2010年3月15日を持ちまして、当ブログは終了し、「SEMアドバイザーの揺さBrain!」へ移行しました。

 なお、移行後の当ブログへのコメント、及び、トラックバックは全て非掲載とさせていただきます。何度も送信されるブログには禁止設定をさせて頂きます。また、コメントを書き込みましても、当方は一切チェックをしておりません。

2008年10月09日

APO(アクセスページ最適化)?

 今回は「ややこしいな〜」という話です。

 本題に入りまして、今日、ある記事を見ていたらAPO(アクセスページ最適化)という言葉を見つけました。

 APOとLPOの違いは何?とつい思ってしまったわけですが、正直、専門用語の多いこのSEO業界、似た様なものは言葉を増やさないで欲しいものです。

 この言葉はある会社が始めるサービスの中身の一つなのですが、独自性をだすために、命名したのかとも取れます。

 さて、LPOもAPOもユーザーがアクセスするページを最適化するものとして、私は同じ意味だと思っています。(例えば、LPOはリスティング広告での目標ページとかいうレベルはさておきです。)

 私が時代に遅れたのかと思いまして、APOをヤフーで検索してみましたが、それらしいものは見つからず。やはり新しい言葉でした。

 例えばTDPのように命名されるのは、誰もが納得ですが、このAPOは納得できませんね。ややこしくなるだけですので。

 そもそもアクセスするページを最適化などということは「当たり前」以外の何者でもなく、現時点で新しい言葉を作ってまでアピールするレベルではないかと思います。リスティング広告の対象となるページ以外のページも最適化することはSEOでは当たり前のことです。

 とはいえ、大きな会社がメディアを使い、こういう言葉を出すと、今後流行ったりするのかな?と思ったりもします。

 せっかくですので、私も一つ考えてみました!(増やしても誰も使わないので問題なしということで。)

その名もKPOです!


 何か分かりますか?これは

 「Killer-Contents Page Optimization」


 です。どのサイトもこのページは自信作という希望のページがあると思います。このページで落とすぞ!みたいなものです。
 
 将来的には「御社のKPO対策としまして・・」などという営業文句が流行ることを祈りつつ。

◆SEO・SEMのコーチングのご相談・ご依頼はSEO対策指導の公式サイトより承ります。

今回の記事が参考になった方はここをクリックお願いします
はてなブックマークへ登録はてなブックマークへ登録
posted by kame at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | LPO対策