでした。本当は12でなくて、何個でも良いのですけどね。数入れた方がアクセスが増えるだけです。書店売りの本と一緒です。

・あの店はおいしい
・あの店は安くてモノがいい
・あそこは近くていい
・店員が優しい
・品揃えがいい
・好みの店員がいる(これって結構強い理由ですよ!)
・対応がいい
・親切だ
・高いけどサポートがいい
・店員が詳しい
・在庫が豊富
・付加価値が気に入っている


 あげればきりがないので、この辺で例はやめますが、皆さんが日々行動する上で理由がないことはないのです。偶然もしかり、理由が潜在的にあるので。

 偶然、チラシをもらったら、キャンペーンをやっていたでもいいのです。

 Webでユーザーを増やすには、何でもいいので「理由」が必要なのです。その1つが先ほど書いたSEO対策での上位表示です。上にあるから安心という理由になるのかもしれません。

 さて、そんな中、貴方が新規で、あるいは人気のあるサイトに立ち向かうにはどうしたら良いでしょうか?答えは理由作りにあります。ユーザーがアクセスしたくなる理由を何でもいいので、考えてみてください。なければ、作ってみてください。そういう意味でも、集まっているサイトの「その理由」を調べてみるといろいろと学べると思います。

 とにかくアクセスを集めたい!という気持ちは分かりますが、その集めるための理由は考えてください。

 たまにはいい話を書いてみたつもりですが、「たまにいい話が読める」では理由にならないですね・・・。




ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

Overture推奨認定代理店について

 「Overture推奨認定代理店」という言葉をあまり知らない方もいるかもしれませんので、ちょっと解説します。

 オーバーチュアにはいくつかの代理店パターンがあるのですが、推奨認定代理店というのは、オーバーチュアの最も重要な販売パートナーであり、オーバーチュア代理店制度の最上位の会社です。2009年2月現在、9社のみこの最上位を取得しています。SEO業者としては有名な会社が並んでいます。

 2007年10月1日からは「オンライン代理店」なるものも出来ています。

 ちなみに、Overtureプロフェッショナル制度というのがあるのですが、個人では取ることはできません。あくまで法人対象のものです。

 個人相手の資格制度を作れば、すこしは利益も出ると思うのですが。変な会社のSEO資格よりも、よっぽど取得した個人としても箔がつくというものです(面接で自慢できそうに感じませんか?誰も知らないところを、どう説明するかが肝です!)。オーバーチュアさんには是非、検討してもらいたいものです。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

2009年03月15日

リンクはります、今昔

 急に思い出したのですが、ホームページがまだほとんどマイナーであった頃なんですが、自分が好きなサイトにリンクをはるときにも許可をとっていた時代があったということを思い出しました。

「リンクフリーですが、お知らせ下さい」


 などの文面がよく使われていましたが、今はリンクフリーというのも、そういえばあまり見かけませんし、連絡してくださいと書いてあるサイトでも、古くからあるサイトで修正していないところとかがほとんどです。

 以前のリンクを知らせるには別の意味があったわけです。ひとつには、リンクしてくれるなら、そのサイトを見に行きます!みたいなものですね。リンクをしてもらうのが嬉しかった時代です。

 当時は便利なコマンドなどはなかった(と思います)ので、リンクをされているのは、教えてもらわないと分からなかったのです。

 私の趣味サイトではメールが来ると、「どこから来たのですか?」って質問をしていました。その答えを聞いて「なるほど!」などと思っていたものです。

 以前はたいていは検索エンジンではなく(本当の黎明期なので)、他の人が作成したリンク集から来る方が多かったのです。それくらい、自分の好きなサイトのお勧めであれば、面白いに違いないと、信じることが出来たということです。

 今ではリンク集から足を運んでくる方は少なくなりましたが(リンク集の掲載サイトが多すぎます!)、当時は貴重なネットワークだと感じました。

 今はお金を払ってリンクをもらう時代。変ったものです。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

補足:ヤフーのクロール頻度を上げるには

 先日書きました「ヤフーのクロール頻度を上げるには」の補足を書かせていただきます。

 前回の記事でのコメント欄でも書きましたが、「更新頻度が高いサイトは上位にあがりやすい」といわれていた時代に、あるSEO業者が以下のようなサービスを行なっていました。

 それは、夜間に全角10字程度の更新をトップページに入れるサービスでした。その手法の詳細は教えてくれませんでしたが、見た目には分からないプログラムレベルでの修正だと思います(そうでないと、サイト運営者が朝みたら内容が変っていることになりますからね)。

 それを日々繰り返すことで、検索エンジン対策としていたわけです。今でもこんなサービスをやっている会社があるのかは知りませんが(どこって聞かないで下さい。忘れましたので。)。

 これはそのSEOセミナーでの話でしたが、ここでこんな質問が出ました。

質問者「貴社と契約をして順位があがったとします。その後、契約を終えたらどうなりますか?」

担当者「残念ながら、順位は下がると思います」

 この台詞を聞いたとき、ひどいテクニックだな〜と思いましたが・・。まだ、SEOという言葉が認知される前の話です。

 今回の記事はこのテクニックとは違いますが、サイトの階層で下の方をちょこっとだけ修正するよりも、トップページレベルでの修正が入っている方が、検索エンジンも大きな更新があったと認識しやすいのは確かでしょう(特にヤフーではトップページを重要ページとして認識しているわけですし、そもそも伝えたいことでなければ、トップページで情報は流しません。

 まとめになりますが、本当に言いたかったことは、更新情報はトップページで分かるようにしておいたほうが、検索エンジンに分かりやすいことももちろんですが、ユーザーにとっても、親切ですということなのです。

 なお、クロール頻度が上がっても検索順位上位が確定することはありませんので、誤解のないようにお願いいたします。

 補足まで。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

トラックバックの受付を終了いたします

 今まで、トラックバックを受け付けておりましたが、日々、その中身をチェックしている時間が結構かかりますので、今後の記事につきましては、トラックバックの受付を終了させていただきます。

 これまで、トラックバック元の記事やブログ内容の確認後に承認しておりましたが、アフィリエイトサイト、情報商材サイトのトラックバックがその多数を占めております。

 今後はコメント欄につきましても、残すか検討となりますが、とりあえずはトラックバックのみ終了させていただきます。

 ブログの機能として当初のトラックバックの意義は薄れ、宣伝目的のみのトラックバックが多くなりましたことが、特に今回、終了を決めた理由です。

 本来の意味での、関連記事をお互いにトラックバックしあうことで読んでもらうという状況ではなくなったことが残念です。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般

ヤフーもグーグルらしいダンスを踊る?

 ここ最近感じるのが、ヤフーもグーグルダンスではありませんが、8〜10日周期で順位が大きく変動するケースがあることを認識しています。

 次の日には元に戻っていたりするのですが、現在のところ、それらのサイトの特徴を検証しているところです。

 安定しているサイトと安定していないサイトの違いを見ると、サイト経過年数ではないようなのです。長いサイトでも短いサイトでも起こっている現象です。

 ある程度の間隔で同じキーワードの組み合わせに起こりやすい傾向のようにも見えます。

 当方では同じ時間帯に日々チェックをしていますので、時間帯による変動とは違うようです(元々夜間と昼間では順位が違うケースはよく見かけますが)。

 なお、結構前にもこのようなことはありましたが、その時は次のアップデートなどで、大きな変動が来ることが多くありました。最近のケースでは、そういう動きがほとんどありません。つまり、平均して言えば、当方の管理サイトは安定した順位にあります。

 検索順位を決める要素は沢山ありますので、これ1つで何というわけではありませんが、以前と違い、アップデート付近以外も注意しないといけませんね


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
 
posted by kame at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2009年03月14日

titleタグを変える理由を分かりやすく書いてみました

 今回のテーマではtitleタグと書いていますが、サイト内の見出しタグ、その他でも同様です。

 今でも沢山のサイトを見ていると、タイトルがどのページも同じだったり、metaタグ(keywordやdescription)が全て同じだったりなどというのを、よく見かけます。

 なぜ、これがいけないのか?

 例えば、市販の本を考えてみると非常に分かりやすいと思います。

 目次を見たら、全て同じタイトルだった・・・なんてことはありませんよね?タイトルを見て「このページを見ようか」となるわけです。

 ホームページも同じことです。タイトルを見て全部同じだったら、中身は同じもの?と勘違いするわけです。でも、実際にはそんなことはありません。タイトルは同じでもそれぞれのページのコンテンツは異なることが普通だと思います。

 それぐらい、titleタグは重要で意味があるということです。SEO対策としてだけではなく、本来の意味で考えていくようにしましょう。

 そう考えると、きちんとタイトルを修正しようか?という気になりませんか?

 しかし、既にページを量産して、かなりの数になると修正どころではありませんね。その場合には、とりあえず、人気のあるページ、誘導したいページを優先して修正していきましょう。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

ヤフーのクロール頻度を上げるには

 ヤフーのクロール頻度はご存知の通り、サイトによってばらばらです。こまめに更新しているサイトであれば、ヤフーもそれに気がつき、まめに回ってくれるようになります。

 逆に更新が滞っていると、「このサイトはあまり更新しないな」ということで、あまり足を運んでくれなくなります。

 調べてみると、ヤフーの場合には、コンテンツの中身を修正するよりも、トップページの更新を頻繁にすると効果が現れやすくなります。コンテンツをまめに修正していても、トップページを修正していないと、やはり頻度は下がる傾向にあります(ここ最近の調査・分析によりますので、今後は分かりませんが)。

 なにより、ヤフーはトップページを重視する姿勢であることは間違いないわけです。

 これを現実の店舗で見てみると、納得できます。外観のポスターやら飾りつけをこまめに変えているお店は、「何か変化があるかもしれない」と感じ、つい足を踏み入れる可能性があるわけです。

 しかし、見た目に何も変っていなければ、たいてい、前回来た時と同じだろうなという想像をしてしまいます。

 と、本来はネットと現実では比較はしにくいのですが、例ということで述べさせていただきました。

 ちなみにSEMアドバイザーの公式ページそのもののコンテンツはそれほど修正する部分がありませんので、ブログの更新を掲載するようにしています。そうすることで、クロール頻度はかなり頻繁になっています。

 更新する内容がなくても、何かはあるはずです。ヤフーの立ち寄りサイトとなるためにも、まめに更新をしていきましょう。


ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 10:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | Yahoo!対策

2009年03月13日

アフィリエイトで売れてるもの、その傾向と対策

 今回のタイトルの最後の部分「〜傾向と対策」に反応する方は私と年齢が近い方かもしれませんね。

 昔なら「傾向と対策」と聞けば、誰もがわかる参考書でした。

 さて、テーマに戻りましょう。アフィリエイトについて今回は述べます。

アフィリエイトで売れるもの=ネットで商売しやすいもの


 ということですが、ここ最近の傾向ではどんなものが売れているの?をあげてみます。そして、ネットで売れる理由を()内にサンプルとしてあげています。

・ダイエット・美容関連商品(人に隠れて買い物可能)
・カード関連(こっそりカード作れます)
・資格関連(ネットで調べて資料請求)
・レンタルサーバ関連(そもそもネット関連)
・オンライントレード関連(書店で本も多く、身近感)
・無料会員登録系(無料=タダより安いものはない)
・就職・転職関連(ネットで登録申請可能)


 例として、半端ですが7つほどあげてみました。ダイエット関連は常に強いですが、資格関連は不況でさらに力を発揮します。
 また、株を一般の人にも浸透させたオンライントレードについては、書店で簡単に儲かるような宣伝文句のタイトルが多いのもあり、人気があります(株はそんなに甘くないですよ!)。
 無料会員登録はゲームからSNSまでたくさんありますね。
 就職・転職関連は以前から、アフィリエイトの常連です。

 このようなアフィリエイトで人気のジャンルは当然のことながら、競合が多く、「知識はないけどとにかくリンクをはろう!」みたいな作戦では全く売り上げが上がりません。

 ネット広告黎明期には比較サイトなどがまだほとんどなかったため、参入しやすかったのですが、大規模アフィリエイト系比較サイトや情報サイトが乱立してからは大変です。

 後発としてアフィリエイトにチャレンジするなら、知識がないとやっていけません。というか、続けていくモチベーションがもちません(モチベーションってすごく大事です)。

 私のお勧めはより絞った内容のコンテンツです。アフィリエイトサイトにヤフーもグーグルも厳しくなった現在、自分がこれには詳しいというもので勝負するほうが効果的だと思います。

 SEO的な観点でも固有名詞が出ている方が検索でも順位があがりやすいので、一本釣り作戦はお勧めです。

 ちなみに私はアフィリエイトについては、SEO関連知識として一通りやっていますが、この一本釣り作戦で単価が10万円を超えるものが売れています。

 実を言うと、売る自信はなかったのですが、グーグルからの検索でピンポイントでアクセスがあり、宣伝を全くしていないにもかかわらず、アクセスとコンバージョン率が想像以上に高いのです。

 意識して作らず、肩の力を抜いた方が警戒心を解く文章構成になり、売り上げにつながるのかもしれません。

 アフィリエイトはセルフSEO対策が効果を発揮しやすいものでもありますね。

 ちなみにこのブログのように文字だけなんて絶対にお勧めできません。ターゲットが若い人であればなおさらです。今は長い文章を読むのが苦手な人が増えていますので、適度に読みやすくするように画像を入れて緩急を使い分けましょう!



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策

Google AdSenseによる「興味 / 関心に基づく広告」につきまして

 当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

 このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(Google Privacy Centerへジャンプします。)をクリックしてください。

 Google AdSenseの新しい機能である「興味 / 関心に基づく広告」開始にあたり記載させていただきました。

2009年3月13日

SEMアドバイザーのSEO対策ブログ 管理人

ロングテールがロングテールでなくなる時

 SEO対策をする上でロングテールを意識することは重要なことですね。ビッグキーワードでの検索数が圧倒的だとはいえ、ロングテールキーワードのコンバージョン率の高さは否定できないところです。

 今回のテーマ「ロングテールがロングテールでなくなる時」の意味するところは、実はとても深いものです。

 日々、インターネットに接する機会が増えていき、情報リテラシーのスキルレベルが平均的に上がってきています。それは今後、確実に続きます。

 例えば、異なるものの例を挙げますと、テレビのチャンネルを変えるのに、ガチャガチャとまわしていた日々から、リモコンへの移行期には慣れない人が多かったわけですが、今はリモコンが当たり前のものになってきました。それに伴い、リモコンも機能が増えてきたわけです。つまり、機能を増やしてもついていくことができる人が増えたと企業側も認識をしてるからです。

 話を戻します。ロングテールキーワードでの検索は以前に比べて多くなっています。それは、ユーザーがかなり細かい検索キーワードで探しても、「何か」は探せると思っているからです。

 昔なら、キーワードによっては何も検索されないなどということはよくあることでした(古い話ですいません)。今は、探せないキーワードを探す方が難しい時代になったわけです。

 携帯電話での検索でも複数キーワードでの検索をする方が増えてきています。それは携帯の操作性に慣れた人が増えたためです。

 今後、ビッグキーワードに対し、いわゆるロングテールキーワードが、より効果的なポイントとなることは間違いありません。それには、コンテンツにキーワードを含んでいる必要があります。

「そんなキーワード誰も探さないよ」
の時代から
「そんなキーワードもあったね。サイトに反映しよう!」
の時代になっていくでしょう。

 サイト構築時のSEO対策のブレーンストーミングなどで、徹底的にキーワードを洗い出していくことをお勧めします。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2009年03月12日

グーグルSEOのポイントについて

 既に様々なブログでも紹介されていますので、ここでは割愛しますが、グーグルのMatt Cuttsさんが答えた今回のポイントについては、ある意味、想定内のものだということです。(というか、最近映像出演が多いですね。癖になっているのかも!)

 アルゴリズムの変更は常におこなっており、今回のポイントについての言及について、突き詰めていけば、気をつけるべきは問題のあるSEOを実施しているサイトであるわけです。

 trust(信頼)、authority(権威)、reputation(評判)、PageRank(ページランク)、High Quality (高品質)を考慮するということですが、グーグルの姿勢からすれば当然の流れでしかないと思っています。

 人工的に作ることが出来るものは評価が下がるでしょう・・・。とはいえ、今後も様々な方法でSEOスパム(スパムになる前は「手法」と呼ばれるでしょうが)が次々と出てくるでしょう。それこそ、振り込め詐欺のように、形を変えて出現するわけです。

 いつまでも検索エンジンとのだましあいは続くわけです。

 しかし、ブランドも崩れ行く大不況時代です。結局は大多数のユーザーは(つまり人口のほとんど!)SEOやアルゴリズムの存在すらも知らず、自分の欲しい情報が入手できればそんなことはどうでも良いわけです。

 まだまだネット上の広報活動はいくらでも方法がでてくるでしょう。バナーにマウスオーバーで声優が声を出すとか、面白いものが発表されましたが、よりインタラクティブに、そしてゲームのような感覚のものが増えていくと思っています。

 私としては、そういう広報ツールの方が面白みがありますね。ホームページはまじめにコツコツと基本に従ってコンテンツを充実させるしかないのですから。



ホームページSEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google対策