2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2008年10月28日

Yahoo!オンビジネスを利用しないB to B企業は大損です!

 何気に気付いていないB to B企業様がいるといけませんので、今回は「Yahoo!オンビジネス」をご紹介します。珍しく画像をつけてみました。

 http://onbiz.yahoo.co.jp/

ヤフーオンビジネス


 こちらの「Yahoo!オンビジネス」はネット上のプレスリリース等なのですが、なんと!

 「無料で利用できるんです!」


 サイトから抜粋しますと「Yahoo!オンビジネスは、事業者様同士のマッチングを支援します。Yahoo!オンビジネスに登録されると、自社の製品、サービス情報だけでなく、自社のプレスリリースを無料でYahoo!オンビジネス上に掲載できます。」

 ということです。
 
 こういうサービスを有料で数サイトに掲載を同時に行うところもありますが、ここはなんといっても太っ腹のヤフーです。

 ヤフーのニュースリリースページに「無料」で、新商品や新サービスの案内、キャンペーンのプレリリースなど「記事数無制限」で発信できるんです。

 もちろん、写真や動画もつけられますので(当然ですがURLも)、これを利用しない手はありません。

 おそらく、気付いている企業からすれば、「余計な記事を・・」と思う担当者様もいると思われますが、せっかくのヤフーの素晴らしいサービスを皆さんで享受しましょう!

 ちなみに今は「無料」ですが、いつまでも無料だとはどうしても思えません。いつかは有料になるような気がしますので、今のうちにどんどん使いましょう!

 ちなみに、「本当に良いこと聞いた〜」と思っていただきましたら、以下の「今回の記事が参考になった〜」という所を一度くらいはクリックしてください。アクセスの割にクリックが・・・。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 21:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | SMO対策

必笑!h1で囲むのは画像か、テキストか?答えはヤフー公式サイトにあった!

 今回の件は、たまにSEOをやっている者の中でも議論(というほどのことではないですが)になる話題の一つです。

 いわゆる、そのページの主要テーマともいうべき「h1タグ」は画像に使用してよいのか(つまりalt目当てですね)?それともテキストにきちんとつけてアピールするべきか?

 ちなみに私の答えというか考えは圧倒的に「テキスト」に使うべしです。もちろん、きちんとした論理構造があることを前提としますが。

 さてさて、この点についてヤフーはどのように考えているのでしょうか?と今さらながら探ってみました。


調べた結果、驚愕の事実が!発覚しました。



★ヤフートップページのh1は↓でした。

Yahoo! JAPAN
 つまり、画像のaltです。

*meta keywordsについては本当に嫌いなんですね。入れてません。(この後の解析で入れ忘れと言うことが考えられましたが)

★ヤフーリクナビのh1はというと↓でした。

求人・仕事情報:おすすめトピックス


*きちんとテキストです。そしてmeta keywordsもきちんと入れています。この辺は作られたタイミング(デザイナー?)でいい加減さ(細かさ)が変わってきます。

 他もいろいろと見ましたが、

★結論

 最近作ったものはh1タグはテキストにつけているものがほとんどです。つまりテキストの勝ちということ(にしたいですね)。結論で言えば、どっちでも良さそうに見えますが。なんせトップが画像のaltなんで。


★脅威の番外編〜出会い-Yahoo!パートナー

http://partner.yahoo.co.jp/

 こちらのソースコードは是非皆さんでご覧下さい。h1は何になっているか、かなりウケます。何にウケルかってその「数」です。
 また、このページのmeta keywordsもウケます。これってdescriptionでしょう!って突っ込みたくなります。


 しかし、我々が日々細かく内部SEOを気にして上位表示を目指しているのに、本家はこんなにいい加減で(デザインと論理構造の分離なんてないも同然><)、それでもヤフーに頼らざるを得ません。是非、いつか見本のようなものを見せていただきたいものです。

 本当の結論としましては、「参考にならなかった」です。とはいえ、地道に巷で言われていることを推し進めるのみですね。皆さん、頑張りましょう!


◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
ブログランキング【くつろぐ】
posted by kame at 09:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | SEO対策