2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年02月09日

提案型SEOへの進化の重要性

 SEO業者。私もSEO業者の営業電話を受けることは多々あるのですが、常に上位表示しか売りにしてきません。

「○○のキーワードで今、何位ですが、もっとあげませんか?」
「外部からの優良なリンクを集めますよ!」


 とかです。これって、私が思うに

「広報知ってないでしょ?」

 ということです。順位を上げるだけの商売なんて意味がないことは何度も言っていますが、「収益アップを前提とした検索順位アップ」でないと意味がないのです。

 つまり、ホームページそのものの訴求力、底力、商品力、競合他社など、様々なことを提案できるSEO業者でなければ、そもそも要らないと思っています。

 今後は「提案型のSEO」へ変らなければ意味がないということです。残念ながら私はそういう業者からの営業を受けたことがありません。もちろんLPO対策だなんだといって、いろんなシステムを売りつけてくる営業さんには何度もあっています。

 しかし、そういう営業がこちらのサイトにアクセスしたときに利用した「キーワード」はひどいものでした。そんなキーワードで探すこと自体が全くクライアントのニーズをつかんでいないということに気づいていないのです。

 実際にはあせらせるために、順位が上がっていないキーワードで探してくているわけです。これが「悪い」SEO業者の手です。

 例であげれば、ある町の歯医者さんに「歯医者で探したら圏外でした」というようなものです。特定の町にあるのに、そんな大雑把な探し方で意味あるのか?って言いたくなります。地域いれたので検索して圏外なら理解はできます。

 実際に私は営業にそのことを突っ込むと、困っていました。当たり前です。自分たちで分かってやっているのです。あせらせるためだけにそういう売り込みをしているわけですから。

 まあ、そんな営業ばかりうけてきたからこそ、私はセルフSEOを勧めているわけでもあります。実際にはセルフSEOを自社で完全にやることは、難しいと思います。日々の細かいチェックをするぐらいなら、実際のお客様のための業務をやった方がいいと思う部分もあるからです。

 とはいえ、SEO業者を見極める目を備えることは、広報担当にとって、とても大事なことだと考えています。

 是非、この世界ももっと、クライアントのことを考えた中身のある提案をする業界であって欲しいと思っています。外部リンクを購入させて終わりだとか、悲しすぎますよね!


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策