2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年02月27日

被リンク購入戦線「異状アリ」

 なぜ、リンクの販売がなくならないか?それはやはり、効果があるからとしかいいようがありません。

 今回のアップデートで、とあるビッグキーワード(3320万件)の順位を調べたところ、上記のような感想にいたりました。はっきりと書くと分かるので、ヒントとして「人生の節目として利用される場所」とでも書いておきます。

 今回も例のごとく、「下がったサイト」の確認をしました。linkdomainで被リンクを見ると、いかにも購入したようなリンクがずらりと並んでいます。元々の数が500件程度でしたが、3番目から怪しいサイトでした。落ちて当たり前か・・・と思っていましたが、1位も調べたところ、linkdomainで出てきた数は187,000件!

 さすが、有名キーワードは違うと思っておりましたが、中身を見てがっくりしました。こちらも3番目からは怪しいサイト。アドレスを見ただけで、いかにも機械的に作ったアドレスでした。しかもそれぞれのサイトを見ると、すべて同じ作りのテンプレートと思われるものでした(いわゆるリンクを販売しているサイトの自作サイトですね)。しかもタイトルは違いますが、すべてリンク集。中身がひどい!(ちなみにテンプレートは数種類あるようです。もしかしたら複数の業者からの購入かもしれませんが)

 なんと、車関係のリンク集なので、その先の「ベクトラワゴン」なるテキストリンクをクリックすると、その中身は車とはかけ離れた、リンク購入顧客名簿としか言えない内容でした。

 結局、それらを計算しないとして、どれくらいの数を有効なものと認めているのかは分かりませんが、ひどいものです。

 さて、気になると思いますので、きちんと調べておきました。それらのテンプレサイトのIPは?というと・・・、全部違いました。この部分で、ヤフーはIPアドレスが違うところからの被リンクは評価していることが分かります。

 しかし、問題なのは、コンテンツのタイトルと中身が全く違うものであるということです。つまりテーマが同じでなくても、どれくらいかは別としてある程度は評価しているということです。

 そもそも各ページのタイトルタグとその中身に関連性は「0」という状況です。

 とはいえ、ヤフーを責めてばかりはいられません。結局はSEO対策業者とのいたちごっこです。それを何の疑念も抱かずに利用する企業の姿勢にも問題があります。いや、それが一番の問題なのでしょう。ヤフーもグーグルも、検索エンジンには限界があります。そういう意味では、目で見てきちんと審査をするヤフーのカテゴリ登録は、原始的でありながら、最も有効な方法かもしれません。

 IPアドレスの分散に効果がある現在、これを利用するSEO業者に対抗するには、IPアドレスが異なり、かつ、コンテンツのテーマとの関連性をより強くチェックするものである必要があると思います。

 そのころにはまた別の不本意なSEOテクニック(とは言いたくありませんが)が生まれているとは思います。ヤフー、グーグルの日本を代表する二大検索エンジンには特に頑張ってもらいたいと思います。


SEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(1) | Yahoo!対策

ヤフー画像検索上位表示「11の法則」

 ヤフーの画像検索がリニューアルしましたので、検証してみました。画像検索する人はそんなにいるのかな?とも思いますが、どういう特徴があるのかを調べてみました。

サンプルキーワード「英会話スクール」


 ヤフー画像検索で上位を目指す方は参考にしてみてはいかがでしょうか?


<特徴>
1.カテゴリ登録は全く関係なし
2.画像の大きさは関係なし
3.ページランクなんてそもそも関係なし
4.検索キーワードが必ずしもalt属性に入っていない(関連キーワードは入っています)
5.画像のインデックス情報は古い(既にないものも多し)
6.SEO対策ばればれでも評価する
7.サイト全体よりも画像の存在するページコンテンツを重視
8.ファイル名は関係ない(キーワードの有無)
9.alt属性がないものは検索されない(調べた範囲で入っていないのはなかったです。
10.同じページ内にalt属性が同じものが沢山あっても気にしない
11.フラッシュの入っているページはほとんど検索されていない


 個人的に面白いと思ったのが、大手英会話スクールが皆無に近いということです。大手はフラッシュなど凝りまくっているのが裏目に出ているのか、上記11番にあるように、上位検索はされていません。

 通常のSEO対策では考えられないようなものですが、調べてみるとなかなか面白いものです。

 ちなみにタイトルの「11の法則」の数値は思いついたものの数を後でつけただけです。たまには「基本に忠実なタイトル」をつけてみました!


SEO対策無料チェック

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ
posted by kame at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!対策