2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2008年11月23日

ヤフーアップデート分析〜今なおヤフーは迷走中!

 ようやく新しいPCが届きました。アップデートの時期にメインPCが壊れるなんて、洒落になりませんね。もちろん、予備2台あるのでチェックはできますが、モニターが小さいため、やりにくかったです。(逆に新しいのは大きくなりすぎて疲れます)

 さて、今回のアップデート中に私は「絶対に真似してはいけない実験」を1つおこなっていました。SEO観点から見ても、普通はやらないような恐ろしい事を、このアップデートの最中にやったらどうなるか?ということをやったのですが、現在、経過を見守っている時点ですので、何か面白い結果がでたら、こちらに書かせていただきます。はっきりいって、人柱レベルですね。(かなりの痛手を負いましたが><)

 そして、今回のタイトルでもあるヤフーは迷走中ということで、管理サイトの動きは驚くほどのものはなかったので、私がいつもやっている、急に動いたサイトを細かく調べて見ました。いつもながら、サイト名は出しませんが、ある単一キーワードで急にトップ10に入ったサイトについて書かせていただきます。

 まず、基本情報です。
 
 1.通販サイトです(検索キーワードで925万件中7位)
 2.ページランク4
 3.グーグルではそもそも圏外(さすがグーグル!)
 4.ページの作りはとにかくキーワードの羅列(タイトルタグも)で内部SEOもキーワードで相互にリンクはりまくり(並のレベルではありません。下線だらけに見えます><)
 5.ページ数2300
 6.被リンク16400(ヤフー。グーグルは346件!)
 7.キーワード占有率(ここが問題。ほとんどなし。しかも通販サイトなので商品名がかなり多くあります。キーワード占有率は過去のものとはいえ、あまりに少ないかなというレベル。)
 8.外部リンクのページランク・・結構いいのもらってますが、テーマに統一性なし。間違いなく購入物。
 9.ソースコードはひどい。古い。ユーザーに冷たい。

 外部サイトからのアンカーテキストもかなり幅広くありますが、順位があがった要素を考えるといくつかポイントがありました。

 1.いわゆるページランクの高いサイトからのリンクが多い。(ヤフーにはPRは関係ないかもしれませんが、結果論として。)
 2.サテライトサイトをかなり多く持っている。そこからのリンクが多い。
 3.しつこいくらいに関連キーワードでのリンクが内部・外部ともにある。
 4.ヤフーがスパムを見破る技術がない(これが一番かも!)
 
 *ただ、残念なことに、サイトがごちゃごちゃしているため、購入する気にはなれませんでした。(SEOばかりにお金を使ったというよくあるパターンです。)


****************************

 ちなみに、以前話題に出した、例のno frameの美容室ですが、やはりといえばやはりですが、現在も1位です。

 そのサイトをさらに詳しく見て、さらに驚くべき事実がありました。正直、ヤフー対策はこれでいいだろう!というくらいシンプルでわかりやすいです。

 1.総ページは10ページに満たない
 2.よく見ると全部のページが画像だけだった
 3.さらに、全部のページのタイトル、meta keyword、meta description、そしてno frameの中身が同じだった

【結論】
 ヤフーはSEO対策された無駄のない文章をno frame内に記述すればOK!(ひどすぎるな〜)

 とても儲かる複合キーワードで1位になっている美容室のサイトの中身でした。

 やはりヤフーの迷走はまだまだ続きます。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEMアドバイザーHPより承ります。

今話題の最新SEO関連の記事はこちら
posted by kame at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策