2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2009年01月29日

テレビショッピングに学ぶ広報戦略

 私は結構、テレビショッピングを見るのが好きです。なぜかというと、いろんな意味で勉強になるからです。

 心では「オーバーだな〜」とか「嘘っぽいな〜」なんて思いますが、その緻密に計算された話術ややりとりは、まさに商売の基本ですね。

 その売り方の流れをなんとなくまとめて見ました。

1.最近の話題から入る⇒テーマへの導入
・ポイントとしては、やや否定的な会話もする

2.商品を紹介
・どこにでもありそうでないところを上手に説明

3.今まで普通にある機能でも、すごい機能であるかのように説明

4.機能のいくつかをとりあげて、視聴者にロールプレイングしてもらう

5.ゲストのタレントの決め台詞!
「でも、これだけ出来るとお高いんでしょう?」

6.実は××××円なんです!⇒意外性の金額を提示
・本当は意外な金額と感じさせるそれまでの流れ

 ここからが上手いんです!

7.司会者の「あ、言い忘れていました!」
⇒再度の注目

8.今回はこの×××もセットでつくんですよ!
値段を言った後に、おまけを見せることで、安さを全面的にアピールできる。
・本当はおまけはいらないものも多いのですが、人間心理として気づかなくなっている。(ひどいときは、全くメインの商品と関連性のない抱き合わせの時もあります。在庫整理でしかない!)

 だいたい、この流れですが、長い間説明して、金額を提示、その後にまた長々と、メリットの説明やおまけの追加をすることで、売り上げをさらに増やしています。

 テレビショッピングの商品が、お店で見たら購入するものなのかといえば、そうでもないことも多いと思います。でも、その天才的な話術、タレントの信頼性、お客さんの驚きの声(仕込みです。ここがおばさんなのがポイント!)、それらは、どれもオーソドックスでありながら、いつまでも使える戦略ですね。

 これを上手にホームページに落としんだのが、情報商材なんだろうな〜とつくづく思いました。

 おそらく、こう思いながらも見てしまうのは、結論が分かっている「水戸黄門」を見るような心理に近いのかもしれません。


◆営業なしで安心!貴社サイトのSEO対策無料チェック受付中!

面白かったよ!と思われた方はクリックよろしくお願いします

◆SEO対策ブログの利用サーバはさくらのレンタルサーバ

posted by kame at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | SMO対策